ブレゲの名作 アエロナバルとトランスアトランティックの違い

ブレゲスーパーコピーは、天才時計技師として腕時計の歴史に名を刻んだ「アブラアン=ルイ・ブレゲスーパーコピー」の名を冠した名門ブランドで、世界5大高級時計ブランドの一つとして数えられます。ブレゲスーパーコピーというと“クラシック”や“マリーン”などのクラシカルなドレスウォッチのイメージが強いですが、その中でも異彩を放っているモデルが「アエロナバル」や「トランスアトランティック」です。この2つのモデルは見た目が非常に似ていることから、「どこが違うのだろう?」とお思いの方も少なくないのではないでしょうか。今回はこのよく似た2つモデルの違いについてご紹介致します。 アエロナバルは1950年代に海軍航空部隊のパイロットの為に開発されたのが始まりです。
フライバック機能をもったレマニア製クロノグラフムーブメントを搭載し、当時は手巻き機構のモデルでした。そして1995年に民間用として開発され、自動巻き機構を搭載して復活したのがアエロナバルタイプXXです。この“アエロナバル”という言葉の意味は「海軍航空隊」を意味します。 1995年に発売された初期型アエロナバル タイプXX
 その後、同モデルに現代的なアレンジが施され派生したモデルが「トランスアトランティック」です。
ブレゲスーパーコピー トランスアトランティック タイプXX 3820ST/H2/SW9いわゆるパイロットウォッチやミリタリーウォッチと呼ばれる時計は、いい意味で男くさい“無骨なデザイン”が魅力ですが、ブレゲスーパーコピーの同シリーズはフレンチミリタリーらしい華を感じるデザインが特徴ではないでしょうか。それは、他モデルでブレゲスーパーコピーの特徴的な装飾が随所に詰め込まれているからかもしれません。 ブレゲスーパーコピー針 ブレゲスーパーコピーの代表的なな装飾であるコインエッジ ドーム型風防と独特なデザインのブレスレットが美しいシルエットを演出しています。 では写真を交えて具体的に違いを見ていきましょう。
左:アエロナバル 右:トランスアトランティック まず、この二つの決定的な違いと言えるのは「デイト表示の有無」です。オリジナルのデザインに限りなく近いのがアエロナバルでデイト表示がありません。対して後に発表されたトランスアトランティックは6時位置にデイト機能が追加されているます。さらに細かく違いを見ていくと、・ベゼル
アエロナバル:つや有
トランスアトランティック:つや無また同じトランスアトランティックでもタイプXXとXXIではデザインが変更されており、
XXIはケースサイズが39mmから42mmと大型化され、インデックスや文字盤デザインもより現代的な色が強まっています。 当時のミリタリーな雰囲気を感じるアエロナバル。現代的な解釈、高級感が加わったトランスアトランティック。一見とても似ていると思われた2つモデルですが、以外にも少なくない違いがあることが分かったのではないでしょうか。オリジナルの雰囲気をそのまま残したアエロナバルと、デイト機能による使い勝手の良さや、高級感が加わったトランスアトランティックでは、ユーザーが求める資質が異なり、別モデルとしてラインナップされている意図が感じられました。いずれにしても、優れたデザイン性、敷居の高いイメージの強いブレゲスーパーコピーを比較的リーズナブルに手に入れられることや、流通量が比較的すくないことから人と被るということも殆どない、時計好きとして優越感を与えてくれるモデルだと思います。 関連記事ブレゲスーパーコピーって本当に凄いの?と思って調べたら凄かった!40代男性にお勧めしたい高級腕時計6選ロレックスを超える美しさ。世界の“超高級腕時計ブランド”7選トランスアトランティック 商品一覧アエロナバル 商品一覧