家電をインテリアにおしゃれにとりいれるコツは?

– – Houzz

ショールームやインテリアショップのディスプレイでも目にする機会が多いおしゃれな家電製品。デザインは元より、機能性の高さにも注目が集まり、選ぶ楽しさが増えています。Houzzに公開されているキッチンやリビング、サニタリーの写真でも、家電とインテリアが調和しているおしゃれなものが数多く見られます。これから購入を予定している人にも参考にしていただきたい家電をインテリアにおしゃれにとりいれるコツをご提案します。

バーゼルワールド2018 今年は現地からリアルタイムでレポートします!

今年は3月22日~27日にバーゼルワールド2018が開催されます。スイス バーゼルで開催される世界最大級の新作見本市で、ロレックスやオメガ、タグホイヤーにパテックフィリップなど、人気腕時計ブランドの新作が続々発表され、日本国内でも注目度の非常に高い展示会です。今年はいったいどんな新作が登場するのでしょうか?現行GMTマスターの赤黒ベゼル、ヨットマスターのべゼルセラミック化、 シードゥエラー126600のDブルー・・・など、すでにネット上では様々な予測がなされています。今年は弊社スタッフが現地に赴き、リアルタイムでレポートする予定です!今年で100周年を迎えたバーゼルワールド2018の動向を、一足早く覗いてみましょう!  スイスのバーゼルで開催される、世界最大級の時計・宝飾品新作見本市。例年世界中の時計業界人を始め、メディアや愛好家たちの耳目を集めます。
昨年のバーゼルワールド2017では東京ドーム約3個分の広大な会場に、約1500ものブランドが出展し、そして約15万人の人々が訪れました。バーゼルワールドに出展する企業は主にオメガやブレゲスーパーコピー、ハリーウィンストンなどが属するスウォッチグループ。
タグホイヤーやゼニス、ウブロを始めとしたLVMH(モエ・ヘネシー・ルイヴィトン)グループの一部。
そしてロレックス、パテックフィリップなどの独立系が挙げられます。 
左:バーゼルワールド2017で発表されたロレックスのシードゥエラー126600
右:同じく同見本市で発表されたオメガのスピードマスター324.23.38.50.02.002 バーゼルワールド2018では、出展企業が600~700ほどと半減する見込み。
出展スペースも減少し、昨年は8日間あった期間も6日に変更されました。実は、バーゼルワールドはここ数年で出展企業が徐々に減少しているんです。理由はさまざま取沙汰されます。
よく言われることは、カルティエが中心となったSIHH(国際高級時計サロン、通称ジュネーブサロン)に出展企業が流れている説。
実際、エルメスやジラールペルゴがバーゼルワールドからSIHHに移行するとのこと。 SIHH2017で注目を浴びたカルティエ パンテール WSPN0006 /WJPN0008  また、出展料が非常に高額で、小さなブースを借りるだけで少なくとも100万円、メイン会場ともなると億単位が企業の負担としてのしかかってくることもよく言われます。実際のところはわかりませんが、一方でバーゼルワールドの主催側は「量より質を重視する」と明言していることも事実。
巨大イベントとなってしまったがゆえに混沌とした印象は否めません。しかし、ロレックスやオメガ、ブライトリングにパテックフィリップなど、主要ブランドは健在。
また、入場者数は年々増えており、その注目度の高さが収まる気配はありません。 まだまだ世界最大級にして最注目の見本市・バーゼルワールド2018に是非ご期待ください! ロレックス
オメガ
パテックフィリップ
ブレゲスーパーコピー
ショパール
ブライトリング
セイコー(グランドセイコー)オリス
ハリーウィンストン
タグホイヤー
ウブロetc  バーゼルワールド2018 速報ページはこちら>> 
バーゼルワールド2018 ロレックス新作はこちら>>  速報!2018 SIHH(ジュネーブサロン)新作レポート! カルティエ SIHH2018(ジュネーブサロン)新作レポート!

ブレゲって本当に凄いの?と思って調べたら凄かった!

