どのように各種を識別して金の腕時計に扮します

どのように各種を識別して金の腕時計に扮します
純金の材質が柔らかくて、硬度が低くて、適しないで行って殻を表しに用いて、だから金の腕時計に扮して決して純金ではないがの製造して、普通は金、銀、銅、亜鉛合金を採用して製造するので、あるいは機械、電気分解などの方法を採用して、金の合金を殻の外側を表すに覆います。金の合金の硬度は純金より大きくて、だから行って殻を表すとても堅固なことに用いて、しかもコストがわりに低いです。よくある扮する金が表して下記があります:

K金の殻は表します:KはKarat(carat)の1つ目の字母です。いわゆるK金、異なる純金度の合金を含むのです。K数はもっと大きくて、金の純度はもっと高いです。純金は24Kで、14K金は58.5%純金を含んで、18K金は75%純金を含みます。よくあるK金の殻が表して9Kがある、10K、12K、14Kと18Kなど5種類。

香港《商品の説明(タグ)(黄金と黄金の合金)がさせる》によって、黄金ごとにあるいは黄金の合金の製品の上で、皆付けなければならなくてタグがあって、標記するのが純度によって標準的でなければならなくて、数字あるいはを通じて(通って)数字と字母の“k”、“c”あるいは“ct”を通して、アラビア数字ではっきり開いて黄金の含有量の純度を表示します;あるいはアラビア数字はっきりで千分の率で黄金の含有量の純度を表示します;あるいは中国語の字形の“純金”(ChukKam)から構成します。タグの上のすべての数字あるいは字形の大きさ、皆0.5平方のミリメートルより小さくなってはなりません。

香港の黄金の純度の標準的な(すぐ重量での計算の黄金が1千等しい分け前の合金の中で等しい分け前の数字を占めた)は次の通りです:

標準の純度は

その他は数を開いて上述の割合によって類推します。

もし殻を表してプラチナ(platinum)で製造して、香港《商品の説明(タグ)(プラチナ)がさせる》によって、プラチナの製品ごとに、皆この製品の純度によって字母の“PT”とアラビア数字の構成したタグなければなりませんから;あるいは中国語の字形の“十分にプラチナ”(ChukPakKam)の構成したタグから。タグの上のすべての字母、数字あるいは字形の大きさ、皆0.5平方のミリメートルより小さくなってはなりません。