来世でまた会おう

こんにちは!(。☌ᴗ☌。)みなさん「来世は何になろうかな~」って考えた事ありますよね???ちなみにブログタイトルはラルクです。私は今のところ来世なりたいものランキングを第三希望まで考えてあるので発表しますね。第三希望★地球外生命体第二希望★彼女と別れたばかりのイケメンに飼われるハムスター第一希望★ムキムキのマッチョです!!!!!!!ちなみに第一希望と第二希望の差は歴然です。圧倒的にムキムキのマッチョに生まれ変わりたいと思っております。「あいつに逆らったらヤベェよ…」みたいな見た目のムキムキマッチョになりたいと思っております!そこで、私が来世無事にムキムキのマッチョに生まれ変わる事ができたときに是非とも付けてやりたい時計を2本ご紹介します。ブレゲスーパーコピー マリーン ロイヤルアラーム 5847BR/Z2/5ZVハリーウィンストン オーシャンダイバー クロノグラフ OCEACH44RZ001(410/MCA44RZC.A) こちらの2本です!店内にある時計で最も強そうな時計を選びました。まず、最重要ポイントとして「圧倒的存在感」そう、目立ってナンボです。見せびらかす事が重要です。これが腕についていたらそれだけで威圧感満載。5ターンの間動けなくなります。つまり     って事です。男に生まれたからには強さを追い求めて欲しいものです。まぁ私の好きなタイプは色白で細くて風が吹いただけでふっ飛んでいきそうな儚い青年ですが。はやく来世にならないかな~~~~~
〒104-0061 東京都中央区銀座8-7-11
ソワレド銀座第2弥生ビル 1F

03-6252-3500

11:00~19:30 (日・祝日 ~19:00)

年中無休 (臨時休業は除く)  

パイロットウォッチ人気ランキングBEST11!