ブレゲスーパーコピーというブランドをご存知ですか?高級腕時計と言えば真っ先に名前が挙がるのはロレックスやオメガ。時計にあまり詳しくない方でも知っている有名ブランドです。
シャネルやカルティエ、ルイヴィトンといったファッションブランドの時計も人気があります。 「ブレゲスーパーコピー」については名前すら知らない方も多いのではないでしょうか。「初めて買った高級腕時計はブレゲスーパーコピーでした」という人を私は見たことがありません。初めて高級腕時計を買う多くの方がロレックスやオメガ、タグホイヤーといった有名ブランドの時計を購入し、紆余曲折を繰り返しながらやがてブレゲスーパーコピーにたどり着きます。ブレゲスーパーコピーを購入される方のほとんどが時計上級者。高級腕時計を何本もお持ちの方や、非常に時計にお詳しい方です。なぜ上級者になればなるほどブレゲスーパーコピーのシンプルなデザインに惹かれるのか。不思議に思った私は、その疑問を解消すべく調べてみました。  ブレゲスーパーコピーの歴史はとても深く、創業はなんと1775年。時計の歴史を200年早めたとも云われるアブラアム=ルイ・ブレゲスーパーコピーによって生み出された最も古い歴史を持つ時計メーカーの一つです。
天才時計技師といわれた彼は「パーペチュアルカレンダー」「トゥールビヨン」など様々な革新的技術を生み出し、他の時計メーカーに大きな影響をあたえました。彼が自分の名前を冠して創立したブランド「ブレゲスーパーコピー」は、現在でもパテック・フィリップ、ヴァシュロン・コンスタンタン、オーデマ・ピゲ、ランゲ&ゾーネとともに世界5大時計と呼ばれ、超一流メーカーとして時計界に君臨しています。創業時の時計は腕時計ではなく懐中時計が主流。主な顧客はフランスの貴族たちでしたが、ブレゲスーパーコピーの時計はフランス以外もヨーロッパの多くの王侯貴族やエリート達に賞賛を浴び愛用されました。また、愛用者の中にはイギリスのビクトリア女王やイタリアの作曲家ロッシーニ、マリー・アントワネット、ナポレオン・ボナパルト、ナポリ王妃、ロシア皇帝アレクサンドル、イギリス国王ジョージ4世といった著名人もいたとされています。ブレゲスーパーコピーは大衆時計ではなく、「王の時計」だったのです。出典:https://www.breguet.com ブレゲスーパーコピーが開発した機構はトゥールビヨン、パーペチュアルカレンダー、ミニッツリピーター、ブレゲスーパーコピーひげゼンマイ、パラシュート耐衝撃機構といった、現代の超高級腕時計に備えられている機構の数多くが並び、現在の腕時計に備わる機構の約70%を発明・改良したと言われています。さらには装飾でも、ギヨーシェ文字盤、ブレゲスーパーコピー針、ブレゲスーパーコピー数字など、こちらも現代の時計における定番が多く存在します。ブレゲスーパーコピーの歴史を紐解くと、そこには輝かしいストーリーがふんだんにあります。一度でも時計に心惹かれた人は、時計を学んでいく過程でブレゲスーパーコピーに出合わずに済む道はありません。だからこそ専門家や時計愛好家たちはブレゲスーパーコピーの功績に対して「時計の歴史を200年早めた」また「時計業界のレオナルド・ダ・ヴィンチ」と称え、賛辞を惜しまないのです。 どんな人がブレゲスーパーコピーを求めるのでしょう。今流行りの時計、人気の時計に惹かれる人はブレゲスーパーコピーは選ばないと思います。
ブレゲスーパーコピーは逸話に溢れているブランドですので、現代の時計の歴史を含め、それをロジカルに理解している人がブレゲスーパーコピーにたどり着くという印象です。ロレックス、オメガ、タグホイヤーといった高級時計を所有している方が、次のステージに上がる際によく候補に挙がるブランドでもあります。
購入される方の多くは40代以上。男性は持ち物に多少の見栄が必要だと思いますが、なかでもブレゲスーパーコピーは“時計に見合う人物になろう”と思えるブランドです。なぜならブレゲスーパーコピーのコレクションにはアブラアム=ルイ・ブレゲスーパーコピーの人柄が反映されているのです。彼がそうであったように、彼の時計も中身を大切にし、外見は上品かつ控えめ。真の価値は精巧なムーブメントや装飾を見て初めて分かるのです。誰もが知るブランドではありませんが、知っている人にとってはいろいろなことを明らかにする雄弁な時計です。初代ブレゲスーパーコピーが創作した時計はもちろんですが、現行品も博物館、美術館に展示されるクラスの逸品揃いです。 今でこそ当たり前に身につけている腕時計。その腕時計の原型を作ったのは紛れもなく「ブレゲスーパーコピー」です。ブレゲスーパーコピーによって発明された機構は数知れず存在し、そのほとんどは200年以上たった今でもなお時計界において重要な位置づけにあります。ブレゲスーパーコピーが創作した歴史的な価値は、所有するユーザーに高い満足度を与えるでしょう。  世界には名門老舗時計メーカーがいくつか存在しますが、その中でもブレゲスーパーコピーは「創設者に対する想い」がとても強いメーカーとして有名です。その想いは「時計界のレオナルド・ダ・ヴィンチ」と称された天才ブレゲスーパーコピーに対する尊敬の気持ちから生まれるものでしょう。そんなブレゲスーパーコピーが開発した凄すぎる機構の数々をここでは紹介していこうと思います。出典:https://www.breguet.com 現代では当たり前のように使用されている「自動巻き機構」。高級腕時計の大半が自動巻きの時計ですが、信頼性を備える自動巻き時計を世界で初めて実現したのがブレゲスーパーコピーです。
懐中時計の使用者が歩いたり、乗り物に乗ったりしている間に、ムーブメントに取り付けられた分銅が振動することで、ぜんまいが自動的に巻上げられ、これにより時計が永久的(ペルペチュエル)に動き続けると考えたのです。自動巻き機構自体はスイスの時計職人ペルレによってすでに発明されていましたが、実用に耐え得る代物ではありませんでした。ブレゲスーパーコピーはこの機構に改良を加え、実用化に成功したのです。これにより、ブレゲスーパーコピーの名声は王侯貴族にまで鳴り響くことになります。 科学にも精通した優秀な頭脳により、初代ブレゲスーパーコピーは多くの革新的機構を開発しました。その中でも最も注目を浴びたブレゲスーパーコピーの代名詞のように語られる技術。それがトゥールビヨンです。 トゥールビヨンはフランス語で「渦」という意味をもつ言葉です。トゥールビヨンを一言でいうと「重力分散装置」。重力が時計の精度に影響する事を知っていたブレゲスーパーコピーは、時計にかかる重力の影響を最小限に抑える機構を開発することで、極限まで精度を高めようと試みました。そして出来上がったのがトゥールビヨンです。トゥールビヨンは「キャリッジ」というカゴの中に、歯車を一定の速度で回転させる調速脱進機を収納。この「キャリッジ」を回転させる事によって、時計にかかる重力を最小限に抑えることを可能にした機構です。出典:https://www.breguet.com/トゥールビヨンは高い芸術性をもつため、機械式時計における代表的な機構として現代でも強い人気があります。また、初代ブレゲスーパーコピーの時代では懐中時計に使われたトゥールビヨンですが、現代では腕時計向けに多くの機械式時計メーカーが小型化に成功しています。もちろん、ブレゲスーパーコピー社もその挑戦に真っ先に挑みました。  暗闇でも時刻を音で知ることを可能とした機構。それが「ミニッツ・リピーター」です。具体的には1時間を表す音色、15分を表す音色、1分を表す音色を組み合わせることで、現在の時刻を知ることができます。 音で時間を知らせる機構はブレゲスーパーコピー以前から存在していましたが、ブレゲスーパーコピーはスティール製のワイヤ状のゴングをムーブメントの外周に沿って配置する”ゴング方式”という画期的な機構を発明。それまではハンマーがケースを直接叩くトック方式により音を出していたリピーター機構にとって、このゴング方式は衝撃的でした。ゴング方式により「薄く、澄んだ響き」を作りだす事が可能になったため、当時の時計師の大半がゴング方式を採用するようになったといわれています。 ※ミニッツリピーター・・・「1時間音色が4回なると4時」といった具合に音がなった回数で現在の時刻を計測する機構。例えば1時間音色が4回、15分音色が1回、1分音色が2回なった時の時刻は4時17分となります。  パーペチュアルカレンダーとは永久カレンダーとも呼ばれるカレンダー方式のことです。従来のカレンダーは31日の月、30日の月、2月の日数差を認識できないため、日にちがズレたら手動で調整するのが一般的。しかし、ブレゲスーパーコピーが開発したパーペチュアルカレンダー機構はこの日数差のズレを自動補正します。 自動補正のためには31日の月の歯車、30日の月の歯車を別々に用意する必要があり、さらには2月のうるう年にも対応させるため、4年に一度だけ動く歯車すら搭載しました。デジタルでは簡単な日にち補正も機械でこれを行うのは大変難しくなります。さらに小さな時計に組み込むとなると、とてつもない複雑機構に。それを可能としたブレゲスーパーコピーはさすが「時計界のレオナルド・ダ・ヴィンチ」といったところです。  ブレゲスーパーコピーの発明といえばトゥールビヨン・パーペチュアルカレンダー・ミニッツリピーターの3大機構が大きく目立ちます。しかし、ブレゲスーパーコピーの発明はそれだけではありません。ブレゲスーパーコピーは外装様式の「美しさ」にも拘り、この部分でも画期的な発明をしています。 文字盤に規則的なパターンを彫り込むギョーシェ加工。いまや多くの腕時計メーカーで使われているこの技法も最初に発明したのはブレゲスーパーコピーでした。
