ハロウィンだけじゃない!海外のおしゃれコスプレイヤーの日常

– – Houzz

今年のハロウィンもたくさんのコスプレイヤーで賑わいましたね。ハロウィンは終わってしまいましたが、コスプレはハロウィンのものだけではありません。日常でもコスプレを楽しむ人がいます。世界のコスプレイヤーをその人の自宅で撮影したという不思議でおしゃれな写真集があります。オーストリアの写真家、クラウス・ピヒラーによって撮影された、有名なマンガや映画のキャラや伝統的なお祭りの怪物など、非日常なコスプレと日常空間の組み合わせはなんともシュール。コスプレと自宅のインテリアに関係性はあるのか、ちょっとだけ彼らの自宅を覗いてみましょう。

40代男性にお勧めしたい高級腕時計6選

40代にになると会社の地位や社会的な立場によって身につけるものも様変わりするものです。腕時計は他人から見られることも多く、個性やオシャレを演出しやすいアイテムです。毎日着けるものだからこそこだわりをもって選びたい。そして、そこに自分らしさをプラスしたい。ファッションとしてはもちろん、ステータスシンボルとしても「効く」腕時計とはいったいどんなモデルなのか。20代、30代にオメガやタグホイヤーなどを所有してきた方が、40代になって次のステージに上がる際によく候補に挙がる腕時計をご紹介したいと思います。 目次最初にご紹介するのは時計の王様「」。年代を問わず、やはりロレックスは外せません。40代の社会人ともなると、一つは持っていたい必需品とも言えます。
20代、30代の方はGMTマスターやエクスプローラーを選ばれる方が多いですが
40代で購入を検討される場合は、あえてそこを外した時計選びはいかがでしょうか。
普遍的なスタイルを現代に継承した、いわゆるこれぞロレックス感が一番味わえるモデルです。永く愛用できる実用性の高さと、圧倒的な知名度の高さは魅力です。普段使いでき、カジュアルにもスーツにも似合うという使い勝手の良さにも魅力を感じます。世界的に人気があり価値が安定しているので、手放すときは相応しい価格で売却することができます。    毎日時計屋で働いていると膨大な数の時計と出会います。
働き始めて数か月の頃は高級時計を見慣れていないこともあって、
この時計がかっこいいなとか、こんなすごい機能がついているんだとか、そんなことを感じながら働くのですが、
何年も働いているとだんだん慣れてしまい、素晴らしい宝飾時計や複雑時計をみても、心を奪われることが少なくなってきます。 でも稀に、目に留まる時計があります。心が惹かれる時計があります。
私にとってポルトギーゼはそんな時計です。手の込んだリーフ針とインデックス、上質な文字盤、厚く見せないように工夫されたケースと裏蓋、スタイリッシュなプッシュボタンデカ厚時計が流行る昨今、この上品で洗練されたフォルムは稀少です。黒革、シルバー文字盤、三針時計とオーソドックスな仕様のため、自然とスーツになじむ点も魅力ではないでしょうか。特に何があるわけではないが、それがいい。それでいい。見たことがない方には、是非一度手に取って見て頂きたい時計です。    ロレックスやオメガといった実用的な機械式腕時計とは違う、独特な雰囲気の「」。
一見シンプルですがよく見れば細部まで手が込んでいる。装飾腕時計として見るひとの目を奪うデザインは魅力です。ロイヤルオークはオーデマピゲのアイコンであり、
1972年のファーストモデルからデザイン変更がほとんど無い完成された腕時計です。
ステンレススティールの耐久性と、美しい仕上げが本当に素晴らしい。
画像ではなく、是非手に取って見て頂きたい腕時計です。 価格帯はUSED品でも100万円をオーバーするものが多く、20代30代の方にとっては高嶺の花かもしれません。少し値は張りますが、40代の方が身に着けるステータスシンボルとしては最適だと思います。今後、50代、60代と年を重ねても飽きのこないデザインで、ブランド力もオーデマ・ピゲなら文句無しです。著名人・有名人の愛用者が非常に多いブランドで、サッカー選手 リオネルメッシ・長友佑都、野球選手 松井秀喜、キックボクサー 魔娑斗、F1レーサー ルーベンス・バリチェロ、俳優ブラット・ピットなどたくさん方がオーデマピゲを愛用されています。   天才時計師A・ブレゲスーパーコピーが自身のネーミングを冠として 1775年に独立創業したブランドです。時計師ブレゲスーパーコピーは自動巻機構から始まり、永久カレンダー、ミニッツリピーター、トゥールビヨンなど数々の天才的な発明で腕時計の技術を進歩させました。ブレゲスーパーコピーの腕時計は現在の機械式腕時計の礎になっており、「時計の歴史を200年早めた男」として称されています。 ブレゲスーパーコピー時計を体言しているコレクションがこちらのです。洗練された上品で控えめなデザイン、革新的で高度な複雑技術といったブレゲスーパーコピーの特質がすみずみにまで表現された芸術作品ともいえる腕時計です。ダイヤルの装飾もすごく素敵ですし、ケースが薄いのもいい。ケースサイドにまで彫り装飾があって、細部まで手抜きなし。今流行りのデカ厚時計とは一線を画すモデル名の通りクラシックなフォルムが魅力です。手巻き、自動巻きムーブメントを薄型の美しいフォルムのケースに搭載し、
ブレゲスーパーコピーが培ってきた技術を惜しみなく投入したモデルが多数ラインナップされています。 高級腕時計を何本もお持ちの方や、非常に時計にお詳しい方など、上級者になればなるほどブレゲスーパーコピーのシンプルなデザインをお求めいただけます。どのようなビジネスシーンにも違和感なくマッチし、シックで落ち着きがあるデザイン。スーツスタイルに合う腕時計をお探しの40代男性にお勧めしたい1本です。 ブレゲスーパーコピーの顧客には、ナポレオン、マリーアントワネットなど歴史に名を残す偉人ばかりです。    ムーブメント技術に定評がある世界的に有名なマニュファクチュールであり
1000時間にも及ぶ品質試験を行うなど、伝統と歴史だけでなく高い技術力で他のメーカーを圧倒するブランドです。
そのジャガー・ルクルトのアイコンである「」は、1930年頃、貴族の間で盛んだったポロ競技で運動中の衝撃からガラスとダイヤルを保護する目的で考案された時計です。ケースそのものを180度回転するという構造は、当時革新的な技術として多くの注目を集めました。ケース裏側はエングレービングが施されていたり、裏スケだったり、もう一つ文字盤があったり、モデルによって様々です。
気分によってフェイスを変えたり、季節によってレザーベルトに変えたりとバリエーション豊かなモデルです。
こだわりのある手巻きムーブメントも愛着がわくのではないでしょうか。 上の写真は表裏両面に時計が配置されていますが、ゼンマイも1つ、脱進機も1つであり、基本的には1つの機械で2つの時刻を刻んでいます。別の時間帯を表示する方式には、GMTやワールドタイムなど様々な機構がありますが、個人的にはこれが一番使いやすいと思っています。お仕事でよく海外に行かれる方にお勧めしたい腕時計です。価格帯は30万円から数百万円台までと幅広いため、営業のお仕事をしていて高級過ぎる腕時計はNGという方にもお勧めできます。
派手好きず自己主張が少ないシンプルな外観も魅力です。しかし何といってもジャガールクルトの魅力は、ムーブメントそのものです。ジャガー・ルクルトが製造するムーブメントが、腕時計好きにはたまらないのではないでしょうか。前述のブレゲスーパーコピー クラシックと同様に、スーツスタイルに合う腕時計をお探しの40代男性にお勧めしたい1本です。    近年の腕時計メーカーの中でも急激にその勢力を伸ばしている「」。創業は1980年と比較的新しいブランドです。その最初の顧客はギリシャ国王。斬新なウブロの腕時計を気に入って、
スペインの国王にプレゼントしたことからその歴史が始まります。
スウェーデンの国王もまたウブロに魅せられた一人で、ノーベル賞の授賞式で着用して話題を集めました。
その人気はさらにヨーロッパ中の王室へと広まり、モナコやスペインの王族にも多く愛用されています。
そんなエピソードから、ウブロはヨーロッパで「王の時計」と呼ばれるようになりました。 近年ではFIFAワールドカップのオフィシャルタイムキーパー就任や、
フェラーリとのパートナーシップなどスポーツ分野での活動が多く、ウブロのファンを増やす大きなきっかけとなっています。 オメガやタグホイヤー、セイコーといった実用時計ではなく、休日に使用するようなファッション性の強い時計が多いブランドです。数年前までは高額な腕時計いえば「ゴールドやプラチナを使用した時計」か、「複雑機構を搭載した時計」と言うのが定石であったように思えます。
そこに現れたのがスタイリッシュなスポーツ時計です。
前述のロイヤルオークとウブロのビッグバンは、高級スポーツウォッチという新しい選択肢を切り開いた二大時計と言えるでしょう。 ステンレスやセラミックを使用したスポーティなモデルから、ダイヤモンドをセッティングしたゴージャスかつ
ラグジュアリーなモデルまでバリエーションが豊かなのも魅力です。      以上、40代男性にお勧めしたい時計を6つご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。
ロイヤルオークとビッグバンはファッショナブルな時計、ポルトギーゼやクラシック、レベルソは上品で控えめな時計、デイトナはシーンを選ばずお使い頂ける万能時計です。   他にも40代男性にお勧めしたい時計はたくさんあります。経営者や会社役員など社会的地位の高い方は、雲上ブランドといわれるパテック・フィリップヴァシュロン・コンスタンタンランゲ&ゾーネに手を伸ばしてみても良いと思います。
日用品とは言えない、機械式腕時計の中でも特に「芸術品」と評される名作です。  パテックフィリップ ノーチラス  ランゲ&ゾーネ ランゲ1  ヴァシュロンコンスタンタン オーヴァーシーズ 車に例えるならロレックス、オメガはベンツやBMW、パテック・フィリップ、ヴァシュロン・コンスタンタンはフェラーリやランボルギーニといった位置づけでしょうか。  またF.P.ジュルヌリシャール・ミルパルミジャーニ・フルーリエなど、機械式時計製作に精通した「天才」と呼ばれる一握りの人たちが製作した時計も一見の価値があります。
大手ブランドとは異なり、年間製造数にも限界があるために流通数も少なく世界で数本のものも存在します。
本当に時計が好きな方や珍しい時計を探している方にお勧めしたいブランドです。   F.P.ジュルヌ     リシャール・ミル    パルミジャーニ・フルーリエ   また「腕時計はセイコーだ」という方も多くいらっしゃいます。
メイドインジャパンの安心感と、アフターサービスが充実している点を見てもセイコー推しの方は多いです。
「他ブランドの腕時計も付けたけど、やっぱりセイコーが良い」という方もいます。
特にグランドセイコーは長く人気のある商品で、値段は20万円程度からお求め頂けますので40代の社会人にはお手頃なのではないでしょうか。
金無垢でもなければプラチナでもない普通のステンレスで、サイズも日本人には良くなじみます。
”実用時計の最高峰”と称されるグランドセイコーも是非一度ご覧になってください。 関連記事50代以上の男性にお勧めしたい高級腕時計7選
30代男性にお勧めしたい高級腕時計5選
20代男性にお勧めしたい高級腕時計7選経営者、会社役員など社会的地位の高い方にお勧めしたい高級腕時計7選
腕時計業界で働いて早8年。私が本気で欲しいと思った3つの時計
腕時計選びに迷ったらコレ!今人気のメンズロレックス10選
ロレックスの中で一番人気があるモデルは?
オメガの中で一番人気があるモデルは? T.T

営業マンが選ぶべき腕時計とは?おすすめモデルを一挙紹介!