航空計器として、そして今や宇宙での使用を見据えて、日々進化を続けるパイロットウォッチ。
正確性や品質に加えて、パイロットを彷彿とさせる「カッコイイ」外観が魅力的な腕時計です。今回は東京 銀座の腕時計専門店GINZA RASINのスタッフが、2016-2017年の売上データをもとにパイロットウォッチをランキング形式でご紹介いたします。タフさ、視認性、カッコよさや機能的な特徴、シーンを選ばないデザイン性など、一口にパイロットウォッチと言ってもそのバリエーションは様々。ロレックス、ブライトリング、IWC、ブレゲスーパーコピー、ゼニス、ベル&ロスなど・・・たくさんのブランド腕時計の中から、ご自身のライフスタイルに合った一本を探し出してください。 100年以上の奥深い歴史を持ち、すべての時計がスイス人の時計職人によりスイスで作られているという、真のスイス製時計と言って過言ではない「オリス」。
奇をてらわず、実用性に徹した高品質・高機能の時計を創業から変わらず製造し続けてきました。このモデルのビッグクラウンも、その精度・性能の高さはもちろん、高度な技術を要するコンプリケーションやポインターデイト(ダイアル上に配された日付けの数字を、専用の針で指し示すカレンダー機構のこと)を搭載した多彩なバリエーションを展開。加えて、オリスはその歴史と品質の良さにもかかわらず、他の老舗高級ブランドと比べて非常にコストパフォーマンスに優れています。
20~30代の、初めて高級時計を視野に入れる若年層のエントリーモデルとしても高い人気を誇ります。 
ビッグクラウンは1938年の誕生以来、オリスのフラグシップとして、オリスの中で最多のモデル数を誇るシリーズです。
パイロットが操縦の際、グローブをつけたままでも操作しやすいようにと、大型のリューズを配しました。
オリス独自のリューズはビッグクラウンと呼ばれ、そこから名をちなむようです。こちらのモデルは、ギョーシェ加工が施されたダイアル、コインエッジのベゼルなど、高度な技術が必要とされるクラシカルなデザインが、おしゃれでラグジュアリーな外観です。ムーブメントには自社製のポインターデイト付き自動巻きCal.Oris Oris 754を搭載。裏蓋から赤いローターと精緻な意匠が鑑賞できます。パワーリザーブは約38時間、振動数はゼニスにも負けない28,800振動を誇ります。10気圧防水。 
Ref.751 7697 4164Mオリスのフラグシップモデル・ビッグクラウンの中でも、メンズに人気の高いブラックダイアルとステンレスブレスレットの組み合わせで、シーンを選ばず愛用できる一本です。41mmというオーソドックスなケース径や、3針・デイト表示のみのシンプルなダイアルも使いやすいです。ムーブメントには自社製自動巻きCal.Oris Oris 751を搭載。裏蓋から赤いローターと精緻な意匠が鑑賞できます。
パワーリザーブは約38時間、振動数はゼニスにも負けない28,800振動を誇ります。10気圧防水。 1991年、ジンの協力の下フランスのパリで創業したベル&ロス。
「形は機能に従う」というコンセプト通りのプロユースを誇り、戦闘機パイロットやダイバー、宇宙飛行士などが使用しています。
また、ミリタリーに偏るのではなくファッショナブルなデザインを持ち、かなり新しいブランドながら幅広い層から支持を集め老舗と引けを取らないほどの存在感を示してきました。中でもヴィンテージ BR123シリーズは、第二次世界大戦下の1940年代に実際に使用されていたパイロットウォッチがモチーフになっています。
パイロットウォッチは伝統を尊重したデザインのものが多いですが、ベル&ロスの人気は独創的で最先端のデザインを上手に融合させているところ。スモールセコンドを使用した3針モデルながらも、フランスで生まれた当ブランドらしいスタイリッシュな印象です。 海軍航空部隊オフィサーの制服がモチーフになったという当モデル。
2016年に発売され、ソレイエブルーのダイアルとゴールドプレートのアプライドインデックスがマッチした上品なカラーリングが特徴的。エクリュステッチ付きのブルーカーフストラップが、落ち着いた気品に一役買って、フォーマルなスタイルにもよく合います。ムーブメントには自動巻きBR-CAL.305を搭載。パワーリザーブは約40時間、100m防水。 
Ref.BRV123-GH-ST/SCAヘリテージ―遺産―を冠したこちらのモデル。アンティーク時計と1940年代、各国こぞって技術開発がなされた航空機にインスパイアされ誕生したと言います。
ドーム型風防、ゴールドがアクセントとなったブラックダイアル、そしてカーフストラップがヴィンテージ感満載。100m防水。 ムーブメントについて、ゼニスほど高品質で価格を抑えたものを供給する老舗ブランドはなかなかありません。
ゼニスはまだマニュファクチュールが一般的でなかった20世紀初頭からその生産ラインを確立していました。
名機エルプリメロなど、ムーブメントに名称をつけることからもその情熱が伺えます。そんなスイス屈指の老舗マニュファクチュラーとしてゼニスが展開するパイロットウォッチ タイプ20。
空との関わりは印象に薄い当ブランドですが、実はダイアル上にPILOTと表記できるのはゼニスだけ、というのはご存じでしょうか。外観はシンプルでベーシックに、しかしその内部は大変に精密な世界が。
機械式時計にしろパイロットウォッチにしろ、男の憧れとロマンが内在すると言えますが、まさにその双方を備えています。 Ref.03.1930.681/21.C7232012年の誕生以来人気を博すアエロネフ タイプ20。
フランス航空界のパイオニアと称されるルイ・ブレリオが使用していた、初期型パイロットウォッチをリメイクしたものです。
ルイが1909年、世界で初めてドーバー海峡横断飛行を成し遂げた際に手元に着けていたのがゼニスの時計とのこと。20世紀初頭のクラシカルな雰囲気とともに、パイロットウォッチの基本形である大きめのリューズや視認性の良いダイアルが特徴的です。ムーブメントには自社製Cal.エリート681を搭載、これは、ゼニスが誇る毎時28,800もの高い振動数を誇るものです。
5気圧防水。裏蓋にはドーバー海峡横断に成功したブレリオXI」のエングレーヴィングが施されています。 センターセコンドのシンプルな3針モデルながら、45mmとボリューミーなケースが特徴的。
ムーブメントには自社製Cal.3000を搭載、パワーリザーブは約42時間。10気圧防水。裏蓋にはゼニスの航空計器のエングレーヴィングがあしらわれ、なんとも味わい深い一本となっています。 20~30代の若年層を中心に高い人気を誇るハミルトン。
「映画界から愛されるブランド」という一面を持ち、『ダイ・ハード』を始めとするアクションから『さらば、ベルリン』の社会派作品など、400を超えるハリウッド映画に登場したことでも有名です。始まりは120年以上前に遡り、鉄道用時計メーカーとして名を博しました。
鉄道時計と航空時計の関わりは密接です。
どちらも高い耐磁性能を必要とし、「精度や信頼性」への怠りが大きな事故に繋がるためです。そんなハミルトン、1919年航空海上用時計がワシントンとニューヨーク間の航空郵便サービスに採用され、以来大手航空会社の公式ウォッチを担っていることは不思議ではありません。第二次大戦中、米軍御用達の軍用時計として活躍、そのDNAを頑丈でハイスペックなボディに引き継ぐカーキシリーズの中でも、パイロットウォッチであるアビエーションが持つストーリー性・機能はとりわけミリタリーテイスト溢れるもののように思います。  出典:https://www.hamiltonwatch.com/ja/collection/khaki/aviation/pilot-auto/h64715545-khaki-aviation-pilot-auto第二次世界大戦下の1940年代、実際に使用されていた空軍用時計をモチーフとしたモデル。
操縦桿から手を離さずに時刻を確認できるよう、視認性を追求した大型の46mmケースは、カッコいい存在感が抜群です。スーパールミノバ加工が施された大型針、分表示インデックス、3時位置のデイデイトなど、華美ではないもののパイロットに欠かせない基本機能を備えた、実用性高い一本です。 
Ref.H76714135/Ref.H76714335
出典:https://www.hamiltonwatch.com/ja/collection/khaki/aviation/worldtimer-chrono-quartz/h76714335-khaki-aviation-worldtimer-chrono-quartz
アエロバティック・パイロットとして世界に名を馳せる、ニコラス・イワノフとのコラボモデル。ワールドタイムとクロノグラフを搭載し、24のエリアの標準時のみならず協定世界時(UTC、ホームエリアとの時差)を知らせてくれます。ダイアル上の1~12のアラビアンインデックスはクロノグラフ切り替えで分表示となり、エアレースフリースタイルのペナルティタイムが始まる最初の4分間を黄色くマーキング。世界を股にかけて活躍するニコラスならではのアグレッシブなコラボモデルです。 『使うためだけの時計作り』
創業以来、上記の企業理念を誠実に守り抜いてきたジン。他の有名時計メーカーのような宣伝力はないものの、その技術は抜きんでています。ジンの正式名はドイツ語でジン スペツィアルウーレン ジン特殊時計会社。
独自の開発ノウハウを持ち、伝統的で精緻な職人技と革新性を一体化させることによって、身に着ける人が生涯信頼できる時計を製作し続けています。外観は、シンプルで洗練されたカッコよさが特徴。無駄な装飾は一切せず、視認性と実用性を追求したモデルがほとんどです。
実際に役立つ機能のみが搭載され、過酷な状況下でも信頼性を保証する豊富なシリーズが、一定のファンを獲得しています。 ジンの歴史は、1961年、ドイツ軍パイロットで飛行教官でもあったヘルムート・ジンがフランクフルトでパイロットウォッチを作り始めたことから幕を開けます。当初は航空機器に近い、視認性・機能性をとりわけ重視したプロユースのものでした。そんなジンの伝統的なパイロットウォッチの中でも、60年代にドイツ空軍クロノグラフとして制式採用されたモデル155の伝統を踏襲した103シリーズ。均整のとれたシンプルな美しさとジンの哲学を体現したかのような性能が、とりわけ高い人気を誇ります。耐久性高いステンレス製ケースやねじ込み式リューズ、サファイアクリスタルの風防など、必要最小限のスペックを突き詰めながらも、定価30万円台~と、コストパフォーマンス面で非常に優れたモデルです。あまりゴツイ外観のパイロットウォッチはちょっと・・・という方に試していただきたい逸品です。
ムーブメントはETA社のCal.Valjoux7750を搭載、パワーリザーブは約42時間。20気圧防水。 
出典:https://www.sinn-japan.jp/103-6.htmlジン社独自の技術であり、長い年月と心血が注がれて開発されたディアパル。
ディアパルとは、潤滑油なしでも摩擦の起こらない素材を組み合わせ、ムーブメントの耐久性とともに、オーバーホールのインターバルを通常の約二倍へと伸ばしたシステム。オイルの使えない真空状況下でのNASAの技術を応用したものです。ムーブメントはCal.Valjoux7750を搭載、パワーリザーブは約42時間。20気圧防水。 時計界の雲上ブランドとして君臨するブレゲスーパーコピー。