ブレゲスーパーコピーの有名な手彫りによるギヨーシェは、他のブランドとは異なり、一目で区別できる際立った特徴があります。
まずゴールドのプレートでできた文字盤にノミを走らせて、ギヨーシェを彫り込む部分の区分けを行います。下準備を整えた文字盤に繊細なテクスチャーを刻み、反射を抑えたマットな表面を作り出します。
鋲打ちのような模様のクル・ド・パリや、石畳のようなパヴェ・ド・パリ、太陽光線のようなソレイユ、波模様のヴァーグ、籠のようなヴュー・パニエ、市松模様のダミエ、炎のようなフラメなど多種多様なモチーフがあります。
その美しさも魅力ですが、なんといってもブレゲスーパーコピーらしさを表す象徴でもあります。文字盤にギョーシェを彫り込むことで、上品で落ち着いた印象を与えてくれるのも特徴です。
ブレゲスーパーコピーの掘り込み模様は、時計の域を超えたまさに「芸術工芸品」です。  ブレゲスーパーコピー創業に誕生したブレゲスーパーコピーを象徴する”針”それがブレゲスーパーコピー針です。
穴が開き先端が月を思わせる斬新なデザインが多くの人々を魅了しました。デザイン性はもちろん、視認性の高さも大きなポイントです。この針は他の時計メーカーにも大きな影響を与え、現代でもパテックフィリップなどの一流メーカーに採用されています。また、「ブレゲスーパーコピー数字」と呼ばれる独特なインデックス書体もブレゲスーパーコピーの特徴。懐中時計を製造していた時代から「エナメル文字盤」と「ブレゲスーパーコピー数字」の組み合わせはブレゲスーパーコピーの個性として愛されています。 ケース側面をコインのように「ギザギザ」させた装飾を「コインエッジ装飾」と呼びます。この装飾はギョーシェ彫りと同じく全て手作業で施されており、全てのデザインに採用されているブレゲスーパーコピーの象徴的モチーフです。初代ブレゲスーパーコピーが活躍した時代のフランスでは、金貨の不正回収対策として、コインの側面に「ギザギザ装飾」が成されるようになりました。その金貨からインスピレーションを得たブレゲスーパーコピーは「ギザギザ装飾」を時計にも応用できないかと考え、見事”気品溢れる時計装飾”を昇華させることに成功させたのです。特徴的な装飾なコインエッジ装飾は、ブレゲスーパーコピーの歴史を感じ取ることができる”クラシック”な装飾として、現代でも多くの時計ファンに愛されています。  現在のブレゲスーパーコピーはコレクションの数こそ多くはありませんが、どれも洗礼されたデザインの時計がラインナップされています。今回はその中でも人気のあるモデル「クラシック」「マリーン」を紹介します。 クラシックは創業者アブラアム=ルイ・ブレゲスーパーコピーの「理想の時計」を典型的に表現したクラシカルなモデルです。 視認性が高く、正確なメカニズムを誇り明確なデザインのクラシックは手巻き・自動巻きの超薄型時計から複雑時計まで、ブレゲスーパーコピーの伝統的な要素を再現しており、ブレゲスーパーコピー愛好家に熱烈に愛されるモデルです。  ブレゲスーパーコピー クラシック パワーリザーブ ムーンフェイズ 3137BR/11/986オリジナルブレゲスーパーコピーの名作「NO.5」のデザインを引き継ぐRef.3137BR。日付表示、ムーンフェイズ、パワーリザーブが搭載され、上品なフォルムと機能性の高さを兼ね備えています。 ブレゲスーパーコピー クラシック シリシオン 5177BA/29/9V6ブレゲスーパーコピー数字、ブレゲスーパーコピー針を備えたRef.5177″クラシック シリシオン”。エナメルダイアルとのギャップが魅力的でもある、ブレゲスーパーコピーの伝統を継承する優美なスタイルです。 ブレゲスーパーコピー クラシック レギュレーター BA3690/15/286時分秒針をそれぞれ独立させて駆動し連動させている特殊なモデルです。通常、時針と分針は12時間の内12回重なりますが、各針を独立させる事で12時間で2回のみとなり、常に正確な時間を読み取ることが出来るため、天文台や時計工房では標準的なレイアウトとされていました。  「ブレゲスーパーコピー マリーン」はフランス海軍のマリン・クロノメーター(航海用精密時計)からヒントを得たマリーンウォッチです。頑丈な設計のケースやプロテクター付きのリューズ、そして美しく洗練されたデザインなど、現代人の要望に合わせて作られたブレゲスーパーコピーの人気モデルです。  ブレゲスーパーコピー マリーンII ラージデイト 5817BR/Z2/5V8ギョーシェ彫り文字盤にコインエッジなど伝統的なデザインを継承しつつも、大きめで厚みのあるケースを採用した現代的なモデル。モダンで若々しい印象に仕上がってるため、世代を問わず人気があります。 ブレゲスーパーコピー マリーン ロイヤルアラーム 5847BR/Z2/5ZVマリーンロイヤルはアラーム機能を搭載した、300m防水ダイバーズモデルです。10時位置にアラームチャイムのパワーリザーブがあるため、一目で残量が確認できます。また、8時位置のボタンでアラームのオン/オフの切り替えが可能で、12時位置の音符のマークで状態を表示します。このアラームは水中で操作することもでき、驚くべきことに地上より大きな音で時を知らせてくれます。  ブレゲスーパーコピーの「伝統的な技術」や「洗練された美」は長い歴史の中で多くの人々を魅了してきました。現在の腕時計に備わる機構の約70%を発明・改良したブレゲスーパーコピーの歴史は愛用する者にとって、とても高い満足度の与える価値があります。しかし、ブレゲスーパーコピーはただ歴史を頑なに守るだけではなく新技術の開発にも積極的です。伝統を守りながらも成長する。決して古くならない素晴らしさがブレゲスーパーコピーの時計には存在します。時計の世界に2世紀分の進歩と発展をもたらしたといわれるアブラハム・ルイ・ブレゲスーパーコピー。彼の技術と思想は現在のブレゲスーパーコピー・ウォッチのなかに、今もなお生き続けているのです。   ブレゲスーパーコピーの生涯で最大の顧客であったのは、フランス国王ルイ16世の王妃「マリー・アントワネット」。そして、世界で最高の時計を求めたマリー・アントワネットが当時のブレゲスーパーコピーに発注した時計が伝説の超複雑懐中時計「No.160」です。1783年に注文されてから44年、王妃の死から34年を経て完成したこの時計は「マリー・アントワネット」と呼ばれ、初代ブレゲスーパーコピーの最高傑作となりました。この時計はパーペチュアルカレンダー、ミニッツリピーター、トゥールビヨンといった超複雑な機能を全て組み込み、永い歳月をかけて完成した最高に贅沢な時計です。また、NO.160は完成前にブレゲスーパーコピー本人が亡くなってしまったため、その後弟子が製作を引き継ぎ完成に至りました。皮肉なことに初代ブレゲスーパーコピー、マリー・アントワネット共に完成したNO.160を目にすることはありませんでした。※マリー・アントワネットの警護官を称する人物による発注だったという説もあります。出典:https://www.breguet.comブレゲスーパーコピー社は2008年に4年の歳月をかけ、マリーアントワネットのために制作されたブレゲスーパーコピーNo.160の復刻版時計「NO.1160」を完成させ、初代ブレゲスーパーコピーの技術を現代に蘇らせています。  
〒104-0061 東京都中央区銀座8-7-11
ソワレド銀座第2弥生ビル 1F