高級時計が欲しい。でも営業職についており、クライアントに時計を見られる可能性があるためあまり派手な時計は困る・・。このような悩みを抱える営業マンは多くいます。今回はそんな悩める営業マンの為に、銀座の高級時計専門店GINZA RASINのスタッフがシンプルで高級感のある腕時計をセレクトしてみました。嫌味にならず、上司や取引先から「良い時計をしているな」という印象を受けたいあなたに必見の内容です! 目次まず最初にご紹介したい時計は時計界の王者ロレックスのエクスプローラーIです。ロレックス=厭味っぽいと思われる方もいるでしょうが、シンプルでビジネス向きであるエクスプローラーに関してはそれが当てはまりません。幅広い年代層から支持を得ていることは言うまでもありませんが、ロレックスの中では比較的リーズナブルで、20・30代の若手営業マンがエントリーモデルとして選択しやすいモデルでもあります。 エクスプローラーの最大の特徴は、カレンダー表記すら持たない3針のみのシンプルさ。
ダイアルカラーはブラック、ケースもステンレスのみと、視認性・汎用性を追求したシンプルウォッチの究極とも言えます。現行モデルは2010年に誕生したRef.214270。
他シリーズ同様、初代モデルから大きくデザインは変わりませんが、ケース径が36mmから39mmにサイズアップしています。スーツにとてもよく似合いますので、営業マンがビジネスでご使用する時計として胸を張ってオススメできます。 ロレックス エクスプローラー 214270ロレックスの中でも圧倒的な人気を誇るエクスプローラー 214270。当店で取り扱うすべてのモデルの中で売上本数No.1です。ビジネス用途としては実にパーフェクトなモデルであり、間違いなく営業マンの心強いパートナーとなってくれることでしょう。 ケース、ラグ、ブレス。どのパーツも耐久性が高く、一体感があります。そして、ステンレススティールケースのシルバー色と漆黒に煌く文字盤のコントラストは非常にスタイリッシュです。さらには、針の長さや文字の位置、ロゴのデザインといった細部までも拘りぬかれており、デザイン性はオーソドックスでありながらも高級感に溢れています。 ロレックス エクスプローラーI 1142701世代前のエクスプローラーである114270もいまだに根強い人気を誇ります。デザインに大きな違いはありませんが、ケース径が小ぶりな36mmケースであることからスリムな男性に良く似合います。主張せずに、さりげなく高級感を出せることが114270の魅力といえるでしょう。 ロレックス エクスプローラー 商品一覧 グランドセイコーは堅実なデザインが魅力的な国産時計ブランドです。細部にまで拘りぬかれた完成されたフォルムを持ち、高級時計に必須の「高級感」を感じさせてくれます。また、「クォーツ」「メカニカル」「スプリングドライブ」とムーブメント毎に異なるラインナップを持つセイコーですが、そのどれも精度に関して並々ならぬ情熱が注がれており、他のブランドの追随を許さない絶対的な信頼性を持ち合わせます。営業マンは時間に正確でなければなりませんが、グランドセイコーを身に着けていれば安心ですね。 グランドセイコーの文字盤は視認性を重視しているため、文字盤に余計なデザインが施されていません。その理由は「実用時計の最高峰を製作する」、という確固たるコンセプトがあるからです。高い時間精度、見やすさ、使いやすさ、耐久性。
決して華美ではありませんが、腕時計本来の在り方を追求したグランドセイコーは「永く愛される高級腕時計」として幅広い世代から親しまれています。 グランドセイコー クォーツ SBGX061「これぞグランドセイコー!」といった印象を持つ、スタンダードな一本。視認性に優れ、悪目立ちしない堅実なデザインとなっています。SBGX061は機械式時計ではなくクォーツ時計ですが、9fクォーツというハイスペックムーブメントを搭載しており、年に±10秒ほどの誤差しか生じないほどの高い精度を誇ります。兎に角ビジネスに特化した時計をお探しであれば、SBGX061は間違いなく候補にあがることでしょう。 ビジネスの邪魔にならない37mmステンレスケースにスタイリッシュなブラック文字盤。視認性を重視した3針日付表示のみのデザイン性に日常生活用強化防水(10気圧)。全てにおいて使いやすい実用時計の王道です。尚、現在SBGX061は製造終了しており、文字盤デザインが更にシンプルになった「SBGX261」が現行モデルとして展開されています。 左:SBGX061 右:SBGX261 グランドセイコー スプリングドライブ マスターショップ限定 SBGA041クォーツモデルは少し味気ないと考える方は、クォーツ並みの精度と機械式の魅力を一度に堪能できるスプリングドライブ SBGA041をオススメします。スプリングドライブ9R6と搭載したコチラのモデルはステンレススティールに比べて約30%も軽い「ブライトチタン」を採用しており、長時間身に着けていても疲れにくい仕様となっています。 また、衝撃や傷に強く耐蝕性にも優れているため、経年や日常での傷・故障に対してストレスが少ないという利点があります。外装は不変にして普遍、飽きのこない「グランドセイコーデザイン」でありながら、バリバリ働く営業マン向けのモデルといえるでしょう。 グランドセイコー 商品一覧 20代から50代まで、幅広い層に人気の腕時計ブランド、タグホイヤー。1860年にスイスの山村サンティミエで設立されて以来、現在に至るまで、高級スポーツウォッチブランドとして知られています。
そんなタグホイヤーのフラッグシップモデルともいえるのが、この「カレラ」シリーズです。 カレラは1964年に、タグホイヤーの5代目経営者であるジャック・ホイヤーによってつくられたモデルであり、伝説のカーレース「カレラ・パンアメリカーナ・メキシコ・ロードレース」にインスパイアをうけ製作されたレーシングウォッチです。カレラのラインナップは多岐にわたりますが、そのどれもスポーティーでスタイリッシュなデザイン。上品さは勿論のこと、若々しいエネルギッシュな印象を与える為、20・30代の営業マンから熱い支持を受けています。 タグホイヤー カレラ キャリバー5 WAR211A.BA0782「キャリバー5 WAR211A.BA0782」はタグホイヤー カレラの原点ともいうべきスタンダードモデルです。ビジネスにもカジュアルにも使える万能なデザインであり、精度とエレガンスを絶え間なく追及するタグホイヤーらしい仕上がりとなっています。価格的に見ても新品が20万円以下で購入できるなど、高級腕時計としてはお手頃な価格であることも特徴。20代30代の若手営業マンから高い人気を獲得しています。 タグホイヤー カレラ キャリバー5 デイデイト WAR201E.BA0723これまでのキャリバー5 デイデイトといえば黒文字盤が定番でしたが、2015年に新たに加わったブルーダイアルモデル”WAR201E.BA0723″も大きな人気を博しています。 爽やかな印象を放つブルーダイヤルとデイデイトのホワイトディスクの組み合わせは非常にスタイリッシュです。ブラック文字盤と同様にケースバックがスケルトンになっているため、テンプの動きとローターをご覧いただけます。 タグホイヤー カレラ 商品一覧 知的な印象を与えるポルトギーゼ。高級時計特有の厭らしさを感じさせない上品さを持ち、男性からも女性からも絶大な人気を獲得しています。老若男女問わず好感度が高いため、どのような取引先が相手でも一目置かれるはずです。 手の込んだリーフ針とインデックス、上質な文字盤、厚く見せないように工夫されたケースと裏蓋、スタイリッシュなプッシュボタン。ケース径の大きいスポーツモデルが流行する昨今の時計界において、この上品で洗練されたフォルムはポルトギーゼならではの特徴です。また、黒革・シルバー文字盤・三針時計とオーソドックスな仕様のため、スーツにも自然に馴染みます。どの営業マンにも似合いますが、ポルトギーゼの知的なイメージはIT系の営業マンにピッタリです。 IWC ポルトギーゼ クロノグラフ IW371446ポルトギーゼは70年以上も続く由緒正しいロングセラーモデルです。I洗練されたデザインが美しいこのIW371446は通称青針と呼ばれ、同モデルの一番人気として君臨しています。 
モデル名の由来はポルトガル人からきており、1939年、ポルトガル人時計商が航海中に使え、信頼性高い精度を備えた腕時計を発注したことが始まりでした。ポルトギーゼの定番はクロノグラフですが、シンプルで視認性高いダイアルは上品で、厚みが抑えられていることからビジネスシーンにも活躍です。 IWC ポルトギーゼ クロノグラフ IW371445青針と双璧を成す人気モデルIW371445。基本性能は青針モデルと同一ですが、時針・分針・秒針・インデックスがゴールドカラーとなっています。営業マンとしてはやや目立ちすぎるカラーとはなりますが、華やかさが上がるため、業界によっては金針モデルの方が適す場合もあるでしょう。 IWC ポルトギーゼ 商品一覧 最初にご紹介したい時計は「ハミルトン」。鉄道用時計のメーカーとしてアメリカに誕生し、数々のタフで正確な時計を製造してきた時計ブランドです。価格帯もリーズナブルなことから、機械式時計最初の一本として選ばれる方が非常に多いです。デザインは若々しさがありつつも硬派なイメージ。ファッションアイテムとしても最適です。 ハミルトンには多種多様のモデルが存在していますが、ビジネスのパートナーとして営業マンにお勧めしたいモデルは「ジャズマスター」です。ジャズマスターシリーズは3針にカレンダー表示というシンプルなデザインが多く、インデックスは先端が尖ったスタイリッシュなバーインデックス。ケースサイズもやや控えめに作られているため、スーツの袖口に程よく収まります。機械式時計ならではの存在感を保ちつつも悪目立ちをすることがないため、上司や取引先から好印象を受けることが出来るはずです。 ハミルトン ジャズマスター シンライン H38511513革新と現代性の調和をテーマとし、オーセンティックでエレガンスなバリエーションが豊富な“ジャズマスター”。ジャズマスターシリーズの中でも最薄な7ミリ薄型ケースを採用しているシンラインは現在人気急上昇中です。シックなシルバー文字盤に6時位置にカレンダー機能付き視認性の高いアラビア数字のアップライトインデックスを使った「シンプル」な中に大人のお洒落を感じる一本です。 ハミルトン ジャズマスター オープンハート H32565155スイスのETA社との共同開発によって、新たなムーブメントや新作パイロットウォッチを製作するなど、さらなる進化を続けているハミルトン。このオープンハートは文字盤をくり抜き、ムーブメントが見えるようにした画期的なモデルとして話題を生みました。シンプルかつスタンダードな生粋のスイス時計に比べて、個性的なデザインや凝ったつくりが多いのもハミルトンの魅力です。 正規新品は定価で114,480円と10万円を超える価格ですが、並行輸入品では7万円程度で購入することもできます。リーズナブルな価格で購入できるため、入社したての営業マンにオススメです。 ハミルトン 商品一覧 「月に到達した腕時計」というエピソードを持つオメガ。全時計ブランドの中でも圧倒的な知名度を誇ります。「オメガ」の名を聞けば、大半の人が「有名な高級時計!」と知っているため、ステータス性を求める方には打って付けの一本となること間違い無しです。