「時計の歴史を200年早めた」と名高い天才時計師アブラアン=ルイ・ブレゲスーパーコピーを創始者とし、高度な技術力と気品溢れる美しさは他のブランドとは一線を画す超高級時計メーカーです。そんなブレゲスーパーコピーが展開する唯一のパイロットウォッチが、アエロナバル。
正式名称はタイプXX(トゥエンティ―) アエロナバルですが、ルーツは海軍航空隊にあります。フランス海軍航空部隊のために1950年代に設計された「タイプXX」が、手巻きから自動巻きムーブメント搭載の民間用時計として現代に復刻したのです。
パイロットウォッチの代表的機能であるフライバッククロノグラフムーブメントもそのまま復活。ブレゲスーパーコピーらしいクラシックなデザインと高い視認性、そして上品なディテールとは裏腹に日常使いに耐えうるタフさも備えているため、オンオフを問わず活躍してくれる、ブレゲスーパーコピーのラインナップの中でもオールマイティーなモデルです。 現行モデルで、1950年代のモデルを復刻したパイロットウォッチ アエロナバル。
ブランドのネームバリュー、クロノグラフという人気機能、そして高い技術が詰め込まれたアエロナバルは、100万円超クラスであることが頷ける超高級時計です。他のパイロットウォッチと比較して上品さがあるところがブレゲスーパーコピーならでは。
39mmというオーソドックスなケース径には美しいコインエッジが丁寧に施されています。また、ブレゲスーパーコピー針や1950年代当時のレマニア製フライバッククロノグラフムーブメントを採用していることなど、パイロットウォッチをお探しの方と同様、時計上級者にとっても嬉しいアクセントがそこかしこで垣間見えます。パワーリザーブは約48時間、100m防水。 
ローズゴールドを素材に使用し、スポーティー・高級感、そして気品がオールインワンになった一本です。今ランキングの中でも、ミリタリーテイストと高級感を最も上手に両立しているモデルと言えるのではないでしょうか。
現行モデルではRef.3800ST/92/SW9が製造されているため、希少価値の高さも注目です。 1984年の誕生以来、ブライトリングのフラグシップとして展開するクロノマット。「プロフェッショナルのための計器」
このコンセプトの下、精度・耐久性・耐磁性・視認性や驚異的な防水性能など、およそパイロットウォッチに必要と思われるスペックの全てを持ち合わせたシリーズです。重厚で特徴的な逆回転防止ベゼルが、精悍で男らしい印象を持ちます。
外観のインパクトに加えて、プロスペックを有することは、「こだわり」あるメンズに着けてほしくなるパイロットウォッチです。 A011B56PA(AB0110)自社製ムーブメントCal.01を搭載した、ブライトリング渾身とも言える一本です。
約70時間のパワーリザーブ、24時間早送りを可能にしたカレンダー機構などさらなる進化を遂げていますが、特筆すべきはその防水性能です。なんと、500m!!この数値はパイロットウォッチとしては驚異的。
ダイバーズウォッチの分野でも頭角を現わしているブライトリングならでは。ケース径44mm、200g以上のずっしりとした重量を持ちますが、Cal.B01は従来のものより薄型のため、威厳あるデカ顔とはうらはらにスリムでスタイリッシュな一本であることも人気の秘訣です。 パイロットウォッチを語るうえで、IWCとともに欠かせない存在がブライトリング。
空の時代の幕開けから航空用クロノグラフを開発、1915年には初のクロノグラフ搭載腕時計を誕生させます。
ナビタイマーは1952年、世界初の航空用計算尺付きクロノグラフとして誕生。世界パイロット協会AOPAの公式時計に認定されました。以来、各国空軍のコックピットクロックや公式腕時計、そしてパイロットや搭乗員に使用される、信頼性高いブランドと言えます。ブライトリングのデザイン・機能性は航空計器にその原点が据えられています。
計算尺が描かれたダイアルやボリューミーなケース径は独創的でメカニカル。
ファッション性重視のメンズに是非選んでいただきたい一本です。 
2011年より、自社製ムーブメントを搭載して注目を浴びたナビタイマー01。初代モデルの完成されたデザインはそのままに、細部のブラッシュアップが施されますますの人気を集めています。現行モデルはケース径43mmとサイズダウンしましたが、存在感は抜群。
ナビタイマーの魅力は、どのカラーやブレス・革素材であってもマッチするフェイスデザイン。バリエーションが豊富なため、お気に入りの一本を選べるという楽しさもあります。約70時間以上も続くパワーリザーブを誇ります。30m防水。 
2004年よりナビタイマーのラインに新たに加わったこのモデル。
搭載されている自動巻きムーブメントCal.ブライトリング24は第2タイムゾーン表示機能を備えており、ダイアル中央から伸びるGMT針と世界のあらゆる時刻を刻んだ24時間スケールで表示できるようになっています。
裏蓋には世界主要都市のタイムゾーンを刻印。ケース径46mm、厚さ15.5mmとかなりのボリュームですが、ブライトリングが誇る快適な着け心地があります。
30m防水。  本格的なパイロットウォッチに先鞭をつけたIWC。今なお空との関係は密接です。パイロットウォッチの必須条件として、操縦桿から手を離さないまま即座に時刻を確認する「視認性」、航空レーダーに狂わされない「耐磁性能」とが挙げられますが、IWCは飛行士や乗務員の要望に応えるべく、その技術開発を続けています。とりわけクロノグラフが搭載したこのシリーズは、シンプルな外観ながらも抜群の耐磁性を誇る軟鉄性インナーケースや、正確性の高いクロノグラフ・ムーブメントなどIWCの技術を込めたロングセラー。
機械式時計の大敵である磁力に満ちた現代社会にも、IWCの技術は注目されています。 IWCが初めてパイロットウォッチを製造した4年後の1940年、飛行監視要員に向けて「ビッグ・パイロット・ウォッチ 52 T. S. C.」を誕生させます。以来IWCのフラグシップとなっているパイロットウォッチシリーズ。2016年に発表された新作で、視認性の高い大ぶりな数字とトライアングルインデックスが1940年の初代モデルに回帰したと人気を博しています。そして裏蓋にはドイツ・ユンカース社のJu52航空機をエングレーヴィング。 
出典:https://www.iwc.com/ja/collection/pilots/IW3777-2016/クロノグラフ・ムーブメントCal.79320は最大12時間までの総合タイム計測を可能に。ステンレススティール製ブレスレット、サントーニ社製カーフスキン・ストラップ、どちらのタイプも非常に人気が高く、おすすめです。
パワーリザーブは約44時間、6気圧防水。 パイロットウォッチ クロノグラフの、IWC人気特別モデルである“プティ・プランス”コレクション。
作家でありパイロットでもあったフランスのアントワーヌ・ド・サンテグジュペリへのオマージュとして、IWCが持つ人気特別モデルのうちのひとつです。
ミッドナイトブルーのダイアルと裏蓋に記された『星の王子さま』のエングレーヴィングが特徴的。 
出典:https://www.iwc.com/ja/collection/pilots/IW377714/クロノグラフ・ムーブメントCal.79320搭載、パワーリザーブは約44時間。6気圧防水。 同じくIWCのパイロットウォッチから。
1948年に登場し1984年まで製造されたマーク11から始まるこのマークシリーズは、実際にイギリス空軍で30年以上使用されており、現在でもメンズ腕時計人気・おすすめランキングの上位といえば必ず取り上げられるモデルです。IWCのラインナップの中では比較的リーズナブルで、エントリーモデルとして選ばれることも多い一本です。 マークシリーズの待望の2016年新作。
IWCウォッチ全体でクラシカル回帰が進んでいますが、こちらも初代モデルを尊重した、IWCファンにもパイロットウォッチファンにもたまらないモデルです。マーク17で採用されていた3日分の日付表示を1日分に変更し、ケース径は1mm小さい40mmと、よりベーシックな実用時計へと進化しました。
裏蓋のドイツのユンカース社のJu52航空機のエングレーヴィングからは、パイロットウォッチに対するIWCの矜持が伝わってきます自動巻きムーブメントCal.30110搭載、パワーリザーブは約42時間、6気圧防水。 
Ref.IW324702
出典:https://www.iwc.com/ja/collection/pilots/IW324702/2012年、IWCは「パイロットウォッチの年」と定め「トップガン」シリーズを5モデル発表しました。こちらは2016年に発表された新作。アメリカ海軍パイロット養成学校「トップガン」とのコラボレーションモデル。高級感とミリタリーテイストを両立したデザインは、クールなカッコよさを持ち、パイロットのエリート達への敬意が感じられる逸品となっています。カーキグリーンのカーフスキン・ストラップを採用したことにより、よりいっそうのミリタリールックが楽しめます。また、トップガンのロゴが裏蓋に印されたことも新モデルならでは。
自動巻きムーブメントCal.30110を搭載。パワーリザーブは約42時間。6気圧防水。 ロレックス唯一のパイロットウォッチでありながら非常に高い人気を誇るGMTマスター。GMTとは、Greenwich Mean Time(グリニッジ標準時)の略であり、かつての国際的な基準時刻および世界各地域の標準時の基準でした。
転じて時計産業では、24時間針(GMT針)と24時間目盛によって、ホームタイムを始めいくつかのエリアの時間帯を同時に表示できる機能を指します。パイロットのみならず今や世界中を飛び回ることの多い現代のメンズには非常におすすめできる機能。
また、ロレックスのGMTマスターの人気は、何といっても外観のカッコよさにあると言えます。 
GMTマスターにはIとIIの系譜が存在し、GMTマスターIは異なる2つの時刻を同時に確認できるモデルで1999年に生産終了しています。現在は3か所の時刻表示を可能にするGMTマスターⅡのみのラインナップです。こちらは2013年のバーゼルワールドで発表され、圧倒的支持を誇るモデル。
GMTマスターⅡはベゼルのバリエーションが多彩ですが、青と黒の落ち着いたツートンがオンオフ問わず幅広い層に人気を集めています。発売初期から定価を大きく上回る価格で取引されてきました。
自動巻きムーブメントCal.3186を搭載、パワーリザーブは約48時間、100m防水。GMTマスターⅡは、シンプルなものから「いかにもロレックス」といったモデルまで、幅広く人気のあるデザイン性も魅力のうちです。 Ref.116710LN/16710RDBK/116713LN 一般的に日常生活ではオーバースペックと思われがちなパイロットウォッチですが、その耐久性や正確性は、アクティブなスポーツシーンでガンガン使用するもよし、スーツスタイルで男らしくカッコよく決めるもよし、と実はオールマイティー。
また、人類が大空へと羽ばたき始めた頃からその進化の歩を進めてきたパイロットウォッチのロマンには、他のスポーツラインとは一線を画しているように思います。これから時計を買おうと思っている方は、存在感あるパイロットウォッチを一度手にとってみてはいかがでしょうか。 