03-6252-3500

11:00~19:30 (日・祝日 ~19:00)

年中無休 (臨時休業は除く)T.T

1830年から続く伝統と歴史 ボーム&メルシエの魅力に迫る

あなたはボーム&メルシエという腕時計ブランドをご存知でしょうか。ボーム&メルシエは1830年に創業し、一度たりともその歴史を途絶えさせることなく経営を続けてきた老舗時計ブランド。世界で7番目に古い時計ブランドとしての歴史と伝統をもち、複雑機能を備えた懐中時計で世界的な名声を確立してきました。腕時計が主流となった現代ではロレックス・オメガといったメジャーブランドの陰に隠れ目立たない存在となっていますが、今なおデザイン性の高い時計を販売し続けている由緒ある腕時計ブランドとして時計界に君臨しています。今回はそんなボーム&メルシエの歴史と魅力についてのお話です。 「最高品質の時計だけを作る」。この理想を掲げ、ボーム&メルシエはスイス北西部ラ・ショー=ド=フォンにほど近い「レ・ボワ」にて誕生しました。創業者はルイ・ヴィクトール・ボームとピエール・ジョセフ・セレスタン・ボームの兄弟。この時点ではボーム&メルシエという名ではなく、家族の名を冠した小さな時計工房として、ブランドとしての歴史をスタートさせます。出典:https://www.baume-et-mercier.jp/b-m-world/history.html高い時計技術を持っていた時計技師ルイ・ヴィクトールは1840年にスイス ジュラ地方で初めてレピーヌ・キャリバーと呼ばれるシリンダー脱進機を開発し話題を生みます。レピーヌ・キャリバーは地板と受けからなるムーブメントの近代的な形態であり、これを採用することで懐中時計は薄型化を実現することが可能となりました。この開発によってルイ・ヴィクトールの名は瞬く間に国内・欧州に広がっていき、ボーム&メルシエはトップブランドとして名乗りを上げます。 高い技術によって名声を轟かせたボーム兄弟は、次に販路拡大を狙います。1851年にはロンドンにボーム・ブラザーズ社を設立。以降、ロンドンを拠点にイギリス全土から欧州、アジアへと進出していきました。ボーム・ブラザーズ社の勢いはとどまることを知りません。1885年にはロンドン近郊の時計精度コンクール「キュー・テディントン・コンクール」に初参加し、いくつもの時計が上位入賞を果たしました。さらに1892年には複雑機構トゥールビヨン搭載の懐中時計が歴代最高得点を記録、絶対的な精度を誇る時計ブランドとして、世界的な名声を得ます。その後も最新の技術要素を盛り込んだ懐中時計は、パリ・ロンドン・アルステルダム・シカゴといった数々の主要都市で様々な賞を受賞し、人々を魅了し続けました。出典:https://www.baume-et-mercier.jp/b-m-world/history.html 1918年には創業者の孫ウィリアム・ボームが実業家のポール・メルシエと手を組み、時計界の中心”ジュネーヴ”に拠点を移し、ボーム&メルシエ・ジュネーヴ社を設立。戦争によって急速に発展し始めた腕時計の分野でも、美しく高精度を誇る時計の開発を続けます。翌1919年には ジュネーヴの高級時計委員会から時計製造の世界的権威「ジュネーヴ刻印」を受け、世界的機械式時計ブランドとしての地位を確固たるものとしました。 また、懐中時計から腕時計の時代へと移行する中で、ボーム&メルシエの時計製造も複雑時計から女性用のラグジュアリーモデルへと変化を見せていきます。その理由はブランドにとって時代の変化に合わせた時計作りをすることが何よりも重要なことだと判断したからです。出典:https://www.baume-et-mercier.jp/b-m-world/history.htmlその後、ボーム&メルシエはラグジュアリーモデルの開発で培ったデザイン性をメンズモデルにも応用し、独創的でエレガントな時計の開発を推し進めていきます。中でもレクタンギュラーケースモデルやデザイン性の高いムーンフェイズ搭載モデルなど、時代の流行に沿った美しい時計たちは次々と高い評価を得ることに成功。ボーム&メルシエは新たなるスタイルを確立し、新時代を駆け抜けていきました。出典:https://www.baume-et-mercier.jp/b-m-world/history.html 懐中時計を製作していた時代はトゥールビヨン・ミニッツリピーターといった複雑時計の製作に力を入れていたボーム&メルシエですが、腕時計に移行してからはエレガントで美しいデザイン性をウリとした時計を製作するようになりました。大幅な方向転換をしたため、古くからのボーム&メルシエファンの中にはこの変化を良しとしない人もいたことでしょう。ですが、この変化を受け入れたからこそ、ボーム&メルシエは現在まで1度も途切れることなく経営を続けられたともいえます。 1988年には時計界の大手グループ”リシュモン”の傘下に入り、より盤石な体制で時計製造を行えるようになりました。1990年代には「ハンプトン」「ケープランド」などの人気モデルを発表。カジュアルでエレガンスな時計をより多くの時計ファンに届けるために、リーズナブルな価格でありながらも美しい時計を日々製造し続けています。ちなみに現在のボーム&メルシエのシンボルにはは1964年に定められたΦ(ファイ)という文字が使われており、この文字はギリシャ文字で「理想的な均衡や調和の美」を表すものです。出典:https://www.baume-et-mercier.jp/b-m-world/swiss-made-excellence.html 現在のボール&メルシエは多くの人により手の届きやすい高級ウォッチを提供すべく、リーズナブルな価格帯でのコレクションを数多く発表しています。大半のモデルは定価50万以下となっており、初めての機械式腕時計としてもオススメです。特にクラッシックドレスウォッチの「クラシマ」、都会的な男性に向けて作られた「クリフトン」、ヴィンテージ感溢れるクロノクロノグラフ「ケープランド」は人気が高く、多くの時計ファンに愛用されています。出典:https://www.baume-et-mercier.jp/b-m-world/collection-worlds/clifton-world.html都会的な男性のために作られたボーム&メルシエの新たなるスタンダード「クリフトン」。熟練の時計職人たちによって生み出される魂のこもったデザインは時計界で高い評価を獲得しています。このモデルの特徴はサンレイ・サテン仕上げを施した丸みを帯びた文字盤です。美しく仕上げられた針や手作業で取り付けられたインデックスとのコントラストは実にカッコイイ。 
ボーム&メルシエ クリフトン コンプリートカレンダー MOA102132013年新しいコレクションとして発表された「クリフトン」。こちらは雰囲気たっぷりのトリプルカレンダームーンフェイズモデルです。メタルグレーのダイヤルにピンクゴールドのインデックスがスタイリッシュなデザインでありながら実用性の高さを併せ持ちます。 ボーム&メルシエ クリフトン トリプルカレンダー ムーンフェイズ MOA10055ホワイトダイヤルと美しい針のコントラストが都会的な印象を与える逸品。視認性が極めて高く、実用性はピカイチです。パワーリザーブは約42時間、5気圧防水といった機械式時計として基本的な性能を持ち合わせます。出典:https://www.baume-et-mercier.jp/b-m-world/collection-worlds/classima-world.htmlボーム&メルシエの王道ドレスウォッチがこのクラシマです。身に着ける人の魅力を引き出すこのモデルは発売してから現在まで幅広い層に支持されてきました。美しく仕上げられたケースデザインに加え、12時位置からはテンプの精密な動きを覗くことができます。 
ボーム&メルシエ クラシマ エグゼクティブ MOA08688ボーム&メルシエの中核を担うコレクション“クラシマ”。こちらのクラシマは42mmのステンレスケースを採用。ダイアルセンターにギョーシェ、12時位置をスケルトンにし個性を表現しています。ブルースティールの針がエレガントな雰囲気をより演出しています。 ボーム&メルシエ クラシマ エグゼクティブ MOA08461
42mmのステンレスケースにシンプルなスモールセコンドを採用した3針モデルです。ケースバックはスケルトンになっていてムーブメントをご覧頂けます。リシュモングループの中では価格帯も良心的なドレスウォッチなので、初めての機械式時計としてオススメです。 出典:https://www.baume-et-mercier.jp/b-m-world/collection-worlds/capeland-world.htmlケープランドはボーム&メルシエが1948年に製作したクロノグラフにインスピレーションを得て作られたモデルです。伝統的なデザインがどこかヴィンテージの風合いを引き立て、クラシカルでありながらもスポーティーな仕上がりとなっています。ケープランドはほとんどのモデルに自動巻きムーブメントが搭載されており、フライバック機能を搭載しているモデルもラインナップされているのが特徴です。ちなみに、フライバッククロノグラフムーブメントはLa Joux-Perret社によって作られています。 ボーム&メルシエ ケープランド クロノグラフ MOA10066
ブルーダイアルが落ち着いた雰囲気のケープランド。横目のクロノグラフでダイアル最外周にタキメーターインデックス、その内側にテレメーターインデックスを備えています。 
ボーム&メルシエ ケープランド フライバッククロノグラフ 限定250本 MOA10088ブレゲスーパーコピー針、インデックスのシックな書体、ドーム型の風防に文字盤と、芸術性の高いダイアルが人気のモデルです。ムーブメントにはラ・ジュー・ペレ社製フライバック機能付きクロノグラフムーブメントCal.8147-2(ETA7750ベース)を搭載しています。デイト表示、ダイアル中央にタキメーター、ダイアル外周にテレメーターを備えています。 懐中時計の時代に輝かしい功績を収めてきたボーム&メルシエ。現在はリーズナブルな価格ながらも高いデザイン性をウリとした機械式時計を数多く手がけています。また、2014年のジュネーブサロンでは懐中時計時代以来のトゥールビヨン搭載の腕時計を発表し、話題を生みました。創業時に掲げた「最高品質の時計だけを作る」という理念はきっとまだ死んでいないのでしょう。もしかしたら、今後時計界を驚かせる最高品質の時計が生み出されるかもしれませんね。