オメガは主に月に到達した「ムーンウォッチ」としての歴史を持つ「スピードマスター」と、オン・オフ問わず活躍する万能なダイバーズウォッチ「シーマスター」という2つのコレクションが有名なため、恐らくはその二択で自分にあったモデルを選ぶことになることでしょう。 オメガ スピードマスター プロフェッショナル ムーンウォッチ クロノグラフ 311.30.42.30.01.005スピードマスターの基盤モデルである311.30.42.30.01.005。オリジナルモデルの雰囲気を忠実に再現していることを特徴とするビンテージ感のあるモデルです。ムーブメントには当時の宇宙飛行士が着用したものと同様、こだわりの手巻き式を採用。ベゼルから一段浮き上がったようなドーム型の強化プラスチックガラスが、宇宙空間にも耐え続けた力強さを物語ります。オリジナルのブックレットやルーペ、替ベルトや工具などが収納された特製BOXが付属し、コレクション性も抜群です。 オメガ スピードマスター レーシング コーアクシャル 329.30.44.51.04.001基盤モデルは確かに取引先や上司とのコミュニケーションに役に立ちますが、他の営業マンと被る可能性もでてきます。そんな時は少し外したスピードマスターレーシングを選ぶのも”通”な選び方です329.30.44.51.04.001はホワイト文字盤にブラックのインダイヤルを配した通称パンダダイヤル。スポーティーな印象が強く、どんなシーンでも身に着けやすい汎用性に富んだモデルです。 ケースバックはスケルトンタイプ。基盤モデルとは異なり、機械式時計の精巧な動きを堪能できます。また、シリコン製ひげゼンマイを使用した新開発コーアクシャルムーブメントを搭載しているため、維持費が他のモデルの1/2程度となっています。 オメガ スピードマスター 商品一覧 ドイツグラスヒュッテに工房を構えるノモスはリーズナブルな価格設定でありながらも、高品質の時計を製造しています。「流行りのスポーツモデルもいいけど、やっぱり薄型のドレスウォッチが欲しい」ノモスはそんな方の期待に応えてくれます。 ノモスはバウハウスがデザインコンセプトとなっているため、シンプル且つ機能性の高い時計がラインナップされています。特に飛びアラビアインデックスを配した「タンジェント」はドイツ国内で数々のデザイン賞を獲得した人気モデルであり、上品なイメージを与える薄型設計・同価格帯の時計を圧倒する高精度・ビジネスの邪魔にならない優れた視認性を誇ります。エネルギッシュなイメージよりも知的なイメージで勝負したい若手営業マンに是非お手に取っていただきたい一本です。 タンジェント TN1A1W2(139)ノモスを代表するタンジェントシリーズ。シンプルな使い勝手の良さが抜群に人気であり、20代・30代の若手営業マンのみならず、幅広い年代層からも選択される一本です。厚さはわずか6.2mm。
ケース径の大きいスポーツウォッチも魅力的ですが、やはり上品な高級時計といえば薄型でしょう。 シースルーバックからはグラスヒュッテレーベルがあしらわれたムーブメントを鑑賞することができます。尚、TN1A1W2(139)は現在生産終了していますが、35mmというクラシカルなサイズ感から未だに人気です。現行モデルとしては38mmケースのタンジェント38 TN1A1W238(164)が存在しますので、ケース径の大きいモデルをお探しの方はこちらもご検討ください。 ラドウィッグ 35 LD1A2W2(205)ノモスが「手巻きの究極のクラシック」と自負するラドウィッグ。スペックはタンジェントと同等ですが、文字盤にはより伝統を感じられるローマ数字・レイルウェイ目盛りが取り入れられ、よりクラシカルなデザインとなっています。文字盤だけでなくラグやベゼル・ケースはやや丸みを帯びており、エレガントな雰囲気を醸し出しています。コチラも35mmと38mmのモデルが展開されているので、体格や好みに合わせてどちらを購入するか選ぶとよいでしょう。 ノモス 商品一覧 スイスが誇る老舗時計ブランド「ジャガールクルト」。時計愛好家が好んで身に着ける”通”な時計であり、身に着けていれば時計好きの上司・取引先から間違いなく一目置かれるようになるでしょう。端正な文字盤や外装は、清潔感が求められる営業マンに間違いなく似合います。 マスターシリーズは、自社独自の「マスター1000時間コントロール」という規格にちなんで生み出されたシリーズで、ラウンドフォルムが特徴的なモデルです。※マスター1000時間コントロール:様々な状況下での精度検査、気温や気圧への耐性、耐磁性など―を1000時間にもわたって行う、神経質なまでに徹底した規格。 「マスターコントロール」「マスターウルトラスリム」「マスタークロノグラフ」など、様々な派生モデルがラインナップされています。  ジャガールクルト マスタークロノグラフ Q1538420(174.8.C1)Q1538420(174.8.C1)は65時間のパワーリザーブを搭載したクラシカルなクロノグラフです。過剰な機能や装飾を加えたモデルが多い昨今において、往年の高級クロノグラフを彷彿とさせるシンプルで落ち着いたデザインは貴重だといえます。シルバーで統一されたデザインはビジネスシーンにおいて悪目立ちすることがなく、例え定年まで身に着けていても違和感はないでしょう。 価格帯は60万円台~とリーズナブルな価格とはいえませんが、営業マン人生を共に過ごすパートナーとしては決して悪い選択ではありません。 マスターウルトラスリム Q1278420(171.8.90.S)厚さ僅か8ミリの薄型ケースに自動巻きムーブメントを搭載した“マスターウルトラスリム”。シルバーフェイスのシンプルな3針モデルで、長短針は縦半分でポリッシュとサテンの異なる仕上げが施されています。ビジネスの邪魔にならないシンプルなデザイン、長時間身に着けていても気にならない軽量なボディ。まさに営業マンの為の一本です。 ジャガールクルト マスター 商品一覧 ブレゲスーパーコピーの歴史はとても深く、創業はなんと1775年。時計の歴史を200年早めたとも云われるアブラアム=ルイ・ブレゲスーパーコピーによって生み出された最も古い歴史を持つ時計メーカーの一つです。彼が自分の名前を冠して創立したブランド「ブレゲスーパーコピー」は、現在でもパテック・フィリップ、ヴァシュロン・コンスタンタン、オーデマ・ピゲ、ランゲ&ゾーネとともに世界5大時計と呼ばれ、超一流メーカーとして時計界に君臨しています。ブレゲスーパーコピーの時計はそのどれも上品で知的な印象を与えますが、営業マンに身に着けて頂きたいモデルは「ブレゲスーパーコピー クラシック」。懐中時計からの伝統を受け継いだ硬派なデザインの時計です。 クラシックは創業者アブラアム=ルイ・ブレゲスーパーコピーの「理想の時計」を典型的に表現したクラシカルなモデルです。 視認性が高く、正確なメカニズムを誇り明確なデザインのクラシックは手巻き・自動巻きの超薄型時計から複雑時計まで、ブレゲスーパーコピーの伝統的な要素を再現しています。文字盤に施された美しいギョーシェ彫り、独特な存在感を放つブレゲスーパーコピー針、側面のコインエッジ装飾など、ブレゲスーパーコピーでしか味わえない特徴を数多く兼ね備えたクラシックは時計に落ち着きと威厳を求める40代・50代の管理職営業マンにこそふさわしいといえるでしょう。 ブレゲスーパーコピー クラシック パワーリザーブ ムーンフェイズ 3137BR/11/986ブレゲスーパーコピーらしい上品なフォルムと機能性の高さを兼ね備えた”3137BR/11/986″。クラシックシリーズはオリジナルデザインを再現したコレクションとなっているため、ケースサイズは直径35.5mmと小ぶりな設計です。しかし、スーツの袖口から見える美しい姿は「新たな時代を切り開く創造性」を感じされてくれます。  ブレゲスーパーコピー クラシック ツインバレル パワーリザーブ 5907BB/12/984煌びやかなイメージを持つ3137BR/11/986では少し派手と思われる営業マンには、クラシカルでシンプルな5907BB/12/984がオススメ。このモデルはホワイトゴールドの上品な美しさに95時間ものロングパワーリザーブを備えたモデルです。「時計の進化を200年早めた男」として有名なアラン・ルイ・ブレゲスーパーコピーの意匠を盛り込み、時代に合うようアレンジが施されています。20代30代の若手より、40代以上の経験豊富な営業マンにこそ似合うモデルです。  ブレゲスーパーコピー クラシック 商品一覧 ゼニスといえばエルプリメロを搭載したクロノマスターが有名ですが、ビジネス用途にはシンプルで上品な「エリート」がオススメです。エリートは非常に高いスペックを持ちながらも、ゼニスの中では比較的リーズナブルな価格であることが魅力。営業マンに最適な一本として30代・40代の男性から熱い支持を受けています。 エリートは過度な装飾や機能を追加せず、「シンプルこそが美学」を追求したドレスウォッチです。「クラシック」「キャプテン」「ウルトラシン」といったシリーズがありますが、どのモデルもシンプルで上品な美しさを持っていることに変わりはなく、身に着ける者に確かな品格を与えてくれます。一般的には ゼニス=クロノグラフというイメージが定着していますが、ゼニスはノンクロノグラフに関しても非常に高いクオリティーを持っています。 左:03.2290.679/26.C493 右:03.2290.679/51.C700シンプルさを求める営業マンにオススメしたいのがクラシックシリーズです。クラシックシリーズはエリートの中でも最もシンプルなコレクションであり、クラシカルなバーインデックスやサンレイ仕上げが施された文字盤など、細かな部分にまで美しさが追求されています。現行モデルである03.2290.679は4つのバリエーションが存在していますが、特に人気が高いモデルはブラック文字盤とブルー文字盤。どちらもビジネス用の時計として申し分ありません。 キャプテン エリート パワーリザーブ 03.2122.685/21.C493エリートキャプテンは既に製造が終了しているモデルではありますが、今尚時計愛好家から高い評価を得ている名機です。特にこのキャプテン エリート パワーリザーブはキャプテンシリーズの中でも特に人気が高かったモデルとして知られています。1時~3時位置にかけて表示される独特なパワーリザーブ。6時位置に配された控えめなデイト。そして、9時位置に配されたスタイリッシュなスモールセコンド秒針。全てにおいてバランスが良く、クラシカルな雰囲気を持ちつつも、現代的なスマートさも兼ね備えています。 ムーブメントに採用されているのは、ゼニスが誇る薄型自動巻きムーブメント「エリート685」。古典的な歯車の配列が美しい、パワーリザーブ50時間を備えるムーブメントです。製造終了モデルではありますが、まだ廃盤となってから日が浅いため、並行店でなら購入することができます。並行新品相場は40万円後半。一生モノの相棒としてもオススメです。 ゼニス 商品一覧 今回紹介した時計はビジネスシーンのみならず、いかなるシーンにおいても活躍してくれる人気モデルばかりです。オンの時はもちろん、オフの時にもあなたの魅力を引き立ててくれることでしょう。そして、気になるモデルが見つかりましたら、是非一度時計店にて試着してみてください。実際に身に着けることで、本当に自分に似合っているのかが分かるはずです。 エリートビジネスマン必見!スーツに似合う高級腕時計21選20代、30代のビジネスマン必見!機械式時計入門機お勧め9選20万円以下で買える人気高級腕時計をまとめてみました。