ブレゲ クラシック 香港返還記念モデル Ref.BB3999

こんにちは!皆様がこちらのブログをご覧の頃は、私はの中におります。。。本日からまで ” ” に行って参ります!という訳で本日は ”  ” をご紹介いたします! 1997年7月1日に ” ” の主権が ” ” から ” ” へ返還されたことをです。文字盤のレギュラーモデルではロゴとシリアルナンバーのある辺りには ” ” の文字が刻まれております!!返還された年に因んでが、がが発売されたそうです。。。非常に ” ” が高く、私共でもです!!ではとてもありがたい ” ” 付きです!!希少モデルなので、ご検討されている方はお早めにどうぞ!それでは行って参ります~ 😛
〒104-0061 東京都中央区銀座8-7-11
ソワレド銀座第2弥生ビル 1F

03-6252-3500

11:00~19:30 (日・祝日 ~19:00)

年中無休 (臨時休業は除く)

高く売れる腕時計ブランドってどれ?買取率の高い時計をまとめてみました

高級時計は中古市場が非常に活発です。バックや財布といったブランド品に比べ、時計は高く売れる特徴を持ちます。しかし、どの時計でも高く売れるわけではありません。需要の高いメジャーな時計やプレミア価格がついた時計は高い価値を持ちますが、逆に知名度の低いマイナーブランドや、メジャーブランドでも人気の低いモデルはそれなりの価格にしかなりません。そこで今回は「飽きてしまった」「どうしても纏まったお金が必要」などの理由で時計を手放すことがあっても、高く売れる時計をまとめてみました。時計を購入する際の参考になれば幸いです。 時計界の王者「ロレックス」は高く売れる時計として非常に有名です。その知名度とステータス性の高さから時計の需要は他のブランドを圧倒しています。エントリーモデルとして大人気の「エクスプローラー」、ダイバーズモデルのパイオニア「サブマリーナ」、GMT機能を搭載した「GMTマスター」は多くの時計ファンに愛される定番モデルです。その人気から中古需要が高く、買取価格も高い水準で推移しています。今回はその中でも「特に高く売れるモデル」を厳選してご紹介いたします。 ロレックス エクスプローラー Ref.14270「探検家」と名付けられた“エクスプローラーI”。ロレックスのスポーツモデルの中でもシンプルで飽きのこないデザインが特徴で、どんなシーンやスタイルにも合わせやすい人気のモデルです。市場での数も豊富に流通しておりますので、価格は安定傾向にありロレックスのエントリーモデルとして非常にオススメ。 ロレックス エクスプローラー Ref.114270Ref.14270をマイナーチェンジしたRef.114270。ムーブメントがCal:3000からCal:3130に変更となり、耐久性が向上しました。それ以外にも偽造防止のために風防の6時位置に王冠透かしマークを施したり、ブレスレットに一体型フラッシュフィットを採用するなど、ぱっと見では分からない細かな変更が行われています。 ロレックス エクスプローラー Ref.214270(最新型)エクスプローラーの現行モデルRef.214270。2016年バーゼルワールドで最新型が発表されました。アラビアインデックスの3・6・9にもクロマライト夜光が塗布され視認性が向上。さらに時分針にも変更が加えられ、これまでよりも長く太い針になりました。リファレンスナンバーに変更は無くマイナーチェンジの位置づけになりますが性能は確実にアップしています。 ロレックス サブマリーナ デイト Ref.166101953年に発表されたダイバーズウォッチ“サブマリーナ”は、50年以上経った今でもロレックスのスタンダードダイバーズとして絶大な人気を誇るモデルです。精悍なブラックダイアルとメタルラインの入ったインデックスの組み合わせは、シンプルながらもスポーティなデザインに仕上がっており、その端正なフェイスに心惹かれるファンが多いのも頷けます。 ロレックス サブマリーナ デイト Ref.16610LVRef.16610LVは、2003年にサブマリーナ誕生50年を記念してバーゼルで発表されたモデル。ベゼルの鮮やかな緑から「グリーンサブ」の俗称で呼ばれています。2010年に現行のグリーンサブ(Ref.116610LV)が登場してリニューアルされたため、その製造期間の短さからコレクター垂涎アイテムの一つとなっています。 
ロレックス サブマリーナ デイト Ref.116610LNRef.116610LNはサブマリーナ・デイトの現行モデル。ベゼルはステンレス製からキレイで艶のあるセラクロム(セラミック)に変更され、目盛りはプラチナでコーティングされています。従来のクラスプは工具を使って長さ調節をしていたのに対し、新型クラスプはグライドロッククラスプが装備され、手動で簡単に2mmごと最大20mmまでの調節が可能になりました。様々な状況下で最高のパフォーマンスを発揮するプロダイバーズウォッチの決定版です! 
ロレックス サブマリーナ デイト Ref.116610LV現行サブマリーナのグリーン文字盤モデルがコチラ。ロレックス社のコーポレートカラーでもあるグリーンをベゼルとダイヤルに纏った、斬新なカラーリングのスポーツモデルです。 
ロレックス サブマリーナ ノンデイト Ref.14060M通称「ノンデイト」と呼ばれる、デイト表示の無い”サブマリーナ”です。サイクロップレンズ式の日付表示が好きでない方にオススメ。品番の最後にMが付いた新仕様のサブマリーナで、Cal.3130を搭載しています。それまでのモデルとは違いダイアルにクロノメーターの表記が印字され、ヒゲゼンマイがブレゲスーパーコピーヒゲに変更され、テンプの受け部が片持ちから両持ちへ改良されました。 
ロレックス サブマリーナ ノンデイト Ref.114060ノンデイトの現行モデルであるRef.114060。このモデルはムーブメントには耐磁性、耐衝撃性に優れるパラクロム・ヘアスプリングを使用したCal.3130を搭載したハイスペックモデルです。現行デイトモデルと比較しても全く遜色ない機能性を持ちながら、デイトモデルより定価が約10万ほど安いことも大きな魅力。お得感が強いモデルとしても高い人気を誇ります。 
ロレックス GMTマスター 赤青ベゼル Ref.16700生産終了になった今でも多機能さと、洗練されたデザインで人気の高いRef.16700″GMTマスター”。GMTマスターIIと違い、日付のクイックチェンジ機能を備えており、唯一ロレックスの中でツートンカラーを楽しめるモデルです。ムーブメントには毎時28,800振動数を誇るC.O.S.C認定クロノメーター自動巻き“Cal.3175”を搭載。昼夜を直感で認識できる赤青ベゼルのGMTマスターは、流通量が少なくなり稀少性が高まりつつあります。 
ロレックス GMTマスターII 赤青ベゼル Ref.16710時針、GMT針、ベゼルの容易な操作で3つの時間帯を同時に確認できる本モデルは、航空機のパイロットや世界を旅するジェットセッターから高い人気を誇ります。ファーストモデルのスタイリングを継承しつつ、さらに高性能なムーブメントを組み込んだことで機能性を大きく向上させました。生産終了に伴い人気が急上昇。特に赤青ベゼルに人気が集まっています。 
ロレックス GMTマスターII Ref.116710LN2007年に大幅にリニューアルされ発売された新型”GMTマスターII”。丸みを帯び装着感が増したケース、太く大きくなった針・インデックス、セラミックを使用することにより強度と質感が向上したベゼルディスクなど、従来の機能性を変えることなく近年のロレックスの特徴をそのまま引き継いでいます。 
ロレックス GMTマスターⅡ Ref.116710BLNR2013年新作 自動巻きCal.3186を搭載した新型GMTマスターIIです。ブルー×ブラックのセラクロムベゼルが装備され、24時間針もブルーになりました。24時間目盛りにはプラチナがコーティングされているため大変美しい仕上がりです。6時インデックス上にある「GMT-MASTER II」表記はホワイトで統一され非常にスタイリッシュなデザインとなっています。 高級腕時計の頂点に君臨するパテックフィリップは『世界一の時計を作る』という理念の基に、世界の時計製作を大きく進歩させ、歴史に名を残してきた老舗時計ブランドです。パテックフィリップは現在まで自他共に認める”世界最高峰で最高級の時計ブランド”として数多くの時計を世に輩出してきました。その中でも近年高い人気を誇っているのが、初のスポーツウォッチとして開発された「ノーチラス」やスポーツ・エレガンスをテーマに1990年代に誕生した新世代コレクション「アクアノート」です。そのどちらも精度・視認性・耐久性・装着感など、あらゆる点で実用時計の最高峰を追求したパテックフィリップの最高級コレクションとなっています。 ロレックスと同様にパテックフィリップも需要が多く価値が落ちづらいのが特徴です。その中でも「特に高く売れるモデル」を厳選してご紹介いたします。 
パテックフィリップ ノーチラス プチコンプリケーション 5712/1A多くの人気ウォッチを手がけてきたジェラルド・ジェンタ氏がデザインを担当し、パテックフィリップの中でも人気の高い“ノーチラス”の入荷です。ポインターデイト、ムーンフェイズ、パワーリザーブと様々な機能を付加した多機能モデルは、通称「プチコン」と呼ばれ、ノーチラスの中でも高い人気を誇ります。 
パテックフィリップ アクアノート エクストララージ 5167A凹凸のある格子状の黒文字盤、緩やかなカーブを描いたオクタゴン型(八角形)のフォルム、そして最高の強度と紫外線に対する抵抗力を誇るトロピカル・コンポジットバンドが特徴的なモデルです。ムーブメントには同社の高い技術力が生み出した自動巻きCal.324SCを採用しており、その美しい動きをシースルーバックの裏蓋からご覧頂けます。 
パテックフィリップ アクアノート エクストララージ 5167/1A「スポーツ・エレガンス」をテーマに誕生した新世代コレクション”アクアノート”。梅雨や夏の季節には金属ベルトを採用したこちらの5167/1Aがオススメです。革モデルも金属ベルトモデルも大変人気が高い逸品となっています。 オメガはロレックスと並び、高い知名度を誇ります。普遍性のあるデザインは幅広い層に支持されており、いつの時代も人気時計ブランドとして君臨し続けてきました。数あるモデルの中でも月に到達した伝説をもつ「スピードマスター」は腕時計に興味がなくともその名前を知ってる人は多いはず。需要が常にあるため、高く売れる時計としても人気があります。オメガはスピードマスターのみならず、シーマスターシリーズも人気。どのモデルも安定した価値を持っているのは流石オメガといったところです。 
オメガ スピードマスター プロフェッショナル ムーンウォッチ 311.30.42.30.01.005NASAの6度にわたる月面着陸プロジェクトすべてに携帯された時計”スピードマスター”。オメガを代表的する人気モデルです。搭載している手巻き・Cal.1861は、月面着陸時に着用されていた手巻きムーブメントと同じ機構となっています。 
オメガ スピードマスター プロフェッショナル ムーンウォッチ 311.30.42.30.01.006Ref.3573.50を仕様変更し、2014年に登場した新型モデルです。付属の特製ボックスには、交換用ベルト2本、ルーペ、メタルプレート、スピードマスターの冒険冊子などが収納され、コレクターズアイテムとしても最適です。 
オメガ シーマスター 300 マスターコーアクシャル 233.30.41.21.01.0011957年に、潜水士などの水中作業のプロフェッショナルへ向けてデザインされ登場した“シーマスター300”。こちらは、そのアイコニックなモデルの雰囲気を現代の技術と共に再構築したモデルです。サンドブラスト仕上げのブラックダイアルにはスーパールミノバが塗布され、ベゼルのインデックスにはリキッドメタルが使われています。 腕時計の中には定価よりも高いプレミア価格になっている時計も存在します。例えばロレックスのデイトナ。このコレクションは生産本数が少なく、正規店で購入することがほとんど不可能なほどレアな存在になっています。そのため、並行店では人気モデルになると定価の1.5倍~2倍の価格で販売されていることが多いです。ここではデイトナとノーチラスでプレミア価格がついている人気モデルを紹介します。 
ロレックス コスモグラフ デイトナ Ref.16520ロレックス・スポーツモデルの最上位機種であり最人気機種の“コスモグラフ・デイトナ”。1959年に誕生したデイトナですが、24時間耐久カーレースで有名なデイトナ・インターナショナル・スピードウェイの名にちなんで命名されました。デイトナは廃盤になると価格が高騰する傾向にあり、このRef.16520も定価よりもかなり高い価格で売買が行われています。 
ロレックス コスモグラフ デイトナ Ref.1165202000年~2016年にかけ、長い期間デイトナの定番モデルとして君臨していたRef.116520。初の自社製クロノグラフムーブメントCal.4130を搭載したことで話題を生みました。製造期間が長かったので、時期によってデザインや機能性に若干の違いがあることも特徴の一つです。また、後期モデルの方が販売価格は高く設定されています。 
ロレックス コスモグラフ デイトナ Ref.16500LN2016年のバーゼルワールドで発表された、新型「コスモグラフ デイトナ」116500LN。ベゼルがステンレスから傷のつきにくいセラクロムへ変更され、文字盤のインダイヤルの縁取りもブラックとなり、より精悍なイメージになりました。今回は通称「パンダ」と呼ばれる白文字盤の方が人気を博しており、価格も白の方が高めとなっています。 
パテックフィリップ ノーチラス 3800/1A30年以上前にパテックフィリップ初の本格スポーツウォッチとして誕生した“ノーチラス”。オリジナリティあふれるオクタゴン型(八角形)のケースフォルムは、各辺が緩やかなカーブを描き全体が洗練されたクラシックな形をつくり出しています。この3800/1Aは製造終了していますが、パテックフィリップの人気上昇に伴い価格が急上昇しました。今後も相場の上昇が見込めるため、是非買っておきたい時計です。 
パテックフィリップ ノーチラス 5711/1Aブルーノーチラスは近年デイトナの上回る勢いで価格が沸騰しています。中でもこの”5711/1A”はステンレスモデルとネイビー文字盤というノーチラスの定番モデルとして人気を博してきました。3800/1Aの38mmケースに対し、5711/1Aは43mmケースと大きめの設計になっているのも人気の秘訣です。 
パテックフィリップ ノーチラス プチコンプリケーション 5712/1Aポインターデイト、ムーンフェイズ、パワーリザーブと様々な機能を付加した多機能モデルは通称「プチコン」と呼ばれ、ノーチラスの中でも高い人気を誇ります。ムーブメントにはCal.240をベースにしたマイクロローター採用の自動巻き”Cal.240PS IRM C LU”を搭載しており、その美しい動きをシースルーバックの裏蓋からご覧頂けます。 高く売れる時計の筆頭はやはり「ロレックス」。デイトナ、エクスプローラー、マブマリーナ、GMTマスターは非常に需要があり価値が安定しています。現行モデルは特に人気が高く、購入時の75%以上の金額で売れることも珍しくありません。また、パテックフィリップのスポーツモデルも相場の上昇が見受けられるため、狙い目の時計といえます。特にノーチラスは今後も相場が上昇する可能性があり、投資目的の方にもオススメです。高い相場を推移する「資産価値が高い」時計はそれだけ多くの人を魅了し続けてきた時計であるといえます。どのモデルを購入しても決して後悔はしないでしょう。 