心とカラダに正直な「LIVE JUICE ライブジュース」 1周年記念の保冷トートプレゼントも!

東京・下北沢にある人気のコールドプレスジュース専門店「LIVE JUICE ライブジュース」が、6月17日(土)にオープン1周年を迎えました。

このアニバーサリーを記念して、6月17日(土)〜7月17日(月)までの1ヶ月間、クレンズキャンペーンを実施。1/2dayクレンズ、または1dayクレンズを注文すると、オリジナル保冷ミニトートがもらえます。

ボトルでもおなじみのオリジナルのリンゴマークとロゴがデザインされたこちらのトート、ジュースを入れて持ち歩くのはもちろん、お弁当入れなどにも便利で、暑い夏には欠かせない保冷トートになっています。 〈保冷ミニトートのみも300円(税込)にて販売〉

「LIVE JUICE ライブジュース」は、『空と大地の間で 心とからだに正直なジュース』をコンセプトに、素材はできる限りオーガニックの野菜・果物を使用し、低速低温でプレスした新鮮で栄養価の高いジュースを提供しています。

【キャンペーン概要】 期間:2017年6月17日(土)〜7月17日(月) 内容:1/2dayクレンズ、または1dayクレンズをご注文のお客様に、「LIVE JUICE ライブジュース」オリジナル保冷ミニトートを無料プレゼント 申込方法:期間内に、店舗または電話、HPにてご注文ください。

【店舗情報】 LIVE JUICE ライブジュース 住所:東京都世田谷区代沢5-36-17 電話:050-3305-4327 営業時間:8:30〜19:30(日祝〜18:30)