ブレゲ クイーンオブネイプルズ ベゼルダイヤ 8908BA/52/864 D00D

こんにちは!12月のブログ企画「クリスマスにパートナーに送りたい時計」を紹介したいと思います(゚д゚)(。_。)ウン!私が送りたい時計はコチラ↓ この「クイーン・オブ・ネイプルズ」は、ナポレオンの妹でナポリ王妃となったカロリーヌのために天才時計師アブラアン-ルイ・ブレゲスーパーコピーが創作した時計とされています(´0ノ`*)オーホッホッホ!!王妃が着けるに相応しい時計のとはどんなものかとo(´^`)o ウーケースは18Kイエローゴールド、ベゼルには128個のダイヤモンド(約0.83カラット)ムーブメントには本格的な自動巻きを採用♫ちなみにブレゲスーパーコピーによる初の自動巻時計の購入者は、王妃マリー・アントワネットなのですw( ̄o ̄)w オオー!その他にもパワーリザーブ・インジケーターにムーンフェイズ(良い顔してます(・0・。) ほほーっ)手彫りギヨシェ銀色仕上げ18Kゴールドダイヤル、部分的にホワイトナチュラルマザーオブパール☆コインエッジも素敵ですね!
バックルに至るまで抜け目のない仕様となっています!流石王妃時計ですねヤレヤレ ┐(´ー`)┌ マイッタネさて、今回の企画は「クリスマスにパートナーに送りたい時計」であります。そんな私、現在パートナーがいません/(´o`)\オーノー!!それに加えこんなに高価な時計を購入するお金もありません(´Д`|||) ドヨーンが、そんな私にはがあります!その名も…この必殺技を使い、プレゼント大作戦で素敵な彼女をGETしてしまおうというわけですo(^^o)(o^^)oワクワクしかし!!プレゼントでのショッピングクレジット利用の場合は、家族または夫婦でなくてはならないのです( ̄  ̄) (_ _)うんうんということは…私との結婚が前提となります(*゚▽゚)/゚・:*【祝】*:・゚\(゚▽゚*)。。。と、いうことで私にもかなり早い春が訪れる事でしょう~…ローンの審査が通ればですけどね、ヽ`(~д~*)、ヽ`…(汗)ご来店ご利用お待ちしております♫
〒104-0061 東京都中央区銀座8-7-11
ソワレド銀座第2弥生ビル 1F