ブレゲ クラシック 3137BR

 見事なエングレービングです!!と伝わってきます!!こちらは、のでございます。 高級時計は、やとは別にムーブメントの今回ご紹介の様にバックスケルトンからを与えてくれるのではないでしょうか。 もちろん、閉鎖された裏蓋の時計もしっかり仕上げされています。普段はなかなか見る機会は御座いませんが、以前のブログ()で私物のパネライの裏蓋を開けた時の写真です。とで美しく仕上げてあります。 今回ご紹介のされたムーブメントには敵いませんが初めて裏蓋を開けてみた時には。 それでは最後に装着画像とご尊顔です!  バックショットもいいですがご尊顔も。機会がありましたら、についても注目してみたいと思います。 
〒104-0061 東京都中央区銀座8-7-11
ソワレド銀座第2弥生ビル 1F

03-6252-3500

11:00~19:30 (日・祝日 ~19:00)

年中無休 (臨時休業は除く)

200年以上の伝統を誇るウルバン・ヤーゲンセンの魅力

知る人ぞ知るウルバンヤーゲンセンの名前。あなたはこの名前をご存知でしたか?ウルバン ヤーゲンセンは、1773年に創立された200年以上の歴史をもつ老舗時計メーカー。創業者であるウルバン ヤーゲンセンは、天才的な時計技術を持ち、実用的で芸術性の高い時計を数多く製作してきました。そして、彼の拘りは「最高品質の時計」のみを製作すること。ウルバン ヤーゲンセンのコレクションは一本一本細部まで最高品質に拘る製作スタイルのため、年間製造数がとても少なく、なかなか市場に流通しないことが特徴です。そのため、余程の時計好きでない限り名前すら聞いたことがないという人も多いです。今回はそんなウルバン ヤーゲンセンの歴史や魅力について解説していきたいと思います。 ウルバンヤーゲンセンは時計に非常にお詳しい方が「より高いクオリティ」を求めたどり着く最高峰の時計という印象があります。同ブランドは創業者であるウルバン ヤーゲンセン氏によって1773年にデンマークに設立され、その歴史は既に200年以上。雲上時計ブラントと変わらぬ歴史を持つ老舗時計ブランドでもあります。ウルバン氏は、時計技師であった父の意を受けて「パリ、ロンドン、ジュネーブ、ル・ロックル」といった欧州の各地で時計製造の修行を積みます。この時代の時計は腕時計ではなく、懐中時計が主流。彼は天才的な感性を徐々に開花させ、数多くの懐中時計や航海・天文の分野に向けて製作したクロノメーターを製造していきました。その時計たちは瞬く間に好評を博し、彼の名は瞬く間に世界に知れ渡る事となります。 やがて、ウルバン氏の大きな転機となって出来事が起こります。それは彼の時計技術に魅了された”デンマーク国王フレデリク6世”により王室御用達の時計師として迎え入れられたことです。王室時計師となったウルバン氏が命じられたのは海軍で使用するマリンクロノメーターを製作すること。彼は培ってきた技術と最高品質への拘りにより、国王のみならず多くの人を魅了する時計を次々と世に放ち続けました。 ウルバン ヤーゲンセン氏亡きあとは 2 ⼈の息⼦「ジュールフレデリック」 と「ルイ ウルバン」 が⼀族の伝統を引き継ぎます。ジュール氏は本場スイスで時計技術を学び、スイスの時計製造の中心地ル・ロクルへ移住し、父から受け継いだ伝統を世に広めていきました。また、兄弟であるルイ氏はコペンハーゲンに残って時計⼯場を経営。ブランド名を「ウルバン ヤーゲンセン&ゾナー」に改称し、ウルバンヤーゲン氏の残した技術と伝統を残します。こうして2人の息子により、ウルバン ヤーゲンセンの時計製造は「デンマークとスイス」両国に築かれ、後の世に受け継がれていくことになりました。 しかし20世紀に入ると、戦争の影響もありウルバン ヤーゲンセンは休業を余儀なくされます。休眠状態は長く続きましたが、1978年に”時計師ペーター・バウムベルガー氏”が同社を買収したことにより再び表舞台に返り咲きます。その後ブランド名を再び「ウルバン ヤーゲンセン」に戻し、復活後の第1弾のコレクションでは1秒ルモントワール機構付きのトゥールビヨン懐中時計を製作し、伝統的な技術力の高さを再び証明してみせました。2014年には実業家ソーレン・ジェンリー・ペーターセン氏がCEOに就任し、新体制がスタート。ペーターセン氏は歴史と伝統を引き継ぎ、コレクションの再構築や新製品の開発など、さまざまな方法で生産の安定とブランドの成長を目指しています。 ウルバン・ヤーゲンセン氏が作り出す時計は、厳選された素材だけを使用した「最高級の時計」です。極限までの手間暇をかけて作られた時計のクオリティーはまさに芸術品。その時計の価値はパテックフィリップやオーデマピゲといった雲上時計ブランドにも匹敵し、モデルによってはそれすらも凌駕します。また、ムーブメントと外装を徹底的に作りこむため、年間生産数が100本未満なのも大きな特徴。そのため、手に入れること自体が非常に難しく、希少価値が高いブランドでもあります。創業から200年以上経過した現在でも「古典的な美しさを備えたケースデザイン」や「精度への拘り」は健在。色褪せることのないその魅力は目の肥えた時計上級者の心すら射貫きます。 ウルバン氏は欧州の各地で修業を積みましたが、彼の作品に大きな影響を与えたのは師である「天才ブレゲスーパーコピー」。実は彼はパリにてブレゲスーパーコピーの元で修業を積んだ経験があるのです。出典:https://www.breguet.com/ウルバン氏はブレゲスーパーコピーの特徴であった”ギョ―シェ彫り”を中心とする様々な外装仕上げや、パーペチュアルカレンダーなどの複雑機構の技術を次々と習得。次第に自らのスタイルを確立していきました。 手作業にて繊細に彫られたギョ―シェ彫りはウルバン ヤーゲンセン最大の魅力です。また、ウルバン特有の針と文字盤の大きさのバランスも非常に秀逸。時計全体の美しさを引き立ててくれます。 現在のウルバン ヤーゲンセンの時計にもブレゲスーパーコピーの影響は色濃く残っています。しかし、よく見ると相違点も多いです。 ■針の違い
ウルバン・ヤーゲンセンの外装、仕上げに対する拘りは師匠であるブレゲスーパーコピー譲り。特にブレゲスーパーコピーの特徴であるギョ―シェ彫りを採用した文字盤や針のクオリティーは他のブランドでは考えられないくらい手間をかけて作られています。全体的にウルバン ヤーゲンセンとブレゲスーパーコピーの時計は凄く似ていますが、ウルバンと一目でわかるポイントがあります。それは「」です。
左:ウルバンヤーゲンセン  右:ブレゲスーパーコピーウルバンの針は時針の円型の穴がブレゲスーパーコピー針と比べて大きくなっていることが特徴。更に分針の円を省くことで絶妙なバランスに仕上げられています。 ■コインエッジ装飾の有無
ケースの側面。ブレゲスーパーコピーは特徴的なコインエッジ装飾が施されていますが、ウルバンの時計にはそれがありません。ただし、ブレゲスーパーコピーと比べると丸みを帯びており、エッジが2重に作られているのが特徴です。
左:ウルバンヤーゲンセン  右:ブレゲスーパーコピー 今日においても色褪せる事無く、多くの人々を魅了しつづけるウルバン ヤーゲンセン。どのモデルも細部まで拘り抜いた最高品質の時計であり、コレクターズアイテムとしても貴重なものとなっています。 
ウルバン ヤーゲンセン リファレンス1 クロノグラフ トリプルカレンダー ムーンフェイズ Ref.1ウルバンヤーゲンセンのすべてのモデルについて共通している特徴に、針やダイアルのクオリティの高さが挙げられます。いずれも自社工房で製作しており、特に文字盤のギョーシェは、古いギョーシェマシーンを使って手彫りされています。当然のことながら量産品とは比べ物になりません。こちらは、トリプルカレンダー、ムーンフェイズ、クロノグラフ機能を搭載したコンプリケーションモデルです。 
ウルバン ヤーゲンセン リファレンス2 Ref.2ウルバン・ヤーゲンセンのクオリティの高さは、定評のある現行ブレゲスーパーコピーをもってしても敵わないのではないでしょうか。ムーブメントのベースには、多くの名作モデルで使用されるフレデリックピゲ社製のCal.71を採用しています。極めて少ない生産数のため、とてもレアなモデルです。 
ウルバン ヤーゲンセン リファレンス3 パーペチュアルカレンダー ムーンフェイズ Up and Down Ref.3。ムーブメントのベースには、多くの名作モデルで使用されるフレデリック・ピゲ社製のCal.71を採用し、自ら開発した永久カレンダーモジュールをのせています。 
ウルバン ヤーゲンセン リファレンス5 Ref.5リファレンス5はシンプルな2針。イエローゴールドケースに自動巻きムーブメントを搭載しています。ダイアル中央のギョーシェ彫りや、輪の部分が大きめにつくられたブレゲスーパーコピー針など、ウルバン・ヤーゲンセンの歴史と伝統を味わえる落ち着いた仕上がりです。 
ウルバン ヤーゲンセン リファレンス ビッグ8 ブラックダイアル Ref.8こちらはステンレススティールケースを使った限定モデル。他のモデルと比べて良心的な価格設定も魅力です。使いやすいモノトーン調の文字盤と芸術的な針のコントラストは美しいの一言です。 ウルバン ヤーゲンセンの時計は、時間を惜しまずに製作されることで実現する最高品質の時計。手作業で繊細に彫られた”ギョーシェ彫り”、全て自社で開発されるオリジナリティー溢れる”針”は他のブランドの追随を許さぬクオリティーを誇ります。200年以上も色あせることなく、その価値を高めるウルバン ヤーゲンセン。いつかは手に入れたい憧れの時計として、これからも時計界で輝きを放ち続けるでしょう。 

世界一美しい文字盤?グラン・フーエナメルってなに?

