押切もえ:作家2作目は初の短編 「小説新潮」掲載に「うれしくて胸がいっぱい」

モデルで作家の押切もえさんが、2作目となる小説「抱擁とハンカチーフ」を22日発売の雑誌「小説新潮」(新潮社)2015年1月号で発表した。昨年発表したデビュー作「浅き夢見し」(小学館)は長編だったが、新作は初の短編で、押切さんは「著名な作家さんたちの作品が並ぶ『小説新潮』の中に、自分の初の短編が掲載されるなんてうれしくて胸がいっぱいです。たくさんの方に読んでいただければ幸いです」と話している。