03-6252-3500

11:00~19:30 (日・祝日 ~19:00)

年中無休 (臨時休業は除く)

これぞ世界最高級!マニアも唸る高級腕時計ブランド6選

オメガやブライトリング、そしてロレックスといった定番モデルはもう飽きてしまった。更にはパテックフィリップ・オーデマピゲといった雲上時計ブランドですら、なぜかしっくりこない。そんな時計上級者の方には、限られた時計愛好家だけが知る「マニア向けの高級腕時計」を手に取って見てはいかがでしょうか。今回紹介する時計は”最高峰の技術”によって手間暇惜しまず作られた真の逸品ばかり。どの時計も生産数が少なく希少価値が高いモデルとなっています。雲上時計をも凌ぐクオリティーをもつ時計たち。是非この機会にご覧くださいませ。  ウルバンヤーゲンセンは定番ブランドの時計では満足できなくなった時計マニアが「より高いクオリティ」を求めたどり着く最高峰の時計です。同ブランドは創業者であるウルバン・ヤーゲンセン氏によって1773年にデンマークに設立されました。その歴史は既に200年以上。雲上時計ブラントと変わらぬ歴史を持つ老舗時計ブランドでもあります。ウルバン・ヤーゲンセン氏が作り出す時計は、厳選された素材だけを使用した「最高級の時計」。手間暇を惜しまず作られた時計のクオリティーはまさに芸術品と呼べるものでした。そして、その名声はすぐに国内に広まり、 デンマーク王フレデリク6世に王室御用達の時計師として迎え入れられるなど、時計技師として輝かしい活躍と実績を後世に残します。創業から200年以上経過した現在でも「古典的な美しさを備えたケースデザイン」や「精度への拘り」は健在。色褪せることのないその魅力は目の肥えた時計上級者の心すら射貫きます。また、ウルバンの時計は年間生産数が100本未満というごく僅かなもの。その金額はもとより、手に入れること自体が非常に難しいブランドとしても知られます。 ブレゲスーパーコピーの弟子としても知られている ウルバン・ヤーゲンセンの時計を見ると、どこかブレゲスーパーコピーの時計に似ていると感じませんか?それもそのはず、ウルバン・ヤーゲンセンは天才ブレゲスーパーコピーの弟子だったからです。ウルバン・ヤーゲンセンの外装、仕上げに対する拘りは師匠であるブレゲスーパーコピー譲り。特にブレゲスーパーコピーの特徴であるギョ―シェ彫りを採用した文字盤や針のクオリティーは他のブランドでは考えられないくらい手間をかけて作られています。ブレゲスーパーコピー針にアレンジが加えられたウルバンの針は時針の円型の穴がブレゲスーパーコピー針と比べて大きくなっていることが特徴。更に分針の円を省くことで絶妙なバランスに仕上げられています。 関連記事:200年以上の伝統を誇るウルバン・ヤーゲンセンの魅力 
ウルバン ヤーゲンセン リファレンス3 パーペチュアルカレンダー ムーンフェイズ Up and Down Ref.3小さな工房で手作業により一本ずつ出来上がる針。古いギョーシェマシーンを使ってゆっくりと手彫りされる文字盤。このクオリティの高さは、定評のある現行ブレゲスーパーコピーをもってしても敵わないのではないでしょうか。ムーブメントのベースには、多くの名作モデルで使用されるフレデリック・ピゲ社製のCal.71を採用し、自ら開発した永久カレンダーモジュールをのせています。 
ウルバン ヤーゲンセン リファレンス1 クロノグラフ トリプルカレンダー ムーンフェイズ Ref.1ウルバンヤーゲンセンのすべてのモデルについて共通している特徴に、針やダイアルのクオリティの高さが挙げられます。いずれも自社工房で製作しており、特に文字盤のギョーシェは、古いギョーシェマシーンを使って手彫りされています。当然のことながら量産品とは比べ物になりません。こちらは、トリプルカレンダー、ムーンフェイズ、クロノグラフ機能を搭載したコンプリケーションモデルです。 創立者であるヨハン・ハインリッヒ・モーザー氏はドイツに近いスイス北東部の街「シャフハウゼン」の時計一家の生まれ。時計技師であった父の元で時計作りを学び、時計技師としての才能を開花させました。その後、スイスではなくロシアに渡り時計工房を開業。時計技師としては珍しい経歴の持ち主でもあります。モーザー氏は起業家としても高い能力を備えており、ロシア・スイスのみならず世界各国に販路を拡大。次々と自身が製造した時計を展開し、成功を収め続けました。1848年には故郷・シャフハウゼンに拠点を戻し、時計工場を設立。シャフハウゼンの時計産業に大きく貢献し、世界的な時計産業の街となる礎を作り上げます。しかし、モーザー氏の没後は会社や工場は売却され、1979年にはついに時計製造から撤退を余儀なくされます。その後、長きに渡り休眠状態となっていたH.モーザーブランドですが、2002年にユルゲン・ランゲ博士らによって遂に現代に復活を果たします。2005年にはバーゼルワールドにおいて、「モーザー パーペチュアル1」を発表。本格的に時計ブランドとして復帰を遂げました。 完全マニュファクチュールによる時計製造 H.モーザーの時計は高級時計業界の中でもごく僅かしかない「完全マニュファクチュール」。ムーブメントの中で最も製造が難しいとされている「ヒゲゼンマイ」も自社で製造しており、その品質は他社にも供給しているほど信頼されています。複雑機構時計の製造に精力的に取り組んでおり、トゥールビヨン・パーペチュアルカレンダーを搭載したモデルも多数ラインナップ。その精度は極めて高く、最高品質の実用時計として真の時計ファンに長く愛されてきました。出典:https://www.h-moser.com/ 最高級の文字盤 H.モーザーの時計には洗礼された上品さがあります。この上品さの秘訣は何といっても「美しい文字盤」です。出典:https://www.h-moser.com/モーザーの特徴でもある文字盤のグラーデションは「フュメ」と呼ばれ、多くの一流ブランドを顧客に連ねる名門サプライヤー・フルッキガー社製の素材を採用しています。この最高級文字盤に手作業でカラーリングを施すことにより、モーザーの時計は他社の追随を許さない「美しさ」を放つのです。 
H.モーザー パーペチュアルムーン 348.901-013「パーペチュアルムーン」はダイアル6時位置に優れた月相ムーンフェイズを配置したモデル。ムーンフェイズの魅力を最大限に引き出すため、過度な装飾はせず、シンプルな3針デザインに仕上げられています。ムーブメントには、7日間(170時間)にも及ぶロングパワーリザーブ対応の手巻きムーブメント”HMC348.90″を搭載。その差異は1000年使用でわずか1日とされています。 H.モーザー マユ パラジウム 321.503-009希少な「パラジウム」を使用したケースが独特な光沢を放つ”マユ パラジウム”。シースルーバックから覗く美しく洗礼されたムーブメントと職人技によって作られたケースシェイプはH.モーザーの高い技術力を証明しています。 ヴィアネイ・ハルターは高級オルゴールのルージュ社の本拠地、スイス・サントコアで1993年に創業されたブランドです。からくりオルゴールに使用されていた”オートマタ機構”を組み込んだ特殊モデルを発表するなど、独創的かつ高い技術を誇るヴィアネイ・ハルターは「独立時計師アカデミー」に属したことをキッカケにその名を世界に轟かせました。2003年にはハリー・ウィンストンと独立時計師による夢の複雑時計を実現するプロジェクト「オーパス」に参加。時・分・秒・日付を全てジャンピング表示する前代未聞の作品を発表し、ヴィアネイ・ハルターの名声を不動のものにしました。出典:https://www.harrywinston.com/その後も明るい人柄が魅力のヴァネイ・ハルターはユニークな発想から次々と独創的な時計を展開。中でも潜水艦の窓枠をモチーフとした「クラシック」は精巧なムーブメントが堪能できるような仕組みとなっており、現在も高い人気を誇っています。 
ヴィアネイハルター クラシックヴィアネイハルターの代表作“クラシック”。潜水艦の窓枠をモチーフにした独特のデザインが特徴で、全体が洗練されたクラシックな形をつくり出しています。裏蓋はスケルトン仕様になっており、サファイアクリスタル製のミステリアスローターをご覧いただけます。 高級機械式時計を超越した「エクストリームウォッチ」をコンセプトとするリシャール・ミル。2001年に設立されたリシャールミルは今までの時計の概念に捕らわれない時計作りを展開し、その未来的なデザインは世界に大きな衝撃を与えました。リシャール・ミルのコンセプトは「腕時計のF1」。F1のマシンは莫大な資金と最先端の素材、技術、設備を投資して生まれる伝統的なガソリンエンジンを搭載しています。そのエンジンになぞらえ、リシャール・ミルは「全て最高品質のパーツ」を集めた、究極の腕時計を完成させました。出典:https://www.richardmille.jp/リシャール・ミルの素材使いの巧さは他のブランドと比較になりません。各パーツにチタン・サファイアクリスタル・宇宙素材など数多くの素材がつかわれており、ネジですらチタン製を採用するほど最高品質に拘っています。一番驚くべきポイントは「投げても壊れない複雑時計」です。リシャール・ミルは「低負荷」「軽量」という特徴を持ちつつ、「耐久性」を限りなく向上させた”トゥールビヨンモデル”を発表。そして、なんとこの時計は投げても壊れなかったのです。そもそも機械式時計自体が繊細なモノであり、衝撃を与えると壊れてしまいます。ましては複雑機構を搭載したモデルなら尚更。しかし、その常識を覆したのが「リシャール・ミルの技術」。まさに世界最高峰の技術で作られた究極の時計といえるでしょう。出典:https://www.richardmille.jp/気になる価格ですが、エントリーモデルですら1000万を超えるモデルがほとんど。値段も衝撃的です。現在その価値の高さから”真の成功者が着ける腕時計”として「テニスプレーヤー:ラファエル ナダル選手」「プロサッカー:ネイマール選手」「元バスケットボール選手:マイケルジョーダンさん」など、そうそうたる顔ぶれの著名人やスポーツ選手に愛用されています。 関連記事:超が付くほどの高級時計 リシャールミルの凄さ 
リシャールミル RM029 ジャパンレッド RM029JAPANREDベゼルとケースバックにブラックセラミックスを採用した画期的なモデル。全体を黒でまとめることにより、インデックスのレッドが際立ちます。 搭載している自動巻きムーブメントには、ユーザーのライフスタイルに合わせて巻き上げ効率を調整できる「可変慣性モーメントローター」機構が採用されています。 
リシャールミル オートマチック ラウンド エクストラフラット RM033リシャール・ミルの最薄モデル「Ref.RM033」。中心軸をはずした小型巻き上げローターをムーブメントに組み込んだマイクロローター機構が採用されたモデルです。直径45.7mmでありながら、その厚さはわずか6.30mm。この極薄仕様を実現したマイクロローターはプラチナ製で両方向巻き上げ方式となっています。 現代を代表する天才時計師「フランソワ-ポール・ジュルヌ」。フランソワ-ポール・ジュルヌの魅力は個性と実用性のバランスです。時計は視認性、精度や強度といった時計としての実用性が必要ですが、個性を重視しすぎると、その”実用性”が損なわれることも多々あります。フランソワ-ポール・ジュルヌは独創的なムーブメントを作る時計師として有名ですが、個性と実用性を両立させる手腕もずば抜けており、どのモデルもバランスよく上品な仕上りとなっていることが同ブランドの特徴です。その証拠に2002年から2010年まで、ジュネーブ・ウォッチ・メイキング・グランプリにおいて様々な部門賞を受賞。複雑時計でありつつも、実用と信頼性を兼ね備えた時計として世界的に高い評価を得ました。出典:https://www.fpjourne.co.jp/マニュファクチュールを掲げているフランソワ-ポール・ジュルヌはムーブメントに18kゴールドを採用していることもポイント。年間生産数は850本程度ですが、その全ての時計に18kゴールドが採用されており、「時計は全てにおいて美しくなければならない」という彼の理想が体現されています。世界中に多くの愛好家を持つブランドにしてはまだまだ数が限られている”F.P.JOURNE”の時計。時計マニアが持つ時計として最適なのではないでしょうか? 関連記事:天才技師「フランソワ・ポール・ジュルヌ」の華麗なる時計 
フランソワ ポール ジュルヌ オクタ パワーリザーブ22金ゴールド製ローターを備えたオクタ・ムーブメントCal.1300は、世界初となる自動巻き120時間パワーリザーブを備えています。F.P.ジュルヌの特徴でもあるオフセンターにセットされたインデックスなど、F.P.ジュルヌの世界観を存分に感じさせてくれる逸品です。 
フランソワ ポール ジュルヌ オクタカレンダー F.P.JOURNE生産本数の少ないF.P.ジュルヌのオクタ・カレンダー。革新的なオートマッチックムーヴメントであるCal.1300、そして洗練された美しいデザインが魅力の逸品です。 パルミジャーニ フルーリエは1996年にスイスのフルーリエにて創業された新興ブランドです。ブランド名ともなっているミシェル・パルミジャーニは、「神の手を持つ時計師」と呼ばれることもある天才時計師。1950年にスイスのクーヴェに生まれ、フルーリエの時計専門学校にて20歳の若さで上級時計師資格を取得したました。出典:https://www.hautehorlogerie.org/卒業後は時計メーカーで働き、その後独立。創業当初は時計製造メーカーではなく、アンティーク時計の修復を主に行う会社でした。当時の時計業界はクォーツの台頭により、機械式時計産業の存続が危ぶまれていた時期。そんな時代背景もあり、パルミジャーニ氏はアンティーク時計の修復を行いつつ、自身のオリジナル時計を製作していました。最も有名な修復の1つがアブラアン・ルイ・ブレゲスーパーコピーが1829年に製作したシンパティッククロック(同調時計)で、この時計はあまりの複雑さから修復不可能とされてきたものでしたが、1600時間もの期間を掛けて修復に成功し、大きな注目を集めたのです。そして90年代に入り機械式腕時計が再び世間から注目されてきたころ、自身の名前と地名のフルーリエを組み合わせて、ブランド「パルミジャーニ フルーリエ」を設立。その技術の高さは大きな話題を集めました。現在パルミジャーニ フルーリエの時計はムーブメントから外装に至るまでを自社で一貫製造している”マニュファクチュール体制”をとっており、超一流の時計師たちにより最高品質の複雑時計を製作し続けています。 
パルミジャーニ フルーリエ カルパグランデ パラジウム PF011128「パルミジャーニ・フルーリエ」は一人の時計師が一つの時計を最後の工程まで担当する拘りのブランドです。歴史的建造物などの基礎でもある黄金分割比率を駆使したダイアルデザインは美しい仕上がりとなっています。年間製造数が少なく、とても希少なモデルであることも大きな魅力。 
パルミジャーニ フルーリエ カルパトンダ PF012508.01ローズゴールドケースとブラウンダイヤルが知的な印象を放つカルパトンダ。6時位置に独特なフォントで描かれたワイドカレンダーと視認性の高いスモールセコンドが配置されています。 今回紹介した時計ブランドは知名度こそ高くないですが、どのブランドも「世界最高峰の技術力」を誇っています。そのクオリティーは雲上ブランドすら凌ぐほど。また、世界中のコアなファンに愛され続けている理由として「希少価値が高い」ということは勿論、「実用性の高さ」も忘れてはいけません。強い個性を放ちつつも「時計」としての本質を忘れない姿勢は、まさに超一流です。時計マニアがたどり着く最後の時計としても決して不足はありません!是非、一度検討してみてはいかがでしょうか。 関連記事時計界の至高の存在「独立時計師」の魅力に迫る 