時計の文字盤には様々な種類が存在します。軽量かつ高い強度を誇るカーボン、繊細で精密な模様を入れるギョーシェ、オパールやシェルといった天然素材を使ったものなどが有名ですが、その中でもひと際高級感を放つ文字盤が「エナメル文字盤」です。エナメル文字盤は金属板の表面に釉薬を塗り、高温で焼き上げる技法ですが、エナメル技法には「グランフーエナメル」という上位互換の文字盤が存在します。今回はこのグランフーエナメルについて解説しようと思います。出典:https://www.blancpain.com/ja エナメル文字盤は3500年を超える歴史を持つ伝統技術「エナメル工芸」を時計の文字盤に応用したもの。その特徴はなんといっても「陶器のようなツヤのある質感」です。エナメル文字盤はガラス質のエナメル粉末を文字盤の上に載せ、800度近くの熱で焼成を何度も繰り返し発色させて作り上げます。粉末上のガラスでコーティングされているため、傷つきにくく、変色しにくいという特徴があるため、その魅力は何十年経っても色褪せません。ただ、非常に手間が掛かる上に高度な技術が必要なため、コストを抑えることが求められる現代ではごく一部の時計以外では使われなくなっています。加えて「割れやすい」という性質をもっているため、一般的な文字盤を採用しているモデルよりも丁寧に扱う事が重要です。 グランフーエナメルはエナメル技法のまさしく上位版です。通常のエナメル技法との違いは「温度」にあります。通常のエナメル文字盤は800度近くの熱によって焼き上げますが、グラン・フーエナメルはそれを上回る1000度以上の熱で文字盤を焼き上げるのが基本。もちろん、仕上がりは通常のエナメル文字盤よりも遥かに美しい仕上がりとなります。出典:https://www.blancpain.com/ja/6613-3631-55bグランフーという名はfeu(=炎)が出るほどの高温で焼成することが由来となっています。只でさえ温度調整や管理が難しいエナメル技法の難易度を更に上げているわけですから、このグランフー文字盤を作り上げることのできる時計ブランドは極めて僅かです。 グランフーエナメルを扱う時計ブランドはどのブランドも超一流のブランドばかり。そして、グランフーエナメルを搭載したモデルは最高級モデルであることが殆どです。 数ある時計ブランドの中でも最古の歴史を誇るブランパン。そのブランパンの最上級コレクション「ヴィルレ」の文字盤にはグランフーエナメルが採用されています。出典:https://www.blancpain.com/ja/category/collections-4最上級モデルだけあり、グランフーエナメルが使われたモデルはコンプリケーションモデルばかり。ブランパンならではの伝統と歴史が詰まったこのコレクションはエナメル文字盤を採用した時計の中でも非常に人気が高いです。 知る人ぞ知る最上級のマニュファクチュールブランド「H.モーザー」。高度な技術を駆使して作られる気品のあるコレクションの数々は、いつの世も男性たちを魅了し続けてきました。出典:https://www.h-moser.jp/lp/懐中時計時代の伝統を現代に復刻させたヘリテージコレクションは、グランフーエナメルを使用した最上級の美しさを誇る一本です。非常に手間ひまかけて作られるため、定価は画像左のトゥールビヨンモデルが37,800,000円。1027年に1日しか誤差が発生しないムーンフェイズモデル(画像右)は8,640,000円という破格の値段がついています。 トゥールビヨン、ミニッツリピーター、パーペチュアルカレンダー。数多くの複雑機構を開発した天才時計技師が創立した時計ブランド”ブレゲスーパーコピー“にはブレゲスーパーコピーならではの魅力が詰まったグランフーエナメルモデルが存在します。出典:https://www.breguet.com/jpグランフーエナメルモデルが存在するのはブラゲのフラッグシップコレクション「クラシック」。青く焼かれたブレゲスーパーコピー針・ブレゲスーパーコピー数字・コインエッジ装飾といったブレゲスーパーコピーの伝統を美しく表現したコレクションです。時計としての精度はもちろん、洗練されたシンプルなデザインはまさに時計の理想形ともいえます。クラシックコレクションの文字盤はブレゲスーパーコピー独自のギョーシェ彫りが施される場合が多いですが、一部のモデルには懐中時計時代を彷彿とさせるグランフーエナメル文字盤が採用されています。これらの時計は流行に左右されない普遍性が人気です。 スイス時計業界においてエナメル技法の名手として知られるユリスナルダン。通常のエナメル・クロワゾネ・ブルーエナメル・グランフーエナメルなど、様々なバリエーションのエナメル技法を駆使し、陶器のような煌めきを放つ一本に時計を仕上げます。出典:https://jp.ulysse-nardin.com/collection/classic多様な美しさと機械式時計ならではの複雑さを兼ね備えたクラシックコレクションはユリスナルダンの人気ラインです。エナメル文字盤モデルが数多く用意されているため、グランフーエナメル文字盤に興味のある方は是非チェックしておきたいブランドといえます。 ラグジュアリースポーツウォッチとして知られるロイヤルオークをフラグシップモデルとするオーデマピゲ。世界三大時計ブランドの一角として君臨する同ブランドにもグランフーエナメルが使われた極上の一本が存在します。その名も「ジュール オーデマ・ミニッツリピーター・スーパーソヌリ」。出典:https://www.audemarspiguet.com/jp/watch-collection/jules-audemars/26590PT.OO.D028CR.01/ジュールオーデマはクラシックな雰囲気を放つ、オーデマピゲの人気コレクションです。このモデルには画期的なミニッツリピーター「スーパーソヌリ」が搭載されており、今までにないクリアな音色とハーモニーを響かせます。そして文字盤には美しいグランフーエナメル文字盤にクラシカルなローマインデックス。グランフーエナメル文字盤はこのような最高級モデルにも採用される程、価値が高いのです。 グランフーエナメルによって作り上げられた時計は最高級の時計ばかり。どれだけ時間が経っても色褪せることのない美しさはまさに工芸品ともいえる仕上がりです。ぱっと見は地味な印象を抱くかもしれませんが、実際に身に着けてみるとグランフーエナメルの魅力を知ることができます。試着だけでもいいので、是非一度その美しさを体験してみてはいかがでしょうか。 

ブレゲ アエロナバル

こんにちは!今回ご紹介するのはコチラ!!このColorに惹かれてチョイス。Bluが何とも魅力的です。箱も今回は色から入って若干歴史をあたりました。今までパイロットウォッチといえば単純にブライトリングばかりを想像したんですが、イメージがかたよっていました。アエロナバルもそうなんですね。アエロナバルは海軍航空隊って意味なんで普通にパイロットウォッチなんだと。この時計は筆記体で“ブレゲスーパーコピー”と書いてあるからかもしれないのですが、ブライトリングと比べて、なにか古いヨーロッパさを感じます。歴史を少しでも見てみれば、初めからブレゲスーパーコピーは海軍と絡んでいたんだと分かりました。そして、ナポレオンにも愛されたと。フランス航空産業が始まる時にパイオニア的な存在ともなり、爆撃機等も開発していると知りました。時計というよりかはむしろ軍って感じです~。航空計器ももちろんブレゲスーパーコピーが作っていて、そういった航空計器を創った経験が腕時計にもつながっていったんですね。1950年代半ば、フランス海軍航空隊がブレゲスーパーコピーに制作を依頼した「タイプXX(トゥエンティ)」はそのながれのもとに生まれてきたものなんですね。ブレゲスーパーコピーの背景を知って、若干ブランドイメージが変わりました。 是非こだわりのお時計をお探しください!ご来店お待ちしております!!
〒104-0061 東京都中央区銀座8-7-11
ソワレド銀座第2弥生ビル 1F

03-6252-3500

11:00~19:30 (日・祝日 ~19:00)

年中無休 (臨時休業は除く)