天才時計師 フランクミュラーという男

奇想天外な機構や卓越したデザインセンスにより、世界中から高い人気を集めるフランクミュラー。
ファンのみならず、腕時計産業に与えた衝撃と影響力の大きさは計り知れません。今や世界で最も有名な高級時計メーカーのうちの一つとして数えあげられますが、
その歴史は30年に満たない比較的新しいブランドです。
このブランドの創立から成功までの礎は、ブレゲスーパーコピーの再来と言われて名高い天才時計技師
フランクミュラーによって成し遂げられました。今回はこの現代の天才の、栄光の軌跡に迫りたいと思います。 ■誕生から天才の成長1958年、スイスは時計の聖地ラ・ショード・フォンに生を受けたフランクミュラー。
少年時代から機械式時計の精密・精緻な動きに魅せられ、その才能の片鱗を見せていました。17歳でジュネーブ時計学校に入学するやいなや、3年で修得すべき単位をわずか1年で履修。卒業制作では通常の3針時計に永久カレンダーを組み込んだり、ロレックスから製作を依頼されるほどのスキルを身に付けていました。
主席で時計学校を卒業したフランクミュラーには、ドラフト指名のごとく、多くの有名時計メーカーからお声がかかりましたが、フランクミュラーはそのすべての声を断り、メーカーには属さない「独立時計師」としての道を歩み始めます。独立時計師アカデミーの会員となり、コレクターや博物館から依頼されるパテックフィリップなど数多くのマスターピースの修復作業を行うフランクミュラー。その一方で独自の創作活動、オーダーメイドでの時計製作も続けていきました。そして“ブレゲスーパーコピーの再来”と名高いその優れた才能を確実に開花させていくのです。 出典:https://www.franckmuller-japan.com/brandstory/chapter2/(レマン湖を見下ろす、FRANCK MULLER WATCHLAND) ■フランクミュラーの鮮烈なデビューフランクが本格的に時計界に対しその名を表すのは、1986年のバーゼルワールドです。
そのデビューは鮮烈さと華々しさで飾られたものとなりました。当時はまだ商品化されていなかったトゥールビヨンを備えた腕時計、しかも“フリーオシレーショントゥールビヨン”と呼ばれるジャンピングアワー機能の付いた、かつてなかった複雑機構を若干28歳にして作り上げたのです。その後、ジュネーブ郊外のジャントゥに構えた工房を拠点に、数々の複雑機構に先鞭をつけます。そのタイムピースの数はなんと30本以上。
中でもデビュー作であるジャンピングアワーは、「時計」の概念を変え、人々の想像と時を超越した機構として、今なおフランクミュラーの自由奔放なコレクションの象徴的存在となっています。
出典:https://www.franckmuller-japan.com/brandstory/history/ フランクミュラーが時計界の語種となっている理由は、その高い技術力だけに留まりません。
まず第一に、どの時計メーカーにも属さず、腕一本叩き上げでのし上がってきた強靭さ。第二にセオリーに囚われない、ともすれば過激とも言える新案機構の開発研究。そして最も特筆すべきことは、その機構に負けないくらい斬新で芸術的なデザイン性が誰も真似できない魅力を引き出しています。1980年代、クォーツ式時計の普及により機械式時計は冬の時代を迎えていました。
しかし、彗星のごとく現れたスーパースター・フランクミュラーの登場は、機械式時計の復活、そしてさらなるブームの展開を示唆するものとなりました。 1986年での鮮烈なデビュー以来、世界中の時計メーカーや腕時計愛好家から注目を集めていたフランクミュラーは、ジュエラーかつケースメーカーだったヴァルタン・シルマケスと意気投合。1992年に自身の名を冠した時計ブランドFRANCK MULLER(1998年よりFRANCK MULLER WATCHLAND)を立ち上げます。フランクミュラーが得意とするデザイン性高い複雑機構のコレクションの数々は彼の天才的な腕前に依るところが多く、大量生産には向かないと思われていました。
しかし、優秀なビジネスマンであるヴァルタンの経営ノウハウにより、その製造経路を確立。
Master of Complicationsを理念に、豊富で新しいコレクションを現在に至るまで展開し続けてきています。フランクミュラーのコレクションの裏蓋には、この理念が刻まれています。魅力的な腕時計の数々は世界中の人間を魅了、設立からわずか10年ほどでトップブランドの仲間入りを果たします。
しかし、ブランドが有名になればなるほど、大きくなればなるほどフランクミュラーが大切にしてきた理想の追求や至高の技術研究に割く時間が削られ、経営側としての能力が求められるようになりました。2003年、理想から脱線した自身のワークスタイルとヴァルタンとの確執からフランクミュラー自身が会社を去ったりもしましたが、現在ではヴァルタンがCEOとなり開発グループを二つに分け、フランクミュラーが時計開発に専念できるようになっているとのこと。華やかであり栄光輝く軌跡を歩んできたフランクミュラーは現在58歳。
まだまだ私たちをあっと驚かせる、斬新で魅力的なタイムピースの数々を見せてくれそうです。

出典:https://www.franckmuller-japan.com/brandstory/chapter1/ フランクミュラーの魅力は、・従来のセオリーでは全く考えられない新機構・機能
・奇抜でありながらも高い芸術性を持つデザインこの二つに集約していると考えられます。
創業以来、時刻を告げる機能としての実用時計に新たな価値を提案、遊び心を刺激するコレクションを多数リリースしてきました。天才時計師・フランクミュラーが追い求めてきた新しさへの挑戦、美技ともに妥協をしないクラフトマンシップは、ブランドに、そして一つひとつのコレクションに連綿と受け継がれていると言えます。ここでは、フランクミュラーを存分に味わえる代表的なモデルをいくつかご紹介します。 
出典:https://www.franckmuller-japan.com/collection/watch/category/cintreecurvex_men/ フランクミュラー自身が若かりし頃に創作した、最も代表的で最もフランクミュラーの美学を表しているモデルが、こちらのトノーカーベックス。トノー―樽―型の3次元のフォルムが特徴的で、これは1920年代から1930年代に流行したアールデコ様式が基になりました。
ケースのアウトラインが全て曲線で描かれており、どの角度から見ても直線が無い優雅な美しさが見られます。
また、デザインだけでなく、湾曲したケースは腕にフィットしやすく心地よい装着感と高い視認性を実現。トノーケースはフランクミュラーの製品哲学のベースとなり、クレイジーアワーズやヴェガスなど様々な複雑機構を搭載したモデルを展開しています。 トノーケースから進化した形として、コンキスタドール―スペイン語で征服者―,ロングアイランドなどフランクミュラーならではの斬新で卓越したデザインを持つモデルが展開されています。 
トノーカーベックスは3次元曲線ですが、2次元曲線により独特の立体感を生み出しています。
適度な重量感と厚みにより成熟したダイナミズムを感じさせ、コンキスタドールの名にふさわしい圧倒的な存在感と機能美を実感できます。  1920年代にイタリアで流行したノヴェチェント―イタリア語で1900年代―にインスピレーションを受け、同時期に流行したアールデコを調和させたデザインが特徴的。
さらにそこにレクタンギュラー―長方形―ケースを採用し、現代スタイルにアレンジすることに成功しました。
ロングアイランドは2000年に発表され、フランクミュラーの新しい方向性を示したモデルとして今なお高い評価を受けています。

