フェンディが「ジャパン ピーカブー プロジェクト」を実施! エキシビションの開催や限定バッグも登場

アイコンバッグ「ピーカブー」の誕生10周年を祝し、世界中のアイコニックな血縁関係のある女性たちが参加する♯MeAndMyPeekabooキャンペーンを展開中のフェンディが、グローバルなチャリティープロジェクト「ジャパン ピーカブー プロジェクト」を実施します。

「ジャパン ピーカブー プロジェクト」では、「世代を超えて受け継がれるアイコン」をテーマに、祖母や母の類いまれなる才能を受け継ぐ、森 星、安藤桃子、ゆう姫(Young Juvenile Youth)の3名を選出。彼女たちが「ピーカブー」をカスタマイズし、世界にひとつだけのバッグを制作しました。バッグは2018年9月11日(火)~24日(月・祝)までにて販売され、収益は3名それぞれが支援する団体へ全額寄付されます。

また、これらの作品を展示するエキシビション「フェンディ ピーカブー ~世代を超えて受け継がれるアイコン~」が、9月11日(火)~24日(月・祝)まで、銀座蔦屋書店内のGINZA ATRIUMで開催されます。会場には、ミュージシャンのアデルや、モデル・女優として活躍するカーラ・デルヴィーニュなど、過去の「ピーカブー プロジェクト」で制作された6点の作品も展示される予定。

エキシビション期間中、折り紙作家のフチモト ムネジ氏によるワークショップも開催されます。こちらは、フェンディのLINE公式アカウントを「友だち追加」すれば誰でも参加可能。折り紙で自分だけの「マイクロ ピーカブー」を作ったり、フルーツやジェラートモチーフのチャームでカスタマイズもできるので、ぜひ参加してみて。

(左)「セレリア ピーカブー」リミテッドエディション 557,280円(税込) (右)「セレリア ミニ ピーカブー」リミテッドエディション 489,240円(税込)

さらに、本プロジェクトの開催を記念したフェンディ銀座店限定商品「セレリア ピーカブー」も登場。レギュラーサイズとミニサイズの2種類からなる限定品は、最高級カーフレザー「クオイオ ローマ」のサンフラワーイエローとグレーベージュの鮮やかな配色が特徴です。カジュアルからフォーマルまで活躍する汎用性とタイムレスな魅力を放つ「ピーカブー」、この機会にぜひチェックを。