ロレックス?オメガ?みんなと同じじゃつまらない!人と被らない高級腕時計5選

ロレックスやオメガといった高級腕時計の定番モデルを選ぶと、まず確実に「人とかぶる」ことになります。人気モデルであるロレックス エクスプローラーやサブマリーナ、オメガ シーマスターなどは特にそれが顕著で、道行く人の腕時計を観察してみると同じ時計をしている人がチラホラ。確かにみんなが身につけている時計は知名度もステータス性も高いモデルばかり。でも、それじゃつまらない。あなたもそんな風に感じてはいませんか?そこで今回は、一般的な知名度は高くありませんが、見る人が見ればその価値がわかる上級者向けの時計をご紹介いたします。この記事を読んで、他の人と差を付ける時計を一緒に探していきましょう!出典:https://www.pierrekunz.jp/ https://www.blancpain.com/ ロジェデュブイは時計師ロジェ・デュブイとデザイナーのカルロス・ディアスの2人によってジュネーブに設立された時計メーカーです。1995年に創業した新興ブランドではありますが、独創的なデザインとムーブメント開発の技術力によって急速に成長を遂げました。また、ロジェ・デュブイはムーブメントに強い拘りをもつメーカーでもあり、1999年に自社開発した”Cal.RD98″以降、すべてのムーブメントに高品質の証”ジュネーブ・シール”を取得しています。出典:https://www.rogerdubuis.com/ ■個性的なデザイン歴史の古いメーカーには伝統があるため、どうしてもデザインの幅が小さくなります。しかし、創業してからまだ歴史の浅いロジェデュブイは既存のアイデアにとらわれない斬新なデザインを展開することが可能でした。ロジェデュブイは創業から現在に至るまで、最高のクリエイティブを求め強烈な個性を追求。時計マニアの心を射止め続けています。 今回はその中でもオーソドックスなモデル「オマージュ」をオススメしようと思います。「オマージュ」はロジェデュブイが打ち出した最初のコレクションであり、全モデル28本限定という希少価値が話題となったモデルです。現在は2008年にリシュモングループに傘下に加わったことから、全ての商品が限定製造から常時製造へ変更されています。 
ロジェデュブイ オマージュ H37.57.5/B9.41996年に創作された“オマージュ”コレクションは、1930年代のケース・デザインからインスピレーションを得ています。限定生産されたこちらのモデルは37mmケースを採用し、フランス国立ブザンソン天文台による精度検査に合格したCal.57を搭載しています。 
ロジェデュブイ オマージュ クラシック  H37 57 0 3.63/74ホワイトダイヤルと立体的に青く焼かれた針のコントラストが美しい逸品。また、独特なインデックスのデザインが特徴です。37cmという小さめなケースサイズのため、男女問わず愛用することができます。 創始者ピエールクンツは類まれな才能をもつ時計技師。1959年にスイスのベルンに生まれたクンツ氏はアンティーク時計の修復・複雑機構の開発といった時計製造に20年以上も準じてきました。1997年には名門フランクミュラーに入社。彼は持ち前の技術と才能を遺憾なく発揮し、画期的なレトログラード機構を次々と具現化していきます。出典:https://www.pierrekunz.jp/その後、彼の類まれな才能を認めたフランク氏は「フランクミュラーグループ内で独立したブランドの展開をしてみないか?」とクンツ氏に提案します。もちろんクンツ氏はその提案を受け入れ、2002年に時計ブランド「ピエールクンツ」が誕生しました。ピエールクンツはレトログラード機構に拘りをもつ個性派時計ブランドとして、現在も数多くの時計を世界に発信し続けています。 ■レトログラードの開発彼がもっと得意としていたのが「レトログラード」の開発です。
「レトログラード」はフランスの天文学用語で「惑星の逆行」などに例えられる複雑時計の機構。時計の秒針がダイアル上を円ではなく扇型を描くのが特徴です。また、秒針は目盛の端に達した瞬間に基点(メモリの0)にフライバックします。一般的には秒針やカレンダーに使われることが多い機構です。 
ピエールクンツ レトログラード セコンド PKA001SRピエールクンツのレトログラードシリーズの中ではシンプルに表現された上品なモデルです。ダイアル6時位置にある30秒計の針が「30」まで進むと、「0」までジャンプして戻る「レトログラード機構」が搭載されているのが最大の特徴です。 
ピエールクンツ ダブルレトログラード クロノグラフ PKA402SDRL2つのレトログラードを配した「ダブルレトログラード機構」を搭載した画期的なモデルです。モノトーンを基調としたクラシカルなデザインは都会的な美しさを放ちます。 
ピエールクンツ ヴィルヴォルタント レトログラード N018SVRヴィルヴォルタント・レトログラードは、これまでの機械式時計の常識を覆す革新的なモデルです。ヴィルヴォルタントはくるくる回るという意味をもちますが、その名は秒針の動きから名づけられました。このスモールセコンドは軸が移動するように設計されており、大きく数字の”6″のような軌道をとりながら回って行きます。そして60秒に達すると、瞬時に逆回転しながらフライバックして0に戻るのです。 ブランパンは現存する多くの時計ブランドの中でも最古の歴史を誇るブランドです。創業家の断絶や1970年代におこったクオーツショックにより一時的に休眠を余儀なくされることがありましたが、時計界の”スティーブジョブズ”と称されるジャン・クロード・ビバー氏が1983年にブランパンの権利を買い取ったことにより復活を果たしました。出典:https://www.blancpain.com/ブランパンの売りは機械式のみを採用した時計を作り続ける一貫性です。一度たりともクオーツモデルには手を出さず、機械式時計を必ず復活さるという強い意志によって作られたブランパンの時計達は、現代における機械式時計の人気に大きく貢献しました。また、ブランパンは様々なケース形状が氾濫する中、あくまでもラウンドケースのみを採用するという強いこだわりを持つブランド。 クラシカルなラインからスポーツウォッチ、コンプリケーションまで幅広いラインナップをもつことも魅力です。 ■フィフティファゾムス1953年にフランス海軍の依頼によって作られたフィフティファゾムスは、現在のダイバーズウォッチのスタイルを確立した「元祖ダイバーズウォッチと言われています。出典:https://www.blancpain.com/高い防水性や視認性をもつモデルはフィフティファゾムスが発表される以前から存在していましたが、実は「回転ベゼル」を備えた時計はフィフティファゾムスが初めて。正確にはロレックス・サブマリーナも同じ年に発表されているため、この2つのモデルがダイバーズウォッチの元祖といえます。現在のフィフティファゾムスは一般的なダイバーズウォッチよりシャープでスタイリッシュな印象を与えるモデルが多く、時計マニアの間ではサブマリーナと同等以上の評価を受けていることもあります。 ブランパン フィフティファゾムス バチスカーフ  5200-1110-70B“フィフティファゾムス”は1953年にフランス海軍の依頼により製作された潜水時計です。”バチスカーフ”は「潜水艇」を指す言葉で、モデル名に恥じない防水性(300m)が保証されています。ムーブメントはフライバック機能を搭載のCal.F385を採用しています。 
ブランパン フィフティファゾムス バチスカーフ 5000-1230-B52Aシンプルなデザインの人気ダイバーズウォッチ”フィフティファゾムス”。夜光塗料を配したブラックダイヤルがスタイリッシュは印象を放ちます。ムーブメントに3つの香箱を連動させたCal.1315を採用することで、5日間のパワーリザーブを可能としたことも特徴です。 
ブランパン フィフティファゾムス  5015A-1144-52A深海でも高い視認性を保てるよう太くされた時分針、逆回転防止機能付きベゼル、300m防水など、プロダイバーズウォッチにふさわしい機能と風格を備えた”5015A-1144-52A”。社製ムーブメントCal.1315を搭載しており、5日間パワーリザーブ・耐磁性能を誇ります。また、ベルトにヨットの帆の素材を使用したセイルキャンバスベルトを使用しているのも特徴です。 1945年にフランスに生まれたダニエルロートは自分と同じフランス人で天才時計技師と呼ばれたブレゲスーパーコピーに憧れ、スイスの時計業界に飛び込みました。彼はジャガールクルト、オーデマピゲといった超一流メーカーにてその腕を磨き、1970年以降は時計ブランド”ブレゲスーパーコピー”の再興に協力します。そこで彼はトゥールビヨン機構の小型化に成功。世界で初めて同機構を腕時計に搭載し、時計界に大きな功績を残しました。出典:https://www.breguet.com/その後1988年に独立し、時計メーカー「ダニエルロート」を設立。丸みを帯びた2重の楕円形ケース”ダブルオーバルケース“を採用したトゥールビヨンモデルなど、”神のような時計師”と称された彼は多くの傑作を世に放ち続けました。 ■時計メーカーから独立時計師へ社長になった彼には社長としてのふるまいが求められました。社長としての職務は多忙を極め、次第に時計作りに集中できる時間はなくなっていきます。するとロート氏は時計師としての自分を見失ってしまい、情熱を失った彼は時計作りを辞めてしまいます。結局ロート氏は自ら設立した「ダニエルロート社」を退社。時計師としての自分を取り戻すため、家族の名前を冠した時計ブランド「ジャン・ダニエル・ニコラ」を新たに設立し、独立時計師として再始動しました。現在はスイスのル・サンティエにて1日のほとんどを作業机の前で過ごし、創作活動を行っています。この姿こそ本来の「時計師ダニエルロート」なのでしょう。ちなみに「ダニエルロート社」は今でも健在。ロート氏の技術と伝統を継ぎ、現在はブルガリグループの傘下として魅力的な時計を輩出し続けています。 
ダニエルロート クラシック GMT N238ダニエル・ロート特有のダブルオーバルケースを備えた”GMT N238″。このモデルはブラックダイアルが上品な印象を与える、モダンでスタイリッシュなモデルとなっています。6時位置の窓がカレンダー、12時位置のGMT窓が24時間表記のジャンピングアワーになっており、ケースサイド2時方向のプッシュボタンを押すことでGMT窓の時間が1時間送られます。 
ダニエルロート クラシック N207ダニエルロート特有のダブルオーバルケースと、グレー×シルバーを基調としたシックな文字盤が魅力的なモデルです。シンプルながら飽きのこない洗練されたボディーは、お手もとに美しくエレガントな印象をもたらしてくれます。 
ダニエルロート パピヨン クロノグラフ 319.Z.50ダブルオーバル形状のローズゴールドケースにシルバー・ゴールド・ブラックの3色を配した文字盤がゴージャスな印象を与える”パピヨン319.Z.50″。時針は12時位置の窓のデジタル表示、分針は木の葉形の針が1時間ごとに代わるレトログラードになっており、強烈な個性を放ちます。定番よりも「人とは違った時計を持ちたい」という方にお薦めの1本です。 ジラールペルゴは数少ない完全自社生産のマニファクチュールブランドとして有名な時計メーカー。自社で開発したムーブメントを数多くのブランドに提供してきており、その信頼性の高さと確かな技術力は、非常に高い評価を受けています。出典:https://www.girard-perregaux.comイタリアとのつながりも強く、フェラーリとのコラボレーションモデルなども有名です。また、ジラールペルゴは黒船来航から僅か8年後、幕末の混乱期の1861年にはフランソワ・ペルゴに手により、日本で初めて輸入販売されたスイスの時計ブランドと言われています。代表的なモデルはアールデコスタイルの腕時計のフォルムからインスピレーションを得て作られた1945シリーズ。レクタンギュラー型のケースにヴィンテージ感溢れる曲線美がウリのコレクションです。しかし、ジラールペルゴには知名度こそ高くないものの、時計ファンの間でひそかに人気を集めているコレクションがあります。それはトノー型ケースを特徴としたリシュビルです。 ■リシュビルレクタンギュラー型の1945、トノー型のリシュビル。どちらも伝統と不変性を兼ね備えた上品な存在感を放つ時計です。トノー型といえばフランクミュラーが真っ先に浮かびますが、ムーブメントの細部まで作りこまれたリシュビルも負けてはいません。現在は製造終了してしまっているため、希少価値の高さも魅力の一部となっています。 
ジラールペルゴ リシュビル  27650-11-141-BACD流麗なトノー型ケースが特徴的な「リシュビル・クロノグラフ」は、ヴィンテージ1945と並びジラールペルゴを代表するコレクションです。シルバーのダイアルにブレゲスーパーコピー数字を配し、クラシカルな印象を与えています。スケルトンバックのため、コート・ド・ジュネーブ仕上げが施された美しいムーブメントをご覧頂けます。 
ジラールペルゴ リシュビル クロノグラフ 27650-11-621-BAEDリシュビルの中でも丸みを帯びた”27650-11-621-BAED”はコロンとしたフォルムが中性的な印象を与えるモデルです。モノトーンインデックスはシャープなイメージを与え、ビジネスでもカジュアルでも大活躍することでしょう。 時計の世界には知名度こそないものの、高いデザイン性や機能性を誇る素晴らしい時計が無数に存在します。もちろん今回紹介した時計もその類にもれず、一生愛用することができる隠れた名作ばかりです。誰もが知っているステータス性の高いブランドの時計を身につけるのも良いですが、「それ、どこのブランド?かっこいいね!」と言われるような”通”な時計を身につけるのも大人の魅力だと思います。まだ見ぬ名作たちは数知れず。あなたも自分だけの「絶対に人とかぶらない時計」を探してみませんか? 関連記事これぞ世界最高級!マニアも唸る高級腕時計ブランド6選 