この他にも様々なケースやデザインがラインナップされてきました。
フランクミュラーはカラーバリエーションが豊富なことも魅力的なため、自分だけのお気に入りの一本を見つけられる楽しさがあります。  華やかで豊富なコレクションを展開するフランクミュラーの中でも、当店人気ナンバーワンの売り上げを誇るモデル。
無駄の一切を排除した美しいトノー型ケースがベースとなり、アールデコ調の中央から延びるように配されたアラビア
ンインデックスが、当ブランドらしさを感じられる逸品です。 1992年に発表、モロッコの都市「カサブランカ」や映画「カサブランカ」からインスピレーションを得ていました。
フランクミュラー初のステンレススティールモデルにした理由は、カサブランカの砂漠の砂や暑さによる発汗への耐久。
ひいては、バカンス旅行や日常で気軽に使用することのできる普段使いの実用腕時計を作るためでした。  定番であり当ブランドの中でも比較的リーズナブルなためエントリーモデルの役割も担うカサブランカ。
こちらもフランクミュラーらしくカラーバリエーションが豊富で、また、メンズ・レディース・ユニセックスとラインされているため、パートナーとお揃いで持つこともできるシリーズです。   
出典:https://www.franckmuller-japan.com/collection/watch/category/crazyhours/ 「時間は人が作ったものだ、いつ何をしても良いのだ」
フランクのこの理念を基に、これまでの常識はおろか、“時”すらも超越した不朽の名作。
発表と同時に、またもやフランクに世界は驚かされました。ダイアル上にはインデックスがランダムに並べられており、針は決して時計回りにはなりません。
針はバラバラに動く、その名の通りクレイジーなコレクションです。ただし、ランダムといっても実際には長針が1回転すると短針が5時間分一気にジャンプする仕組みで、フランクの処女作であるジャンピングアワーの応用機能です。  
出典:https://www.franckmuller-japan.com/collection/watch/category/crazyhours/1200CHCOL-170/
クレイジーアワーズ機能のついたカラードリームスは、12色でランダムに並んだインデックスは圧巻。
フランクミュラーは、その他にも時間の概念に対して様々な挑戦を行ってきています。  
出典:https://www.franckmuller-japan.com/collection/watch/category/secrethours/7880SEH2-188/
「密かに時を刻む時計」。
時針も分針も12時位置から動かず、通常時は中央の秒針のみ時を刻みます。
9時位置にあるプッシュボタンを押すことで、時針と分針が素早く動きだし、瞬時に現在の時刻を指す驚きの機能。
これらの挑戦は、人生そして時間は自分自身で決めて生きていける、とういフランクミュラーのメッセージ性が込められているように思います。 フランクミュラーの友人の銀行家から「世界の金融市場の時間が分かる時計が欲しい」との要望を受け誕生したマスターバンカー。
デザイン性の高さもさることながら、GMT針やベゼルで別タイムゾーンの時刻を示す時計に比べて3つの時間帯を同時に表示・一目で視認を可能にしたモデルです。 
出典:https://www.franckmuller-japan.com/collection/watch/category/masterbanker/
また、全てのダイヤルが一つのムーブメントで動いているため、3時位置のリューズのみで時刻調整ができることも大きな特徴です。
グローバル社会に生きるビジネスマンや旅を愛する世界中の人たちにぴったりの傑作が生みだされました。 最後にご紹介するのは、「時を告げる」機能と全く関係のない、大人の遊び心溢れる逸品から。こちらのヴェガスは、ダイアル上にルーレットを備えるという、あえて実用時計に必要無い機能をつけた特殊なモデル。
フランクミュラーの人気を加速させ、セオリーに捉われない数々のコレクションの原点ともなった作品です。リューズ先端にセットされたボタンを押すとルーレット針が目にも止まらぬスピードで回転し、ボタンを離すといずれかの数字に止まります。
ワンプッシュクロノグラフ機構を応用しました。 
出典:https://www.franckmuller-japan.com/collection/watch/category/vegas/ フランクミュラーは、かつてない機構の発明・特許取得をまるで楽しんでいるかのよう。
その遊び心の根底には、やはり時の概念に新しい価値観を提案し続けるフランクの哲学が感じられます。どの数字を指すか。それは全くの偶然にゆだねられているのです。  フランクミュラーの新しさへの挑戦は実用時計の可能性に留まらず、「時」そのものの概念をワンステップ進化させているように思います。
セオリーにとらわれない自由な遊び心とそれを実現するための高い技術力を備える、彼だからこそできる挑戦と言えるでしょう。どんな機能があるのか、どんなデザインが生み出されてきたのか、そしてこれから・・・?
私たちをわくわくさせてくれる、フランクミュラーの世界をご堪能いただけたら幸いです。

速報!バーゼルワールド2018 ブレゲ新作モデルを発表!

 
2018年3月22日からバーゼルワールドが開催されています!弊社スタッフが現地で撮影したブレゲスーパーコピーの新作をいち早くお届けいたします!尚、2018年新作だけでなく、近年発表されたモデルの多くが展示されていたためまとめて掲載しております。
                                         

