「ピュア レゾナンス」という名にふさわしい、アーミン・シュトロームの新作

「ピュア レゾナンス」という名にふさわしい、アーミン・シュトロームの新作
「1本筋が通っている」。筆者が好きな言葉の1つだ。なぜなら、筋を1本に絞る、というのは、不要なモノを全てそぎ落とし、必要なモノだけを残してこそ、初めてそう言えるからだ。

それでは、実際にそうできるのか、と言われると、実は全く自信がない。何が必要で、何が不要なのか、選び取る段階で迷いに迷ってしまうのだ。

もちろん、個人と法人・企業では同じ尺度で測ることはできないのは重々承知の上だが、それでも今年のアーミン・シュトロームの徹底したこだわり振りには驚かされた。なにせ、ブランド自身が「スタイルにこだわりすぎかもしれない」というくらいなのだから。

ただそれは、この場合、深い自信に支えられた謙遜であることは容易に想像がつく。なぜなら今年の新作を「Pure Resonance(ピュア・レゾナンス)」名付けたことによる。

アーミン・シュトロームがPure Resonanceで表現したかったこだわりとは「精密さと⾼精度」。精密さは機械式腕時計としての機能はもちろん、今回発表されたモデルに搭載されているレギュレーター機構の「見せ方」までをも含む。高精度は読んで字のごとく、時計としての本来の機能である計時性の高さだ。

アーミン・シュトロームがピュア・レゾナンスによって表現したこだわり、よりクラシカルなアプローチと、さらに向上した精度を見てみよう。

■クリアなデザイン

何といってもまずは見た目のデザインは、「い」の一番に気になるところだが、アーミン・シュトロームは、彼らの考える、時計作りの本質に焦点をあてた、デザインへのアプローチを実践している。この時計のもっとも顕著な特徴である、可視化されたデュアル・レギュレーターを強調しているところだ。

このモデルのダイアルには、時刻表示用の2 つのサブダイアルがある。オフセンターにセットされたダイアルのひとつは、大型のローマ数字とクラシックなレイルウェイ型のミニットマーカーにより時・分を表示している。

針はWater(スティール・バージョン)がスティール、Fire(ゴールド・バージョン)がローズゴールド製だ。一方、7 時位置の小さなサブダイアルでは、バトン型の針が秒を表示させることにより、配色のコントラストとメリハリの効いた数字とサブダイアルの配置により、時計本来の持つ視認性をしっかりと確保しているのだ。