リューズが外れてしまったら・・。ジョイント式リューズの仕組み

ゼンマイを巻くとき。時刻を合わせるとき。日付を合わせるとき。
私たちにとってなじみ深いパーツであるリューズ。宝石の付いた宝飾性が高いもの。
ねじ込みロック式の機能性の高いもの。
一言に「リューズ」と言っても形状も素材も様々です。しかし私たちがよく目にしているものとは少し毛色の変わったリューズも存在します。それがパテックフィリップ製の時計に多く見られる「ジョイント式リューズ」です。
今回はジョイント式リューズについてお話ししたいと思います。 「リューズ」は通常3時位置に取り付けられているパーツで、ネジ頭のような部分とムーブメント内部まで届く筒状の「巻き芯」の2つの部品を合わせたものです。通常のリューズの巻き芯は一本のパーツなのですが、ジョイント式リューズはその名の通り二本の短いパーツが「ジョイント」されたもので、リューズの先端の凹んでいる部分に巻き芯の凸の部分が寄木細工のように噛み合って一つのパーツになるという特殊な形をしています。リューズはケースの外側から内側に差し込むように取り付けられているため、手を洗った時の水分や日常の汗などがそのままになっているとリューズから巻き芯を伝って水分や湿気がムーブメントの内部に侵入し、故障の原因になります。
毎日のお手入れとして、柔らかい布で時計全体を軽く拭くようにしてください。 多く用いられるのが、ワンピースケースと呼ばれる裏蓋とケースが一体となっているケースです。裏蓋側に溝が無く、裏蓋から開けることができないので防水性・防塵性に優れ、耐久性にも優れています。そのため修理の際はガラスを外して文字盤側からムーブメントを取り出します。ワンピースケースにジョイント式リューズを用いる利点としては、巻き芯を外さなくてもリューズを外すだけでムーブメントを取り出せる仕組みになっていることです。 通常のリューズも頭の部分を巻き芯がねじ込んでいる構造になっていますので頭の部分と巻き芯のねじ込みが外れてしまったり、衝撃が加わって巻き芯が折れてしまったりすることで頭の部分が取れてしまったり、また巻き芯ごと外れてしまうことがあります。殊にジョイント式リューズの場合は二本のパーツが噛み合って接合されているだけですので強く引っ張ると抜けてしまうことがよくあり、お問い合わせを頂くことが多々あります。接合部分が外れただけですのでリューズ穴に垂直に入れて軽く押せば接合し、再び使用することができます。しかしながら接合部分が折れてしまっていることや経年劣化で緩んでしまっていることもあります。押し戻してみてもパチンと嵌った感触が無く、緩んでいるようでしたり抜けてしまうようでしたら一度時計店にご相談することをお勧めいたします。また、ジョイント式でないリューズが抜けてしまった場合は更に注意が必要です。無理に戻そうとすると内部のムーブメントを破損させる可能性があります。リューズが抜けてしまった場合には自分で戻そうとせず、テープなどでリューズが抜けてしまった穴から水分や埃が入らないように保護してお店にお持ちください。折れてしまっていたり経年劣化が起きていた場合には取り寄せが必要になる可能性もありますが、リューズが抜けてしまっただけでしたらすぐに直せることもあります。 リューズは「つまんで引くだけ」とはいうものの、強く引っ張り過ぎると抜けてしまうことがあると言われれば不安になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。普通の力で引けば抜けてしまうことはそうはありませんがコツと力加減を掴むまでは緊張されると思います。そこでいくつかのリューズのタイプについてコツをご紹介したいと思います。 リューズの下に隙間が少なく埋まっているようなものはリューズを引きにくく、力の入れ方が難しいと感じると思います。そのようなリューズの場合には爪の先をリューズの下に差し込んで親指と人差し指の指先でリューズの下をつまむように指を差し入れて真っ直ぐに引いてみて下さい。また、爪の弱い方や爪を大切にされている方は人差し指の第一関節の先と親指の腹でしっかりとリューズを挟んでみて下さい。 人差し指の第一関節辺りにリューズを載せるような感じで親指と人差し指でリューズをしっかりとはさみます。
時計が動かないように、もう片方の手で時計を固定して引き上げてみてください。 アンティーク時計によく見られるタイプで指でつまむのが難しいくらい小さく、リューズと時計の隙間も少ないので力加減が難しいと思います。隙間が少ないタイプと同様に爪の先をリューズの下に差し込み、親指と人差し指の指先でリューズをつまむように差し入れ、時計が動かないようにもう片方の手でしっかりと時計を固定し、釘を抜くようなイメージで爪先を使ってリューズを真っ直ぐに引き上げます。リューズを引くときの基本は「ゆっくりと丁寧に」。
ゆっくりと力を強くしていき、引ける力になるとカチッとリューズは引きあがります。急に力を掛けず、優しく引いてみて下さい。 ご自身の時計のリューズが抜けてしまった時にジョイント式のリューズが外れてしまったのかだけでも分かると安心されると思います。今一度ご自身の時計のモデルがどのようなリューズを搭載しているのか確認をしておくと焦らないかもしれません。しかし取扱説明書を捨ててしまったという方のためにいくつかの搭載モデルをご紹介します。 パテックフィリップ カラトラバ オフィサー 5053Rインデックスにブレゲスーパーコピー数字とブレゲスーパーコピー針を採用しており、クラシカルで上品なデザインです。
開閉式のハンターバックケースを備えており、Cal.315/202の精巧な作りをご覧頂けます。 パテックフィリップ カラトラバ オフィサー 5022R-0102005年に生産終了したモデルです。
クラシカルかつ上品に仕上がっているモデルで、他のカラトラバとは趣が異なり、アラビアインデックスがカジュアルなイメージを与えています。
ちなみに上の写真は世界屈指のジュエラー・ティファニーとのWネームです。 パテックフィリップ ノーチラス 3800/1Aオリジナリティあふれるオクタゴン型(八角形)のケースフォルムに、薄型で軽量化されたCal.335SCを搭載。
精度、視認性、耐久性、装着感などあらゆる点で実用時計の最高峰を追求したパテック・フィリップの最高級ウォッチです。