美しく焼かれた「青針(ブル―スティール)時計」をまとめてみました!

「針」は時計の印象を決めるとても重要なパーツです。どんなにケース・文字盤が上品に仕上げられていても、針が美しくなければ全て台無しになってしまいます。また、高級時計に使われる針にはホワイト・シルバー・ゴールドといった様々なカラーが存在しますが、その中でも特に存在感の強いカラーが青い針。通称ブルースティールと呼ばれる針です。そこで今回は高級時計にふさわしい「青針時計」をブランドごとに集めてみました!青針時計の購入を考えている方は必見の内容です。 比較的単価の安い時計の青針は塗装やブルーイング(薬品にて酸化)にて作られますが、高級腕時計に採用される青い針は手作業で「焼入れ」することで作られます。具体的には金属(ステンレス)の針に焼入れをすることで”金属の表面に酸化皮膜”が作られ、その膜が深い青色に輝いて見えるのがブルースティール針です。ちなみに、ステンレスを加熱すると「黄色→褐色→青色→灰色」の順番に色が変わりますが、ブルースティール針はこの青色の段階にうまく調整しています。手間暇かけて焼入れされた金属の針はただ美しいだけでなく、普通の針やネジよりも防腐・防錆の効果があります。また、メッキなどよりも錆びにくいといわれており、耐久性に優れるというのも利点です。 青針モデルは高級腕時計の世界ではメジャーな存在です。多くの有名ブランドがこの針を取り入れており、どの時計も高級感溢れる一本に仕上がっています。そこで今回はどんなブランドで青針が使われていて、どのようなモデルがあるのかをピックアップしてみました。購入の際のご参考に是非活用ください。 ブルースティールを採用している時計ブランドとして、真っ先に浮かぶのはこのブレゲスーパーコピーでしょう。青く美しい針に先端が月を思わせるデザインのブレゲスーパーコピー針は1783年頃に誕生し、2世紀以上にわたる伝統を誇ります。
ブレゲスーパーコピーのクラシカルなデザインは現在でも多くの時計ブランドのお手本となっており、ブルースティールを採用した時計の原点といっても過言ではありません。
ブレゲスーパーコピー クラシック GMT アラーム 5707BA/12/9V6■ケース:イエローゴールド
■ムーブメント:自動巻き/Self-Winding
■サイズ:直径39.0mm (リューズ含まず)
名ブランド、ブレゲスーパーコピーの伝統的なデザイン引き継ぐ「クラシックコレクション」です。 職人の手彫りによる繊細なギョ―シェ文字盤や鮮やかなブルースチール針が高級感と品格を感じます。
ブレゲスーパーコピー マリーン ラージデイト 5817BA/12/9V8■ケース:イエローゴールド
■ムーブメント:自動巻き/Self-Winding
■サイズ:直径39.0mm (リューズ含まず)
航海用精密時計からインスピレーションを受けて作られた一本。「海」を連想させるギョーシェや「波」を連想させるローターなど、職人が1本1本手作業で彫り込んだ装飾には細部まで『マリーン』らしい仕上げが施されています。
ブレゲスーパーコピー クラシック 5140BB/29/9W6■ケース:ホワイトゴールド
■ムーブメント:自動巻き/Self-Winding
■サイズ:直径40.0mm (リューズ含まず)
ブレゲスーパーコピーの人気コレクション”クラシック”。ブルースティールの針、ケースサイドのコインエッジ、炉焼きホワイトエナメルの文字盤、手書きのブレゲスーパーコピー数字など、パーツ一つ一つが非常に繊細で、職人の誇りを感じさせる逸品です。   もはや世界一ムーブメントに拘っているブランドともいえるランゲ&ゾーネ。ドイツブランドらしく丁寧に作りこまれたコレクションの数々は素晴らしいクオリテイーを誇ります。そんなランゲ&ゾーネではクラシカルな雰囲気を放つ「1895」「サクソニア」コレクションにブルースティールが採用されており、世界最高級の美しさを堪能することができます。
ランゲ&ゾーネ 1815 アップアンドダウン 234.021■ケース:イエローゴールド
■ムーブメント:手巻き/Hand-Winding
■サイズ:直径39.0mm (リューズ含まず)
アドルフ・ランゲの誕生年が名前の由来となった「1815 アップ/ダウン」。パワーリザーブとスモールセコンドが対象に並んだデザインはランゲ&ゾーネの懐中時計でも根強い人気のデザインを引き継いだ歴史を感じるクラシカルなモデルです。
ランゲ&ゾーネ サクソニア アニュアルカレンダー 330.026E(LS3303AP)■ケース:ホワイトゴールド
■ムーブメント:自動巻き/Self-Winding
■サイズ:直径38.5mm (リューズ含まず)
ビッグデイト、ムーンフェイズ、月・曜日表示を組み込んだアニュアルカレンダー搭載モデルです。ムーンフェイズは計算上「122年に一度」だけ、1日分の誤差を修正する必要が生じるという極めて高精度なものです。
ランゲ&ゾーネ 1815 ムーンフェイズ 212.050(LS2126AA)■ケース:ハニーカラーゴールド
■ムーブメント:手巻き/Hand-Winding
■サイズ:直径 37.4mm (リューズ含まず)
F.A.ランゲ オマージュ コレクション 世界265本限定モデルです。ランゲが新たに開発した「ハニーカラーゴールド」と呼ばれる新種のソリッドゴールド素材を採用しています。こちらのモデルに搭載されるムーンフェイズは、1058年に一日だけの誤差という驚きの高精度です。   カルティエは創業以来『王の宝石商 宝石商の王』と呼ばれ、貴族などに愛される高級ジュエラーとして名を馳せ世界的に注目を集める超一流ブランドです。美しさに強いこだわりを持つカルティエの時計は、数多くのモデルにブルースティールが採用されています。その種類の豊富さは時計界トップといえるでしょう。
カルティエ タンクアメリカン クロノグラフ W2609456■ケース:ホワイトゴールド
■ムーブメント:自動巻き/Self-Winding
■サイズ:縦 52.0mm × 横 31.0mm
1930年代にカルティエのニューヨーク店が生み出したと言われているタンクアメリカン。縦に伸びたスクエアケースが特徴で、他のタンクシリーズとは一線を画す独特なデザインが人気のモデルです。
カルティエ タンクアビス LM CPCP W1529451■ケース:イエローゴールド
■ムーブメント:手巻き/Hand-Winding
■サイズ:縦 38.0mm × 横 30.0mm
タンクアビスはベゼルに施されたビスモチーフと、丸みを帯びたスクエアケースが特徴のドレスウォッチ。ジュエラーが作るスタイリッシュな腕時計というパブリックイメージを良い意味で覆してくれたコレクションです。
カルティエ トーチュ LM CPCP W1531851■ケース:イエローゴールド
■ムーブメント:手巻き/Hand-Winding
■サイズ:縦 43.0mm × 横 34.0mm
1920年代にはカルティエの代表作の一つとなった“トーチュ”。1912年に創作されてから続くアヴァンギャルドなスタイルを持ったこの時計は、カルティエの美に対するこだわりが最も強く表現されたモデルのひとつです。   IWCのブルースティールモデルは数こそ多くはありませんが、搭載モデルは非常に人気が高いです。特にポルトギーゼクロノグラフは当店のIWCにおける人気No.1に輝いています。
IWC ポルトギーゼ クロノグラフ IW371446■ケース:ステンレススティール
■ムーブメント:自動巻き/Self-Winding
■サイズ:直径 40.9mm (リューズ含まず)
現在のIWCを代表するコレクション”ポルトギーゼ”。通称「青針」と呼ばれているコチラのモデルはスッキリとしたシルバー文字盤に、ブルーの針とアラビアインデックスが美しい人気モデルです。
IWC ポルトギーゼ オートマティック IW500705 ■ケース:ステンレススティール
■ムーブメント:自動巻き/Self-Winding
■サイズ:直径 42.3mm (リューズ含まず)
2015年新作モデルは新たに開発されたキャリバー52000を搭載したモデルです。IWC特有のペラトン自動巻き機構に改良が加えられ、巻き上げ爪、ローター軸受にセラミックを採用いたしました。IWCでは珍しい横目クロノグラフという点もポイント。
IWC ロマーナ パーペチュアルカレンダー 2050■ケース:イエローゴールド
■ムーブメント:手巻き/Hand-Winding
■サイズ:直径 36.0mm (リューズ含まず)
シンプルでクラシカルなIWCのパーペチュアルカレンダー。流通量が少なく、珍しい手巻きの永久カレンダーということもあり非常に人気の高いコレクターズアイテムです。小ぶりのコンプリケーションモデルをお探しの方にオススメ。   卓越したデザインセンスに類まれなる技術を併せ持ち、奇想天外な機構の発明により時計業界にセンセーションを与えてきたフランクミュラー。フラグシップモデルであるトノーカーベックスやロングアイランド中心に、ブルースティールモデルが数多くラインナップされています。
フランクミュラー トノーカーベックス 2852 S6 5N■ケース:ローズゴールド
■ムーブメント:自動巻き/Self-Winding
■サイズ:縦 43.0mm × 横 31.0mm
ローズゴールドのケースと、シンプルな明るめのシルバー文字盤がシックでお洒落な印象を与える『トノーカーベックス』。独自の3次曲線による立体的なケースは、3時、6時、9時、12時、どの位置をとってもラインが湾曲しています。
フランクミュラー ワールドワイド ヨーロッパ 5850WW 5N■ケース:ローズゴールド
■ムーブメント:自動巻き/Self-Winding
■サイズ:縦 45.0mm × 横 32.0mm
ギョーシェ彫りのシルバー文字盤にクロワゾネ技法によるヨーロッパ大陸が描かれているのが特徴の一本。職人が1本1本手作業で行うため生産数も少なく非常に希少なモデルです。 また、GMT機能が搭載されており実用性にも優れています。
フランクミュラー ロングアイランド デイト 1150SC DT OAC■ケース:ステンレススティール
■ムーブメント:自動巻き/Self-Winding
■サイズ:縦 45.0mm × 横 32.5mm
フランクミュラーの豊富なコレクションの中でも、高い人気を誇るレクタンギュラーケースのロングアイランド。ダイヤル全面に広がるビザン数字やスペード型の時針など、1900年代初頭に一世を風靡したアールデコを髣髴とさせるクラシカルなデザインが特徴的です。   出典:https://www.facebook.com/pg/montblanc/photos/モンブランのフラグシップモデルであるスターコレクションは多くのモデルでブルースティールが採用されています。価格も30万円以下で購入できるものが多く、青針の時計をお探しの方にオススメのコレクションです。
モンブラン スター カンティエーム コンプリート 108736■ケース:ステンレススティール
■ムーブメント:自動巻き/Self-Winding
■サイズ:直径 42.0mm (リューズ含まず)
高級万年筆を筆頭に筆記具のトップクリエイターとして世代を超えて有名なブランドMontblanc(モンブラン)。こちらはトリプルカレンダーとムーンフェイズを備えた高機能モデルです。自身へのご褒美、プレゼントやギフトにもおすすめです。
モンブラン スター ローマン スモールセコンド オートマティック 111881■ケース:ステンレススティール
■ムーブメント:自動巻き/Self-Winding
■サイズ:直径 39.0mm (リューズ含まず)
センターにギョーシェが施されたシルバーダイアル、ローマンインデックスとブルースティールが落ち着いた趣の“スター ローマン”。スモールセコンド針のロゴマークがオシャレなモデルです。
モンブラン スターデイト オートマティック 107315■ケース:ステンレススティール
■ムーブメント:自動巻き/Self-Winding
■サイズ:直径 39.0mm (リューズ含まず)
39mmケースにシックなブラウンアリゲーターベルトを組み合わせたモンブランスターデイト。モンブランらしい、上品で気品あふれるデザインです。星の形をしたブルースティールはとても可愛らしく、女性にもオススメできます。   バウハウス調のシンプルなデザインと、リーズナブルな価格帯でありながら自社開発ムーブメントを搭載していることがノモスの特徴です。ノモスのコレクションには幅広くブルースティールが採用されており、上品な雰囲気を演出しています。
ノモス タンジェント デイト TN1B1W2L(130)■ケース:ステンレススティール
■ムーブメント:手巻き/Hand-Winding
■サイズ:直径 38.0mm (リューズ含まず)
ドイツ国内で数々のデザイン賞を受賞してきたデザイン性が魅力のノモス。38mmケースに手巻きムーブメントを搭載した“タンジェント”はシンプルな3針と6時位置にカレンダーを備えたフラグシップモデルです。
ノモス ラドウィグ38 LD1A2W238(234)■ケース:ステンレススティール
■ムーブメント:手巻き/Hand-Winding
■サイズ:直径 38.0mm (リューズ含まず)
タンジェントとは異なり、クラシカルなローマンインデックスを特徴とするラドウィグもノモスの人気コレクションです。シースルーバックからはノモス自社開発手巻キャリバー“α(アルファ)”を搭載を覗くことができます。
ノモス オリオン OR1A3GW2(309)■ケース:ステンレススティール
■ムーブメント:手巻き/Hand-Winding
■サイズ:直径 35.0mm (リューズ含まず)
シンプルなノモスのデザインをさらに際立たせるバーインデックスを採用したオリオン。ブルースティールの存在感はノモスのコレクションの中でも1番といえるのではないでしょうか。   レベルソは1931年に「ポロ」というスポーツの競技中に、衝撃に耐えうる腕時計を作ってほしいという要望から、ケースを180度回転させて文字盤を保護するというアイデアによって誕生しました。様々な文字盤バリエーションが存在しますが、半分以上のモデルにブルースティールが採用されています。
ジャガールクルト レベルソ デュオ ナイト&デイ 270.8.54■ケース:ステンレススティール/
■ムーブメント:手巻き/Hand-Winding
■サイズ:縦 42.0mm × 横 27.5mm
ラテン語で「回転させる」という意味を持つ“レベルソ”。レクタンギュラー(長方形)にこだわった角型ムーブメントは、世界に唯一ジャガー・ルクルトだけが専用かつオリジナルを追及し開発を続けています。
ジャガールクルト レベルソ グランドデイト Q3008120(240.8.15)■ケース:ステンレススティール/
■ムーブメント:手巻き/Hand-Winding
■サイズ:縦 46.5mm × 横 29.0mm
レベルソは1930年頃、貴族の間で盛んだったポロ競技で運動中の衝撃からガラスとダイヤルを保護する目的で考案された時計です。裏側はシースルーとなっており、精巧なムーブメントをご覧いただけます。
ジャガールクルト レベルソ・トリビュート・デュオ Q3908420■ケース:ステンレススティール/
■ムーブメント:手巻き/Hand-Winding
■サイズ:縦 42.9mm × 横 25.5mm
レベルソの2016年新作モデル、ケースを3時側にスライドさせることで、明るいシルバーダイヤルから深いブルーの時計に変身し、異なる表情を見せます。反対側のダイヤルを第2時間帯として使うもよし、気分や服装に合わせて切り替えを楽しむもよしと、持ち主次第で使い方の広がる1本です。   レギュラーラインナップとしてはブルースティールを採用していないブランドも、限定モデルや一部のモデルだけにブルースティールを採用している場合があります。どのモデルもクラシカルなデザインとなっていることが多く、落ち着いた高級感を求める方にピッタリな時計ばかりです。
グランドセイコー 9Sオートマチック SBGR041■ケース:ブライトチタン
■ムーブメント:自動巻き/Self-Winding
■サイズ:直径 37.0mm (リューズ含まず)
2009年に日本橋三越限定で販売されたモデルがコチラ。グランドセイコーがその信頼性を世界に誇る9S自動巻きムーブメントを搭載。軽量かつ耐傷・耐食性高いブライトチタン製ケースが採用された実用的なモデルです。
オメガ デ・ヴィル プレステージ コーアクシャル 424.13.40.20.02.003■ケース:ステンレススティール
■ムーブメント:自動巻き/Self-Winding
■サイズ:直径 39.5mm (リューズ含まず)
1967年に登場して以来、クラシカルでエレガントなデザインが多くの愛好家を惹きつけている「デ・ヴィル」シリーズ。新モデルはインデックスや針はブルーに統一され、3時位置には日付表示を備えています。
フランソワ ポール ジュルヌ クロノメーター スヴラン F.P.JOURNE■ケース:ローズゴールド
■ムーブメント:手巻き/Hand-Winding
■サイズ:直径 38.0mm (リューズ含まず)
手巻き(Cal.1304)18Kローズゴールドムーブメントを搭載したF.P.JOURNEの傑作です。オフセンターに配置されたインデックスや細かいギョーシェ彫りを施した文字盤などF.P.JOURNEの魅力が凝縮されています。
タグホイヤー カレラ ヘリテージ キャリバー16 CAS2111.BA0730■ケース:ステンレススティール
■ムーブメント:自動巻き/Self-Winding
■サイズ:直径 41.0mm (リューズ含まず)
フリンケ装飾をあしらったシルバーダイアルに3つのサブカウンターを配し、ムーブメントに自動巻きCal.16を搭載したモデルです。現代のタグホイヤでは珍しいブルースティールを採用しています。
エルメス アルソー AR5.710■ケース:ステンレススティール
■ムーブメント:クォーツ/Quartz
■サイズ:直径 38.0mm (リューズ含まず)
「鐙(あぶみ)」という意味をもつ“アルソー”コレクション。あぶみからインスピレーションを受けた尾錠とラグのデザインが特徴的です。こちらはホワイトフェイスにブルースティールがよく映えた、クリーンでフレッシュなデザインに仕上がっています。
クロノスイス オレア CH1161R■ケース:ローズゴールド
■ムーブメント:手巻き/Hand-Winding
■サイズ:直径 36.0mm (リューズ含まず)
クロノスイス“オレア”はスイスヴィンテージの遺伝子を持つドイツ生まれの美麗な腕時計です。文字盤にはエナメルを採用。製造過程でとても手間がかかる為、高級モデルにしか採用されない贅沢な仕様です。
ロジェデュブイ オマージュ クラシック H37 57 0 3.63/74■ケース:ホワイトゴールド
■ムーブメント:自動巻き/Self-Winding
■サイズ:直径 37.0mm (リューズ含まず)
1930年代のケース・デザインからインスピレーションを受けて創作された“オマージュ”コレクション。ムーブメントにはフランス国立ブザンソン天文台による精度検査に合格し、ジュネーブ・シールを取得した手巻き“RD57”を搭載しています。
ユリスナルダン マリンクロノメーター1846 266-22■ケース:ローズゴールド
■ムーブメント:自動巻き/Self-Winding
■サイズ:直径 38.0mm (リューズ含まず)
ダイアルに熟練のエナメル職人が手がけたホワイトのグラン・フー・エナメル・ ダイアルを備えた希少性の高い一本。航海用クロノメーターをそのまま腕時計サイズに縮小したデザインが特徴です。
ボーム&メルシエ クラシマ エグゼクティブ MOA08688■ケース:ステンレススティール
■ムーブメント:自動巻き/Self-Winding
■サイズ:直径 42.0mm (リューズ含まず)
ボーム&メルシエの中核を担うコレクション“クラシマ”。こちらのクラシマは42mmのステンレスケースを採用。ダイアルセンターにギョーシェ、12時位置をスケルトンにし個性を表現しています。ブルースティールの針がエレガントな雰囲気をより演出しています
ジラールペルゴ 1966 スモールセコンド 49534-53-711-BK6A■ケース:ホワイトゴールド
■ムーブメント:自動巻き/Self-Winding
■サイズ:直径 40.0mm (リューズ含まず)
シンプルなスモールセコンドの3針モデルです。ホワイトゴールドを素材に使用し、エナメルのホワイトダイアル、ブルースティール針、ブレゲスーパーコピー数字インデックス、レイルウェイ分目盛など、シンプルで上品な大人の時計と言えるでしょう。
パテックフィリップ アニュアルカレンダー 5396R-001■ケース:ローズゴールド
■ムーブメント:自動巻き/Self-Winding
■サイズ:直径 38.0mm (リューズ含まず)
ローズゴールドのケースに自動巻きムーブメントCal.324S.QA.LU 24Hを搭載したアニュアルカレンダー ムーンフェイズです。搭載している年次カレンダーは毎年3月1日に日付修正をするだけで、あとは日付を修正する必要がありません。
ロレックス デイトナ 116506 パヴェダイヤダイアル■ケース:プラチナ
■ムーブメント:自動巻き/Self-Winding
■サイズ:直径 40.0mm (リューズ含まず)
ケースとブレスレットの素材にプラチナを使用し、インダイアルとインデックスを除くほぼ全面にダイヤモンドをパヴェセッティングした贅の限りをつくした“デイトナ”。定価9,720,000円の高級感は凄まじい限り。 今回紹介したモデルはブルースティール搭載モデルのごく一部です。時計の世界にはまだまだ「青く美しい輝き」を放つモデルが数多く存在します。是非、あなたも青針時計を手に取ってみてはいかがでしょうか?クラシカルな魅力を持つブルースティール針は、きっとあなたを引き立ててくれることでしょう。 

