「パリに平和を……」拡散されているピースサインと、そのデザイナー

13日(日本時間14日)に起こったパリの同時多発テロ。 120人以上の死者が出るなど、その大きな被害状況が明らかにされるにつれ、世界中の人々がSNSでパリの安全と平和を願う声を上げはじめています。 その中で、ひとつの画像がその悲劇と悲しみを表現するシンボルとして世界中で共有されています。 その画像は、ピースサインの中央にエッフェル塔がデザインされたもの。パリの事件が報道されると同時にツイッターやインスタグラムなどのSNSで拡散されました。