匠の技!ギョーシェ彫りの世界

こんにちは! WEB担当者として入社しまして早○ヶ月……時計装飾の奥深さに目覚めかけている今日この頃です!今回は、文字盤装飾としては定番、しかしながら人並み外れた技術と魂の結晶……そんな【ギョーシェ彫り】の世界について思いを馳せてみたいと思います! 18世紀にアブラアン・ルイ・ブレゲスーパーコピー氏が考案した繊細な装飾、及びその技法を指します。見た目に美しいのは勿論のこと、実は光の反射を抑えて文字盤の視認性を高める役割もあり、実用的な装飾です。現代では機械で加工していたり、型押ししてしまうものもありますが、一部の高級時計は今でも熟練の職人さんが昔ながらの器具を使い、1本1本手作業で仕上げていらっしゃるのです。 一口にギョーシェ彫りと言っても、いろいろな模様が楽しめるのが魅力です。代表的なギョーシェ彫りは以下の通りとなっています。 日本で言う市松模様、「ダミエ」 ピラミッドのような尖った鋲が規則的に並んでいる、「クルー・ド・パリ」 太陽光のように放射状に広がる「ソレイユ」 ダミエと似ていますが、籠のような模様の「ヴュー・パニエ」 など、 実際の文字盤上では、これらが組み合わさってデザインされていたり。もともとは1枚のフラットなダイヤルだったかと思うと、職人さんのこだわりに感動しちゃいます……!ブレゲスーパーコピーのお時計をいくつかご紹介致します。 ついついお月様のお顔が気になってしまいますが、何種類もの彫刻が施されていることに気がつけば何倍も楽しめるお時計です……!こちらは只今在庫がございます!  こちらの見どころは文字盤2時側のデイ&ナイト表示。彫りの違うダイヤルで昼夜を分けるなんて、オシャレな発想ですよね!昼間はまさに太陽光のような「ソレイユ」模様。センスが溢れ出ています…… こちらは上半分がツヤツヤ。下半分に施された彫刻の美しさが映える仕上がりです。逆に言えば、シェルダイヤルの艶めきも際立つというものです。 多様なギョーシェを間近で堪能できる、ブレゲスーパーコピー公式の美しい動画をご紹介させて頂きます。
角度によって表情を変える彫刻が本当に素晴らしいですね……「他のブランドとは比較しない」。ファンを魅了するブルガリ時計の美しさ 
〒104-0061 東京都中央区銀座8-7-11
ソワレド銀座第2弥生ビル 1F 03-6252-3500 11:00~19:30 (日・祝日 ~19:00) 年中無休 (臨時休業は除く) M.M