50代以上の男性にお勧めしたい高級腕時計7選

男性としての魅力が成熟する50代。スーツやカバン、服、靴、財布など、持ち物に大きな様変わりを見せる時期だと思います。 今まで着ていた服が似合わなくなった・・。自分の社会的地位に見合うものがほしい・・。 50代の方にとって「外見を整える」のは、マナー以前のこと。服装や持ち物にお金をかけ、良いものを使用するということは、社会的なコミュニケーションを重視している表れでもあります。 身だしなみを意識する中で、最も個性を演出しやすいファッションアイテムの一つに「腕時計」が挙げられます。
その人自身のセンスや人柄、ともすればステータスをも表す腕時計。いったい、50代以上の方々は、どんな腕時計を身に着けているのでしょうか? そこで今回は、東京・銀座にある高級腕時計専門店GINZA RASINのスタッフが、50代以上の男性におすすめしたい腕時計を7つピックアップしました。いろいろな経験を乗り越えてこられた本物の男にこそふさわしい時計です。20代、30代の頃から使っているタグホイヤーやオメガ、40代で購入したブライトリングやIWCもいいけれど、「50代以上の男性にしか似合わない本物の腕時計」をぜひご覧になってください。 目次時計の王様ロレックス。
その圧倒的なまでの知名度とステータス性は、年代問わず常に男の憧れであり、人気ブランドの定番であり続けてきました。多くのコレクションを持つロレックスですが、50代男性に見合うロレックスはどれなのか?シンプルなエクスプローラーIか、さわやかなサブマリーナ、クロノグラフの王者と呼ばれるデイトナ・・。様々な選択肢がありますが、私がお勧めしたいのはデイデイトです。 デイデイトはロレックスのハイエンドラインとして1956年に発表されました。
日付・曜日表示機能が搭載された実用的なモデルながら、全ての素材にゴールドやプラチナが採用されるというゴージャスなコレクションです。ロレックスのメンズモデルはオイスターブレスが一般的ですが、プレジデントブレスを備えていることも高級感に一役買います。
ロレックスの最高級モデルであり、「富と成功のシンボル」とも言われています。ゴールドやプラチナは一過性の人気に左右されない安定した資産価値があることもポイントです。 プラチナ製デイデイト118296 /ホワイトゴールド製デイデイト118239 イエローゴールド製デイデイト118238 /エバーローズゴールド製デイデイト118135 もちろんロレックスらしく、腕時計としての性能・機能もトップレベル。
クロノメーター認定の自社製自動巻きムーブメントCal.3155を搭載しており、精度・性能ともに非常に優れております。現行モデルのケースサイズは36mmか40mm。
文字盤のデザインバリエーションが豊富ですので、とびきりゴージャスなものを選ぶもよし、シックなモデルを選ぶのもよしです。デイデイトはロレックスきってのハイエンドだけあり有名人の愛用者も多く、梅沢富美男さんなど脂ののりきった50代以上の男性に愛用されています。ここぞと言う時の大切なビジネスシーンのみならずフォーマルシーンにもマッチする、まさに大人の腕時計の象徴のような存在です。 ロレックス デイデイト 商品一覧関連記事成功者が身に着ける時計『ロレックス デイデイト』 かつて「おじさんの腕時計」なんて言われていたグランドセイコー。
実は根強い時計ファンが多いブランドで、「時計はグランドセイコーでなくてはならない!」といった方も多いです。2017年、母体となるセイコーから独立し、メンズのみならずレディースを含む購入層の拡大や海外市場への積極的な事業展開を着々と進めています。
実際、メイドインジャパンの安心感も相まって、海外での評価も上々。スプリングドライブ SBGA299 /9S メカニカル SBGR259 ロレックス デイデイトとは異なり華美な装飾はありません。「最高の普通」というコンセプトがあるため、ぱっと見はシンプルな外観が目につきます。持ち味は、なんといってもその品質。その普遍性高いケースにはグランドセイコーのデザインアイデンティティでもある「ザラツ研磨」という下地処理が施されています。
これによって歪みのないフォルム、美しい質感、そして丁寧な鏡面仕上げとマッチして、高級腕時計らしい立体感を醸し出しているのです。普遍的な外観とはうらはらに、内臓されるムーブメントは唯一無二。
ラインナップは基本的に三種類で、スイス・クロノメーター規格よりも高い精度基準をクリアした「メカニカルムーブメント」、機械式時計の常識を覆した「スプリングドライブ」、そしてクォーツを超えるクォーツと名高い「クォーツムーブメント」となりますが、いずれも時計本来に求められる価値を極限まで追求しているのです。まさに実用時計としての極致。出典:https://www.grand-seiko.com/jp-ja/ 50代以上メンズの方が身に着ける腕時計だと、薄型でドレッシー、革ベルトタイプのものが多いかもしれません。
グランドセイコーのオーソドックスなデザインもいいですが、クロノグラフ搭載機などのスポーティーモデルでも高い作りこみが見られるため、決して見劣りはしません。華美な装飾や主張はない。
黙々と、しかし着実に自分の道を歩む、そんな大人の顔をのぞかせるブランドです。クォーツは比較的手に入れやすい価格帯のモデルも多いので、日常使いできる高級時計をお探しの方におすすめです。 グランドセイコー 商品一覧関連記事地味?質実剛健?グランドセイコーの世界を語る 出典:https://www.patek.com/en/home 人気や知名度はロレックスがナンバーワンですが、伝統、風格、圧巻のステータスといえば、パテックフィリップに追随できるブランドはありません。オーデマピゲ、ヴァシュロンコンスタンタンと並んで世界三大腕時計ブランドに数え上げられますが、パテックフィリップの凄さはその中でさらに郡を抜いているのです。50代ともなると経営者や会社役員に就く方もいらっしゃるかと思いますが、そんな方々の風格に呼応できるシリーズがカラトラバ。スポーツモデルのノーチラスもいいけれど、パテックフィリップの伝統とステータスを象徴する存在としてカラトラバはワンステップ上の位置づけにあります。初出の1932年から80年以上の歴史の中で多くの名作を生みだしてきましたが、初代から基本デザインは変わりません。カラトラバのファーストモデルのRef.96は「機能がフォルムを決定する」「シンプルこそ美しい」といったドイツのバウハウス哲学のもとに製造されており、わかりやすい華美さはありません。しかし視認性高い文字盤に配されたバーインデックスにドフィーヌ針、流麗なケースラインとラグなど、全てが完璧なバランスで造形されました。その意匠を連綿と受け継ぎ、「世界の丸形時計の規範」「永遠のクラシック」と称されるに至ります。このエピソード自体が、もう若者では着けこなせない、大人の男性だけに許された魅力だと思います。実際、中古品でも100万円を超える価格帯のため、愛用者は40代以上がほとんど。5196R-001/5296R-010 パテックフィリップは年間製造本数が少なく、手に入りづらいモデルでもあります。しかしそれは同時に、資産価値が非常に高いことも意味します。
カラトラバに限らずパテックフィリップの腕時計というのは日用品ではなく「芸術品」「資産」としての側面が大きいもの。昨今のパテックフィリップ人気と合わせて、確実にプレミア価格をつけてきているのです。もし100万円以上のご予算がある方は、ぜひ一度カラトラバを手にとってみてください。
そのどこまでも端正な顔と威厳溢れる意匠に引き込まれることでしょう。 パテックフィリップ カラトラバ 商品一覧 ムーブメントの評価は時計業界随一といっても過言ではないジャガールクルト。
海外では質の良い高級時計として定番であり、時計愛好家やコレクターをはじめ、時計にお詳しい方からの支持が厚いブランドです。理由としてはやはり時計本来の価値が大きく出るムーブメントに拠るところが大きいのではないでしょうか。
ジャガールクルトは「マスター1000アワーズコントロール」という独自規格のもと、ムーブメントを中心に1000時間にもわたって耐久性、耐水性、耐磁性等検査を経た腕時計のみ商品化しているのです。その検査を最初に実施したとしてシリーズ名にちなんだのが「マスター」。正統派のフォルムを有し、かつブランド理念であるムーブメントへの情熱を象徴するマスターコレクションはジャガールクルトを語るうえで欠かせないフラグシップなのです。ジャガールクルトの、高い技術を証明するようなメンズマスターモデルをいくつかご紹介いたします。トリプルカレンダー、ムーンフェイズ、パワーリザーブを備えたQ151842F(147.8.41.S)。複雑機構を搭載したムーブメントの信頼性の高さもさることながら、絶妙な文字盤デザインで視認性の邪魔をしません。パワーリザーブ表示(リザーブ・ド・マルシェ)とポインターデイトを搭載した“マスター ウルトラスリムQ1378420(176.8.38.S)。自動巻きでありながら、ケースの厚みは10mmに満たないスタイリッシュな一本。秘訣はやはりムーブメントにあり、緻密な設計と高度な技術により、この薄さを実現しています。 価格帯は今回ご紹介したブランドの中ではリーズナブルですが、上品なフォルムや絶妙な文字盤デザインは高級感抜群です。 ジャガールクルト マスター 商品一覧  時計の歴史を200年早めたといわれるアブラアム=ルイ・ブレゲスーパーコピーに端を発するブランド「ブレゲスーパーコピー」。ブレゲスーパーコピーの時計が持つ数々の逸話や愛用した歴史的人物、それを背負うだけの威厳ある美しさ、そして他ブランドには真似できない品格はとにかく「凄い」の一言です。正統派の美しさを持つ「クラシック」シリーズも抜群の存在感を持ちますが、50代男性にお勧めしたいのはスポーティーで現代的な「マリーン」です。 マリーンはフランス海軍御用達の時計で、マリンクロノメーター(航海用精密時計)からヒントを得た伝統的なシリーズです。
しかし堅牢なケース、リューズプロテクター、またそれらを引き立てるスタイリングや仕上げなどが、今をときめく現代ウォッチと遜色ないデザイン性を有しているのです。まさにエレガントとスポーティーのハーモニー。マリーンはいくつかの系譜を経ていますが、基本スタイルは変わりません。
特に海を彷彿とさせる文字盤の波型ギョーシェやケースサイドのコインエッジは、素晴らしいの一語につきます。反面、ラバーベルトを採用する、スポーツモデルらしくタフな作りこみをする、など数々の新境地に踏み込むシリーズでもあります。ブレゲスーパーコピー マリーンII ラージデイト 5817BE/Z2/5V8 /5817ST/Y2/5V8 ブレゲスーパーコピーもまた個体数が少なく、入手困難なブランドの一つ。
高額なこともあり、購入される方は年配の方が多いです。また、今まで何本も高級時計を所有してきた時計上級者の方が多く愛用されています。様々なバリエーションを持ち、人気が高いのはローズゴールドまたはステンレスモデル。
文字盤の色は黒、シルバー、ブラウン、スケルトンなど多彩です。時計専門店でもあまり見かけることのないモデルですので、見つけた時が買い時です。 ブレゲスーパーコピー マリーン 商品一覧関連記事ブレゲスーパーコピーって本当に凄いの?と思って調べたら凄かった! パテックフィリップやブレゲスーパーコピー同様、ある程度の年齢を超えた男性にしか似合わない時計というのはやはりあります。その一つとして挙げられるのはランゲ&ゾーネ。
ドイツきっての名門ブランドで、堅実な技法と考え抜かれた独創的かつ端正なデザインから、唯一パテックフィリップに追随できるブランドという評価を受けています。ランゲ1がもっとも有名なコレクションですが、今回お勧めしたいのはレクタンギュラーケースが特徴的な「カバレット」です。
ステータスシンボルとなる腕時計が欲しいけど、でも遊び心も大切にしたい。
人と似たような時計は欲しくない。そんなおしゃれな大人の男性にうってつけのシリーズです。存在感あるフォルムながら、やや湾曲したケースが腕になじみ、高級時計らしい風格ある佇まいを見せます。
それもそのはず、カバレットにはケース形状に合わせた専用ムーブメントが搭載されており、ムーブメントの大きさにケースを無理やり合わせることなく、自然な流れのドレスウォッチとして仕上げることを可能にしているのです。奇抜なデザインや派手なマーケティング戦略に頼らず、人気ブランドであることに固執せず、ただひたすらものづくりに打ち込んできたランゲ&ゾーネらしいシリーズです。ヴァシュロンコンスタンタンやカルティエ、ゼニスなどにも見られるビッグデイトの先駆けとなった同社らしく、絶妙な位置づけにデイト窓があるのもいいですね。 107.021/107.031 ランゲ&ゾーネはすべての時計を手作業で製造しているため年間生産本数が非常に少なく、国内在庫は常に品薄です。中古品でも価格は100万円をゆうに超えます。ランゲ1やサクソニアもまた素晴らしい時計だとわかっている、でもカバレットだけが持つ魅力に惹かれた・・・生産終了からかなり日が経っているにもかかわらずそんな声が聞こえるのは、それだけカバレットが銘品だから。ドイツブランドらしく品質の良さもまた一級品のため、自分から子どもへ、そしてその孫へ・・・
家宝のようにいつまでも継承していける腕時計でもあります。 ランゲ&ゾーネ 商品一覧 出典:https://www.instagram.com/vacheronconstantin/ 50代以上の男性に最も似合うドレスウォッチを挙げるとしたら、デイデイトやカラトラバ、ブレゲスーパーコピーのクラシック・・・
意見は分かれますが、私はヴァシュロンコンスタンタンのパトリモニーを提案させていただきたいです。パテックフィリップと並んで世界三大時計に名を連ねるヴァシュロンコンスタンタンの、最高級ドレスウォッチラインとして名を馳せるシリーズです。もちろんオーヴァーシーズほどのメインストリームではありませんが、パトリモニーは250年以上もの歴史を誇るヴァシュロンの伝統を強く受け継いだ正統派コレクションなのです。2針、または3針のシンプルなクラシカルデザインに加え、無駄のない調和のとれたプロポーション。デザインコンセプトは1957年に手がけていた伝統的なドレスウォッチのリバイバルです。出典:http://www.vacheron-constantin.com/jp/クラシカルでシンプルな見た目から、パトリモニーは古くから存在する伝統的コレクションのように見えますが、初出2004年と割と最近のモデル。そのためデザインはクラシカルながら、内臓されるムーブメントや細部は最先端技術が駆使されているという、温故知新の極致のような存在です。よくカラトラバと購入を迷われる方もいらっしゃいますが、パトリモニーはケースサイズ40mm前後とカラトラバよりボリューミー。そんなところにも現代テイストが見てとれます。もちろん雲上ブランドのため高価格帯にはなりますが、カラトラバより比較的手に入れやすく、中古の値段が抑えられることは事実です。また、今流行りのスケルトンタイプを始め直径36mmのスモールモデル、薄型のエクストラフラット、レトログラードやムーンフェイズ、永久カレンダーを搭載したコンプリケーションなど、多彩なラインナップで展開していることも特徴的。パトリモニーの王道・トラディショナル 43075/000R-9737厚み僅か8mmのピンクゴールドケースに、完全自社開発の自動巻きCal.1120を搭載しています。 美術工芸品のようなパトリモニー 43178/000G-9393。ドレスウォッチの最高峰のうちの一つに挙げられる理由は、内外ともに息を呑むような設計、デザイン、装飾がなされていること。自動巻きで7mmに満たない超薄型ムーブメントを搭載しています。 ただのシンプルに落ち着かない、実は老舗の独創性とチャレンジ精神に溢れたコレクションなのです。ちなみにヴァシュロンコンスタンタンは1755年創業と、実は260年以上途切れることのない世界最古のブランドです。
そのエピソードは会社を経営されている方々などから非常に好まれており、50代以上の男性にとっては最も思いを入れやすい一本ではないでしょうか。 ヴァシュロンコンスタンタン パトリモニー 商品一覧関連記事時計愛好家を魅了するヴァシュロンコンスタンタン パトリモニーの存在 若者には出せない大人の魅力を備えるのは50代から・・・
そんな方々にぴったりな、内外ともに成熟した時計をセレクト致しました。いずれも生涯のパートナーとして一生使い続けられるものばかりです。
ご自身に合ったベストの一本に出会えますように。 関連記事40代男性にお勧めしたい高級腕時計6選経営者、会社役員など社会的地位の高い方にお勧めしたい高級腕時計7選100年後に家宝になる腕時計6選腕時計業界9年目。私が本気で欲しいと思った3つの時計~ブレゲスーパーコピー マリーン2、ヴァシュロン、ランゲ&ゾーネ~

