ヘンリーが慕う時チップは状態に無重力状態になって規定の重量を超過してテストします

ヘンリーが慕う時チップは状態に無重力状態になって規定の重量を超過してテストします
9月末、スイスの初放物線の飛行プロジェクト中、H. Moser & Cie.初になってそのチップとエスケープに対して状態のテストする表を作成する商に無重力状態になって規定の重量を超過しを行って、これはブランドが前へ1大股に邁進したのを示します。

H. Moser & Cie.最高経営責任者のエドワード・梅朗

H. Moser & Cie.の最高経営責任者のエドワード・梅朗(Edouard Meylan)は兄弟会社PrecisionEngineeringAGの助け下で、自ら上がってスイスの初放物線の飛行プロジェクトのエアバス(Airbus)の会社の飛行機を実行して、テストを指導します。

WitschiElectronics会社チームの助けと技師のジョンの内でこの・マイヤー(Johannes Mayr)の提供する空中が支持するおかげで、これらのテストはやっとこのように普通ではない条件の下でみごとに実行します。エドワード・梅朗は各種のエスケープに対して行うテストを監督して、それによって彼らのきわめて状態に無重力状態になって規定の重量を超過する下の振る舞いを判定します。

これは輸入完成品を採用するのに対して特にラーマンの両空中に垂れる糸(Straumann Double Hairspringを与えるのを含みますか?、は常磁性の空中に垂れる糸)および各種のブレゲ(Breguet)の空中に垂れる糸のはたとえ振幅を行ってテストするのでもを捕らえます。飛行の中でテストのその他のチップを受けて飛行が終わった後にで分析を受けて、組み立てをH.で安定性のテスト、を受けた1組のチップがもあります Moser & Cie.の1つの新しいシリーズの上。エドワード・梅朗は表します:“私達の行ったテストは兄弟会社PrecisionEngineeringAGの行う高級の研究の骨組みに属します。PrecisionEngineeringのテストの対象は空中に垂れる糸の新素材およびとと違い空中に垂れる糸の捧げる曲線、異なる周波数潤滑にすることを捕らえるのをと含みます。私達は耐衝撃性と磁場と極限に達している温度の下の状態をテストして、その他の性能がまだあって、目的は私達の部品の安定性を確保するのです。スイスの初放物線の飛行プロジェクトの飛行機に上がることができて参与して一回のただ1つの好機をテストして、私達の独立性はおよび自主的に調速装置の能力を生産して私達今回の機会をしっかりとらえました。”