ジャガールクルトの傑作「レベルソ」の魅力

あなたはジャガールクルトという時計ブランドをご存知でしょうか。ジャガー・ルクルトは1833年に創業されたスイスの高級時計ブランドです。現在はスイス ル・サンティエに拠点を置き、ケースからムーブメントまで自社一貫製造を行うマニュファクチュールメーカーとして最高品質の時計を製造しています。これまで1,000種類以上のムーブメントを開発してきたジャガールクルトですが、一番有名なモデルといえば真っ先に1931年発表のレベルソが挙げられるでしょう。今回はジャガールクルトの歴史とレベルソについて掘り下げていきたいと思います。  ジャガールクルトは1833年に『アントワーヌ・ルクルト』によって創立された老舗時計ブランドです。同ブランドは最初から華やかな活躍を成したブランドではなく、ル・サンティエ村の小さな時計製造アトリエとしてスタートしました。元々ルクルト氏は時計技師というよりは、優れた部品製造技術を持つ「発明家」。そのため、ルクルト氏は数々の画期的な機構やデザインを発明しながら時計製造の腕を磨いていった、時計技師としては異色の人物でもあります。そんなルクルト氏に転機が訪れたのは19世紀前半のこと。彼が発明した「ミリオノメーター」と「竜頭巻き時計」が時計界に多大なる影響を与えたのです。出典:https://www.hautehorlogerie.org/jp/brands/brand/h/jaeger-lecoultre/ ルクルト氏は1844年に「ミリオノメーター」という画期的な計器を開発し、独自の時計生産システムを構築します。これが、ジャガールクルトの栄光を支えた原点となりました。出典:https://www.hautehorlogerie.org/jp/brands/brand/h/jaeger-lecoultre/「ミリオノメーター」はミクロン単位を測定できる史上初の計器として発明された革命的計器です。このミリオノメーターが作られたことにより、ジャガールクルトは他社と比べものにならないほど精密な部品製造を可能としました。そして、のちにこの発明は時計製造の歴史を変えた発明とも言われるようになります。 1847年には初の竜頭巻き時計を開発。この発明も時計の歴史を大きく変えることとなりました。出典:https://www.hautehorlogerie.org/jp/brands/brand/h/jaeger-lecoultre/当時の懐中時計は文字盤に穴が開いており、この穴に鍵を入れる事でムーブメントを巻き上げるシステムが主流。しかし、ルクルト氏が開発した竜頭巻き機構は「鍵の代わりに竜頭と小さなボタンを用いるシステム」であり、鍵の必要性をなくしました。開発から4年後、この機構を使った懐中時計は1851年のロンドン万国博覧会で金賞に輝き世界トップの技術力を証明します。 時計機構の発明といえば真っ先にブレゲスーパーコピーが浮かびますが、アントワーヌ・ルクルトもブレゲスーパーコピーに引けをとらないほど時計の歴史に大きく貢献したといえるでしょう。トゥールビヨンやパーペチュアルカレンダーといった華やかさはありませんが、ルクルト氏の発明は時計の精度を決める細かな部分で多大な力を発揮しました。「ミリオノメーター」と「竜頭巻き時計」の開発後、ルクルト氏は1866年に息子のエリーとスイス ジュウ渓谷にマニュファクチュールブランド「LeCoultre & Cie 」を創設し、ムーブメントの量産体制を整えます。1881年にルクルト氏はその生涯を終えますが、その魂は息子エリーと500にも及ぶ従業員に受け継がれていきました。以降、LeCoultre & Cieは数々の発明を次々と発表。1900年までに約350種類以上のムーブメントを作り上げました。もちろんその時計の中にはクロノグラフモデルやミニッツリピーターといった複雑機構モデルも含まれています。出典:https://press.jaeger-lecoultre.com20世紀に入ってからは、世界3大時計ブランドである「パテックフィリップ・オーデマピゲ・ヴァシュロンコンスタンタン」にムーブメントを供給し、まさしく世界トップの技術力を誇るムーブメントメーカーへと成長を遂げます。また、この時代には半永久的に動く機械式時計「アトモス」、世界で最も小さい機械式ムーブメント「キャリバー101」、そして世界で最も薄い機械式ムーブメント「キャリバー145」を開発し、レベルソ誕生の礎を築きました。出典:https://www.hautehorlogerie.org/jp/brands/brand/h/jaeger-lecoultre/キャリバー145の製造を切っ掛けにLeCoultre & Cieの取締役であったアントワーヌ・ルクルトの孫『ジャック・ダヴィド・ルクルト』は『エドモンド・ジャガー』と協力体制を取る事を決め、1937年に『ジャガー・ルクルト』 ブランドが正式に誕生しました。 時計界最高の技術屋としての地位を確立したジャガールクルトは1931年にフラッグシップモデル「レベルソ」を開発します。レベルソは世界で最も古い歴史をもつスポーツ競技「ポロ」の競技者が”衝撃に耐えうる腕時計”を要望したことにより製造されたモデルです。この当時のガラスはまだサファイヤガラスが採用されておらず、プラスチック風防が使用されていました。そのため、馬に乗って駆け回る過酷なスポーツであるポロでの仕様に耐えるためには「完全に風防を守る」必要があったのです。そこで、ジャガールクルトが考案したのが現在のレベルソでも採用されている”文字盤を180度回転させる”という前代未聞のデザインでした。レベルソはラテン語で「回転させる」という意味を持ち、ケースの表裏に別の文字盤を持つことで知られている特長的なモデルです。ケースを180度回転させて文字盤を保護するというアイデアによって作られたレベルソは、これまでの常識では考えられない発明であり、時計界に大きな衝撃を与えました。出典:https://www.hautehorlogerie.org/jp/brands/brand/h/jaeger-lecoultre/また、レベルソはケースや文字盤だけでなく、ベルトやバックルにも工夫が施されていることも見逃せないポイントです。例えば、バックル。ポロは馬に乗ってスティックで球を打つ激しいスポーツのため、とにかく時計が腕から落ちないことが求められました。そこで、採用されたのがDバックルです。Dバックルは着脱が簡単で、尚且つ時計を落とす危険も少ないということで、コチラが採用されました。ちなみにモデルによってはラバーストラップが採用されているものもあり、そのラインナップは豊富です。加えてメンズモデルだけでなく、レディーサイズもありますので男女を問わずご利用頂けます。 1931年から現在まで、レベルソに搭載されているのは180度回転させるために設計された超薄型の四角形ムーブメントです。ムーブメントには第2時間帯を刻めるGMT機能を備えたモデルや8日間パワーリザーブ機能、ゴージャスなダイヤモンドの装飾など多彩なラインナップが用意されており、その全てが極薄なことは実に驚異的。 出典:https://www.jaeger-lecoultre.com/jp/jp/watches/reverso.html?JLCclick=MyJLCSubHomeパワーリザーブ約42~45時間、振動数21,600/時。 出典:https://www.jaeger-lecoultre.com/jp/jp/watches/reverso.html?JLCclick=MyJLCSubHome一つのダイアル上に時分、日付、曜日、月、ムーンフェイズを表示するトリビュートカレンダー機能搭載。
パワーリザーブ約42時間、振動数21,600/時。 出典:https://www.jaeger-lecoultre.com/jp/jp/watches/reverso.html?JLCclick=MyJLCSubHomeミニッツリピーター搭載ムーブメント。
パワーリザーブ約35時間、振動数21,600/時。 1992年からジャガールクルトでは全てのムーブメントに1000時間の品質検査を施しています。例え莫大なコストをかけて作った高性能ムーブメントであろうとも独自の非常に厳格な1000時間品質検査を通らなかったものは商品化しません。そして、その基準はクロノメーター規格を上回る厳格なものとして知られています。この品質への拘りこそ、ジャガールクルトが多くの時計ファンに愛されている理由なのでしょう。 レベルソは文字盤が180度回転するという画期的な機構が組み込まれていますが、実はモデルによって「裏面」が異なるユニークな特徴が隠されています。そこで、レベルソの代表的なモデルの表・裏をまとめてみましたのでご覧ください。あなたはどのタイプの裏面がお好みでしょうか?  ジャガールクルト グランド レベルソ カレンダー Q3758420こちらはジャガールクルト自社製手巻きムーブメント843を搭載したモデルです。時、分、日付、月、曜日のほかにムーンフェーズを搭載しています。ケースがシースルーバックになっていますので、レベルソらしい角型のムーブメントをお楽しみいただけます。実用性とクラシカルな美しさを備えたモデルです。  ジャガールクルト レベルソ デュオ ナイト&デイ 270.8.54 シルバー/ブラック表面と裏面で違う表情を見せるレベルソだけの独創的なモデルがこの”デュオ”。昼と夜をイメージして作られた文字盤は美しい2面性を表現します。いつの世でも色褪せない普遍性の高さも大きな魅力です。  ジャガールクルト グランド レベルソ ウルトラスリム Q2788520時を越えて愛される崇高な逸品“レベルソ”。こちらのモデルは製造当初の「ポロ競技中の衝撃からダイアルを守る」というコンセプトを忠実に守った作りとなっており、裏面には何も配していません。ムーブメントには自社製手巻きCal.822を搭載し、確かな精度を保証しています。  ジャガールクルト グランドレベルソ レディ ウルトラスリム デュエットデュオ Q3308421女性用モデルであるレベルソデュエットは、ナイト&デイと比較すると文字盤のデザインが大幅に違います。表面こそシルバーダイヤルのシンプルなデザインとなっていますが、裏面はダイヤとシェル文字盤を配したとても華やかなデザインです。 ジャガールクルトは機械式時計の歴史に大きく貢献した「技術屋」とも呼べる時計ブランドです。知名度こそロレックスやオメガといった定番ブランドに劣りますが、実は時計愛好家に根強い人気を誇る玄人向けの人気ブランドとして知られています。ジャガールクルトが長い歴史の中で積み重ねた特許は約400件。これだけの技術が支持されないわけがありません。ステータス性よりも時計のメカニカルな部分に魅力を感じる人にこそ、ジャガールクルトの時計は似合うのではないでしょうか。 関連記事半永久的に動く置時計 ジャガールクルト「アトモス」を徹底解説!