インドネシアの秘境で極上バカンス「アヤナ コモドリゾート ワエチチュビーチ」2018年夏オープン

島の自然に溶け込む五つ星ホテル

バリ島を筆頭としたインドネシアの島々は、クリスタルブルーのインド洋に浮かぶこの世の楽園。その中でも手付かずの自然美、ドラマチックな景観の残るインドネシアの秘境フローレス島に2018年夏、待望のラグジュアリーリゾート「アヤナ コモドリゾート ワエチチュビーチ」がオープンします。

まだまだ日本での知名度が低いフローレス島は、目を見張る絶景と楽園ビーチが広がるまさに穴場。今回は、そんな注目度大のフローレス島とアヤナ コモドリゾート ワエチチュビーチの全貌を一足早くご紹介しましょう。

 

手付かずの自然が残る秘境フローレス島

 

手付かずの自然が残る秘境フローレス島

アヤナ コモドリゾート ワエチチュビーチがオープンする予定のフローレス島は、バリ島からも僅か45分のフライトで訪れることができる美しい島です。その他コモド島やリンチャ島などの島々と共に「コモド国立公園」に指定され、その自然美と独特の生態系ゆえユネスコ世界自然遺産にも登録されています。

人気の観光地バリ島も良いけれど、まだあまり知られていない穴場の楽園で極上のバカンスを過ごしたい、そんな欲張りトラベラーにとってまさにピッタリの場所と言えるでしょう。

 

多くのトラベラーを虜にするアヤナの魅力とは

 

アヤナ コモドリゾート ワエチチュビーチ

アヤナはバリとジャカルタに現在4つのホテルを展開するラグジュアリーホテルグループ。質の高いサービスや食事、立地を生かした優雅なホテルデザインなどで多くのトラベラーを魅了しています。今回オープンするアヤナ コモドリゾート ワエチチュビーチはこの地域唯一の5つ星ホテル。島の自然に溶け込むように造られたラグジュアリーなリゾートでは至極の滞在が約束されています。

 

ドラマチックな演出も

 

最上階ロビーバー

まずゲストは最上階のロビーへと通されます。絶景を臨むロビーバーで一息ついた後、ゲストルームへ降りてゆくという演出はアヤナならでは。

 

快適なゲストルーム

12のスイートルームと189のプレミアムゲストルームは秘境にありながら極上の滞在を約束する最新鋭の設備を備え、島の自然と調和する優しい色調が特徴です。

 

島旅も自在に クルーズ宿泊というかたち

 

クルーズ宿泊でアイランドホッピングも

中でも他に類を見ない滞在方法が「クルージングプラン」。桟橋に停泊するクルーズ船を利用し、クルーズを楽しみながら滞在することのできる特別なプランです。映画のワンシーンに登場するようなクラシックなグルーズ船に乗り込んで島々を自在に巡り、インド洋のドラマチックなサンセット、美しい朝焼けを体感すれば、忘れられない滞在となること間違いありません。

 

ゲストを飽きさせない絶品ダイニング

 

アジア料理を中心に各国料理を味わえるダイニング

グルメが充実していることでも有名なアヤナ コモドリゾート ワエチチュビーチでも各国の料理を味わえるため滞在中飽きることがありません。アジア料理を中心にバラエティーに富んだメニューを揃えるオールデイダイニングの他、本格的な和食も楽しめます。

ロマンチックな桟橋バー

中でもインド洋をバックにドラマチックなサンセットを眺められるビーチでのバーベキュー、海上に張り出す桟橋バー、最上階の絶景ロビーバーなどロケーションを巧みに利用した施設で様々なグルメを堪能できるのはアヤナらしい魅力といえるでしょう。

 

コモドの自然を味わい尽くすマリンアクティビティー

 

珊瑚の欠片が砂に混じるピンクビーチ

もちろん各種アクティビティーの充実度はいうまでもありません。ピンクの砂浜にクリスタルブルーの波が打ち寄せる「ピンクビーチ」など、周囲は世界中のダイバーを虜にするシュノーケリング・ダイビングスポットが無数に点在しています。穏やかな海で自然と一体化するサップ・ヨガ、フィッシング、泳げない方も楽しめるグラスボートや海中散歩の他、アイランドウエディングやサンセットツアーなどロマンチックなイベントも目白押しです。

 

世界最大のオオトカゲ「コモドドラゴン」を探す冒険へ

 

固有種コモドオオトカゲを探して

そして、忘れてはならないのが世界最大のトカゲ、「コモドオオトカゲ(通称コモドドラゴン)」の存在です。コモドオオトカゲは世界中にこの地域にしか存在しない貴重な固有種。彼らが生息するコモド島やリンチャ島は目と鼻の先です。他ではできない体験をしたいなら、ドラゴンの生息地へちょっぴりスリリングなプチ冒険を試してみては。ホテルからもドラゴンハントツアーが出ています。

 

ママにも嬉しいキッズフレンドリーな施設

近年アヤナが取り組んでいるのがラグジュアリーな一流ホテルでありながらファミリー層も楽しめるキッズフレンドリーな施設造り。アヤナ コモドリゾート ワエチチュビーチにも、子供が気兼ねなく楽しめるキッズクラブやキッズプール、シッターサービスが用意されています。海外の5つ星ホテルでのんびりリゾートを過ごしたいけれど子連れでは無理かも・・・そんな心配を払拭してくれる、ママ注目のホテルでもあるのです。

 

おわりに

さて、2018年夏にオープンを控えたアヤナ コモドリゾート ワエチチュビーチの全貌は如何だったでしょうか。インド洋に浮かぶ宝石のような美しい島々。手付かずの自然が残るインドネシアの秘境には滞在すべき魅力が溢れています。利益の一部はコモド国立公園自然保護プロジェクトの支援に使われ、自然環境を守るサステナブルな観光を目指しています。秘境好きからファミリー層、女子旅、カップルまで全ての層に至福の滞在を約束する「アヤナ コモドリゾート ワエチチュビーチ」。来夏はこの秘境リゾートで極上バカンスを楽しんでみてはいかがでしょう。

 

♦藤井麻未Instagram @mamfuj

元添乗員の旅ブログ “元添乗員の国外逃亡旅行記”

“Travel Blog by Mami F.”